ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキが黒ずむ原因はワキガ体質だから?

ワキが黒ずむ原因はワキガ体質だから?

そうとは言い切れません。

除毛をしたときに肌を傷めてしまったことも原因の一つとして考えられます。

先生

肌が黒ずむ原因はいくつかあるよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

わき毛を剃ることはワキガ対策に必要

 

ワキガ対策として『わき毛を剃る』ことは避けて通れません。詳細は下記の記事に書きましたが、

 

 

以下のワキガ臭が発生する原因と流れを見てみても、

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

ワキガの治療の第一歩は、においの発散装置でもあるわき毛を剃り除くことからはじまる、ということですね。従ってワキガの手術をする際は、

 

  • アポクリン腺
  • エクリン腺
  • 皮脂腺
  • わき毛

 

このすべてを切除したり、除毛したりすることを前提に行います。『ニオイをかげば病気がわかる』にはこうあります。

ところで、美容整形外科で行われているワキガ治療手術は、アポクリン腺を一つひとつレーザーで焼き切るという方法をとっています。こうして人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないようです。

 

この方は、東京教育大学大学院を修了した理学博士です。嗅覚研究の第一人者として第一線で活躍するニオイのプロですから、『大人のワキガ手術』に関しては、成功率は高いようですね。こうして汗腺類を切除してしまっても、人体や生活にはなんの支障もないのです。

 

 

 

先生

まず理解するべきなのは、ワキガ治療にとってわき毛の処理は欠かせないものだということだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガの治療の第一歩は、においの発散装置でもあるわき毛を剃り除くことからはじまる。
  • 人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もない。

わき毛を剃ったら汗腺機能はどうなる?

例えば、『ワキガはたった30分で完治します!』にはこうあります。

ところで、『汗腺を取り除いたら、汗はどうなるのだろう』という素朴な疑問を持つ方もいるでしょう。超音波ワキガ手術では、アポクリン汗腺もエクリン汗腺も取り除いてしまうため、ワキの下には汗をかかなくなります。しかし、体温調節をするエクリン汗腺は全身に分布しています。だから、ワキの下だけ汗をかかなくても、その分他から汗を分泌しているので、まったく問題はありません。

 

エクリン汗腺はワキ以外にあり、そこで体温調節をしてくれるため、ワキの下の汗腺類を切除しても全く問題ないんですね。そして、わき毛を剃ることも問題ありません。あるなら、元々わき毛がほとんどない人は何らかの障害があることになりますが、そういうことはありません。

 

先生

わきの下だけで汗や体温調節をコントロールしているわけじゃないから、全く問題ないわけだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • わき毛を剃っても汗腺機能に支障はない。

『ワキの下の黒ずみ』の原因は?

ただそのわき毛の処理をもし自分でやる場合は、『ワキの下の黒ずみ』に注意する必要があります。『黒ずみ』をどう解釈するかは人それぞれですが、例えば男性の『青ひげ』は、その部分が青く見えるからそう表現するのであり、もし黒く見える場合は『黒ずみ』と言います。『黒ひげ』と言ってしまうと、実際に髭が生えてしまっているイメージがありますからね。

 

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』最新予告編


 

ムダ毛を剃った部分が黒ずんでしまうことは当たり前

では、なぜわき毛を自分で剃ると『ワキの下の黒ずみ』が出来てしまうのでしょうか。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

毛穴は肌のくぼみ。汚れが詰まっていなくても黒く見える。

 

(省略)しかし、毛穴のことを正しく理解してケアしている人は少ないようです。そもそも毛穴の大きさは、髪の毛の太い細いと同じで遺伝的な要因によるもので、簡単に小さくなるものではありません。また、毛穴が黒く見えるのは、鼻の穴と同様にくぼんでいるためで、汚れが詰まっているからではありません。むしろ、毛穴は皮脂を分泌する器官なので、皮脂が詰まっていて当たり前なのです。

 

毛穴が黒いのは、穴がくぼんでいるからなんですね。小さくても、そこに『穴』が空いているというイメージですから、そこが黒く見えるわけです。ですから、ムダ毛を剃った部分が黒ずんでしまうことは当たり前なんですね。

 

 

タバコを吸うと毛穴が広がる

また本には『タバコを吸うと毛穴が広がる』とも記載されています。それによって毛穴が目立つようになれば、『黒ずみ』も更に目立つようになります。

 

  • STEP.1
    タバコを吸う
     
  • STEP.2
    タバコが末梢血管を細くする
     血行を悪くして肌への栄養供給を阻害する。
  • STEP.3
    肌老化が進み、弾力を失い、毛穴が垂れ下がり広がったりする
     

 

毛穴パック

 

そして、『毛穴が広がる』ということで言えば『毛穴パック』です。本にはこうあります。

過剰なケアは肌を傷める原因に

 

詰まり毛穴のケアといえば、鼻に貼って剥がす毛穴パックが人気です。確かに、角栓が驚くほど取れ、感動した人も多いでしょう。でも、毛穴パックは肌に刺激を与えるもの。何度も繰り返すうちにかえって毛穴が広がってしまうこともあるので、やりすぎは禁物です。

 

例えば、下記の動画は毛穴パックのレビューですが、完全に素人目線です。

 

【閲覧注意】毛穴パックしたら毛穴が広がるのは本当?【検証】


 

彼女は、『毛穴が広がった気も、逆に汚れた取れたという気もあまりしない』という感想を言いますが、それは一度使った感想ですね。実際は専門家の意見が真実です。『楽しかった』という感想は誰もが持つものであり、私もそうでした。しかし、それとこれとは違うので、やりすぎには注意が必要ということですね。どちらかというと動画のコメントの最上部にある、

 

角栓を無理やりとるとアフターケアをしてようが悪循環になります!また、角栓以外の皮膚に負担になります!

 

という意見の方が正しいですね。

 

 

 

毛根が残っている

 

また、黒ずみの原因として、そこに毛根が残っているということもありますね。髭などを見てもわかりますが、髭剃りやカミソリを使っても完全に毛根までは剃ることができません。下記の動画を見てみましょう。

 

ヒゲ剃り前後の〇〇で憂鬱な青ヒゲを撃退!


 

確かに髭剃りのテクニックを駆使すれば、きれいに剃ることができます。しかし、剃った後に髭が完全に『黒ずんで』いますよね。これは、ムダ毛の処理をした部分に毛穴や毛根が存在する限り、消すことはできないものだということなんですね。

 

メラニン色素の沈着

また、メラニン色素の沈着によって黒ずむ場合もあります。メラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞が肌への刺激に対して起こす防御反応で、例えば紫外線を浴びて日焼け等をするとできやすくなる『黒ずみ』のことです。もしメラニン色素がなければ真皮に紫外線が届き、肌は大ダメージを負ってしまいます。そのため、こうした防御反応が動くんですね。

 

  • STEP.1
    太陽光(紫外線)を浴びる
     
  • STEP.2
    皮膚の細胞破壊などを防ぐため、メラノサイトがメラニン色素を作る
     
  • STEP.3
    皮膚の奥にメラニン色素が発生
     メラニン色素が広がり紫外線を吸収し、肌を守る。
  • STEP.4
    ターンオーバー(新陳代謝)によりメラニン色素が排出される
     過剰に生成され排出しきれなかったメラニン色素は皮膚の奥に残る。
  • STEP.5
    メラニン色素が皮膚に沈着する
     メラニン色素がシミとして肌表面に表れる。

 

つまり、このメラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞の防御反応で、その目的は『肌を守る』ためですから、紫外線だったり、カミソリ等で自分の肌を傷つけるようなことがあると、発動してしまう可能性があるんですね。

 

  • STEP.1
    カミソリ等でぞんざいなムダ毛処理をする
     
  • STEP.2
    肌がダメージを負う
     
  • STEP.3
    メラノサイトが防御反応を起こす
     
  • STEP.4
    皮膚の奥にメラニン色素が発生
     メラニン色素が広がり刺激から守ろうとする。
  • STEP.5
    ターンオーバー(新陳代謝)によりメラニン色素が排出される
     過剰に生成され排出しきれなかったメラニン色素は皮膚の奥に残る。
  • STEP.6
    メラニン色素が皮膚に沈着する
     メラニン色素がシミとして肌表面に表れる。

 

ということですね。このような動きがワキの下のムダ毛処理の際に起きる可能性があるということですね。冒頭のわき毛処理の記事にも書いたように、もし自分でわき毛の処理をする場合は、

 

  1. 体調のよい日に行う
  2. 除毛する部分をまず洗う
  3. 皮膚も手も温めて柔らかくする
  4. 冷やして炎症を静める

 

というポイントを確実に抑え、慎重に、丁寧に行うようにしましょう。永久脱毛をするという手もありますね。

 

 

この記事にも書きましたが、わき毛処理の際にレーザーを照射すれば、毛根と同様にアポクリン腺にもダメージを与えることが可能であり、それだけでワキガが治ったという事例があります。

 

先生

どういった理由で肌が黒ずんだかはわからないから、本当に困ったようであれば皮膚科に診てもらえばいいよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 肌が黒ずむ原因はいくつかある。