ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

毛穴に白いぶつぶつがある場合はワキガなの?原因と対策とは

毛穴に白いぶつぶつがある場合はワキガなの?

ワキに出来る白いぶつぶつの正体としては、

 

  • 表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)
  • 水泡症
  • ニキビ

 

等が考えられますが、それらは全てワキガとは関係ありません。ただし、『皮脂詰まり』が原因でそれができている場合はわかりません。そのように『皮脂が過剰に分泌する』場合は、『ワキガ体質』である可能性があります。

先生

それが実際にどういうものかによるからね!一番確実なのは皮膚科で診てもらうことだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

素人判断はやめよう

 

わきの下の毛穴に白いぶつぶつがあるかどうかは、ワキガであるかどうかを決めるポイントにはなりません。ワキガの症状にそういうものはないからです。そこに出来る白いぶつぶつの正体としては、

 

  • 表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)
  • 水泡症
  • ニキビ

 

等が考えられますが、それらは全てワキガとは関係ないことです。ですから、ワキガであるかどうかをこの白いぶつぶつで判断するということはありません。そもそも、ワキガである場合はニオイでわかりますから、これは判断材料とはならないんですね。

 

皮膚に異常が見られた場合は、インターネットで調べるのもいいですが、まずは皮膚科に行くことを考えましょう。インターネットでは、皮膚科や専門家が出しているページもありますが、それを『見て理解する』のは一般人です。

 

一般人に、見識(見て判断する、理解する力)があればいいのですが、ない場合はそこで間違った診断が行われることになります。すると、本当は早めに治療しておけば治ったはずの病気が、治らずに一生の問題となることがあるのです。

 

例えば『虫歯』ですね。私も小学生の頃、歯を磨かないで1か月くらいすごす時間を過ごしました。そして自分で勝手に、

 

虫歯にならないってことは、俺はそういう体質なんだ!

 

と解釈し、歯を磨かないスタイルを貫いたんですね。しかし、虫歯になってしまい、銀歯を入れることになりました。今でも私の歯には銀歯が何本もあります。これは一生消えないことなのです。

 

 

従って、皮膚でもどこでも、異常だと思ったらすぐに病院へ行きましょう。取り返しのつかないことになる前に対処することが一番重要です。

 

先生

皮膚科に診てもらうのが一番だね!むしろそれ以外の選択肢に依存しないようにしよう!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガの症状としてわきの下の毛穴に白いぶつぶつが出るというものはない。
  • その正体として考えられるのは、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)、水泡症、ニキビがある。

白いぶつぶつとワキガ

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

これがワキガが発生する原因と流れです。ワキガはまず、アポクリン腺が多いかどうかが大きなポイントです。アポクリン腺がなければワキガにはなりません。人種別ワキガ体質の割合を見てみましょう

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

黒人の全員がこのアポクリン腺を体にたくさん持っています。アジア人はほとんどないんですね。このように、ワキガかどうかを決める大きなポイントはアポクリン腺の有無ですので、わきの下の白いぶつぶつはワキガとは関係ありません。

 

先生

わきの下のアポクリン腺が白いぶつぶつの原因ということはないからね!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガかどうかを決める大きなポイントはアポクリン腺の有無であり、わきの下の白いぶつぶつはワキガとは関係ない。

表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)

では、先ほどの、

 

  • 表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)
  • 水泡症

 

について『日本皮膚科学会』で調べてみましょう。

多発性毛包嚢腫は、文字どおり腕や首、わきにたくさんでき、内容物はマヨネーズのような黄色いドロッとした物質で臭いはありません。

参考 アテローム(粉瘤) Q2 - 皮膚科Q&A公益社団法人日本皮膚科学会

 

イラストや画像は日本皮膚科学会のページを見ていただくとして、そのできもののような中身には、角質や皮脂が溜まっているということです。手術の様子を見る覚悟がある人は、下記の動画を見てみましょう。このようにして内容物を手術で切除することができます。中に、たくさん溜まっていますね。

 

粉瘤(アテローム、表皮のう腫)切除を小さな切開から


 

先生

角質や皮脂が溜まっていると出来てしまうんだね!映像は結構グロいよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)はワキにできることがあり、角質や皮脂が溜まっていることが原因。

水泡症

同じく、水泡症についても調べてみましょう。

表皮と真皮は、それらの間に接着剤のような役割を持つタンパクによって強固に接着しているため、皮膚に外力が加わっても簡単には解離しない構造になっています。しかし、そのタンパクが正常に機能しないと日常生活における弱い外力でも皮膚や粘膜にびらんや水疱が生じる表皮水疱症を発症してしまいます。重症の場合には、繰り返して形成される水疱やびらんのために手や足の指趾が癒着するなど、日常生活が不自由になることもあります。

参考 表皮水疱症 Q1 - 皮膚科Q&A公益社団法人日本皮膚科学会

 

表皮と真皮の接着剤代わりを務めるたんぱく質が、正常に機能しなかった際に現れるのがこの水泡症ですね。これも皮膚の病気ですが、水泡症の場合は『白いぶつぶつ』ではなく『色のないぶつぶつ』なので、すぐに見分けることができます。

 

ちょうど、やけどをしたときに皮膚がはれ上がって水ぶくれになったときのイメージですね。あのようなものがたくさんできるのが水泡症です。

 

先生

火傷のときなんかに出来る透明のぶつぶつが水泡だから、白いぶつぶつとはあまり関係なさそうだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 水泡症の場合は『白いぶつぶつ』ではなく『色のないぶつぶつ』。

ニキビ

 

ニキビは説明不要ですね。出来る原因は、

 

  • 睡眠不足
  • 皮脂の過剰分泌
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 暴飲暴食

 

等、様々なものがあります。とにかく、何らかの原因で毛穴が詰まり、皮脂が肌の中に閉じ込められてしまうと、ニキビが発生します。ただし、『ニキビ・トラブル肌は諦めないで私にまかせなさい』にはこうあります。

ニキビはいつも決まった場所に顔を出す

 

ニキビは体中どこにでもできるわけではなく、主に顔や首などに出来ますが、手のひらや足の裏にできたという話は聞きません。それは、皮脂腺が主に顔、頭皮、上半身に集まっており、手のひらや足の裏にはないからです。

 

(中略)こうした皮脂腺の存在から、ニキビに悩む90%の人は顔に、そして60%人が背中、15%の人は胸に出ると言われています。ごくまれに、顔にはまったくなく、背中や胸にだけ出る人もいるようです。

 

つまりニキビが各部位で出来る確率は、

 

  • 顔=90%
  • 背中=60%
  • 胸=15%

 

になり、『わきの下』はカウントされません。わきの下にも、

 

  • アポクリン腺
  • エクリン腺
  • 皮脂腺

 

として、皮脂腺がありますが、わきの下にはほとんどニキビができることはないんですね。どちらかというと先ほどの『表皮嚢腫』の方が、『多発性毛包嚢腫は、文字どおり腕や首、わきにたくさんでき』とあり、ワキの下に出来ると記載されています。

 

先生

思い出してもわかるように、ニキビがワキの下に出来ることはほとんどないよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ニキビはワキの下にできることはほとんどない。

皮脂詰まり

しかし、このわきの下の皮脂腺の影響で、ニキビではないもう一つの問題が今回のテーマに関係している可能性があります。それは、『皮脂詰まり』です。

 

 

ニキビも結局は『皮脂詰まり』の一種なのですが、ニキビとまではいかない皮脂の詰まりができることによって、白いぶつぶつのようなものができます。

 

先ほどの『表皮嚢腫』同様、『稗粒腫(はいりゅうしゅ)』という、主に目の下に出来る白いぶつぶつがあります。もう一度日本皮膚科学会で調べてみましょう。

うぶ毛の毛穴の皮膚からできたもので、表皮嚢腫の小さなものと考えられています。主に眼のまわりに直径1~2mmの白くてかたい丘疹(ブツブツ)が多発します。

参考 アテローム(粉瘤) Q10 - 皮膚科Q&A公益社団法人日本皮膚科学会

 

表皮嚢腫の小さなものですね。これも原因は『皮脂の詰まり』です。とにかく、

 

  • 皮脂が過剰に分泌する人
  • 新陳代謝(ターンオーバー)が悪い人

 

は、皮脂が詰まりやすい傾向にあり、それが原因で、

 

  • 表皮嚢腫
  • 稗粒腫
  • ニキビ

 

等々の様々な肌トラブルを起こすことになります。

 

先生

表皮嚢腫も稗粒腫も、よく注意してみるとワキガと無関係ではないんだ!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『皮脂詰まり』が関係している場合は注意。

有害物質のデトックス(解毒)を怠ると…

私も目の下にこの稗粒腫ができたのですが、原因は自分でもよくわかっています。完全に、『体に悪いもの』を摂取しすぎて、その有害物質をきちんと体外に排出できず、デトックス(解毒)しない状況を数日間以上続けました。その期間は、頬や胸など、普段できない場所にニキビができたし、目の下にこの稗粒腫ができました。最初は、

 

なぜ急にこんなものが

 

と思いましたが、調べていくうちに、自分のとった生活態度が完全なる原因だと悟りました。有害物質を摂取すると体はそれを排出するのですが、その量が過剰である場合、デトックス(解毒)が追い付かず、体内に滞ったり、皮膚にダメージを与えます。例えば髪の毛で言えば、下記の記事で書いたように、

 

 

抗がん剤や放射線などによる脱毛は知られていますが、『排泄機能を超える毒素が体内に溜まると脱毛してしまう』のです。これを一部では『薬害性脱毛症』と言います。

 

『育毛の真理』にはこうあります。

薬害による脱毛症

 

過剰に摂取した諸成分は、体に不要なもの(不純物)として体外に排出される。栄養を補う目的のサプリメントであっても、摂取しすぎれば脱毛の原因となってしまう。

 

では、健康食品などをどのくらい摂取すると、過剰摂取になって、脱毛につながるのかと問われる方がいるが、その体質によって個人差がある。たとえば、おちょこ一杯の酒で酩酊してしまう方もいれば、5合のお酒が入っても平気な方もいる。

 

体質には個人差がありますが、原則的にはあまり体内には『不要物』は入れないほうがいいのです。髪の毛のことだけを考えてもそういう結論になります。

 

  • STEP.1
    排泄機能を超える有害物質を摂取
     
  • STEP.2
    頭皮下に蓄積
     
  • STEP.3
    毛母細胞が弱る
     
  • STEP.4
    脱毛する可能性あり
     

 

私の場合も、その『不要物』のせいでデトックス(解毒)機能が追い付かず、皮膚の新陳代謝でカバーしきれず、皮脂や汚れが体内に滞ってしまいました。それが原因で、ニキビや稗粒腫が出来てしまったんですね。その不要物とは『薬』です。私は薬をよく飲むのです。

 

  • 頭痛薬
  • 胃薬
  • ハウスダストアレルギー薬
  • 抗ヘルペス薬
  • 風邪薬

 

等はもちろん、サプリメントなら毎日のように摂取します。サプリメントは基本的には栄養補助食品なのですが、先ほどの本にもあるように、これらの摂取が過剰になると、副作用を起こす場合があります。私は性格上、部下に説教をして頭が痛くなっても、頭痛薬を飲んで強引にそのまま突っ走る傾向があります。

 

よく、『胃が痛くなった』と言って萎える上司の映像を見ることがあると思いますが、あのような人間になりたくないので、精神的に負けてたまるかという気持ちで、薬を使って、ある種『ドーピング』をしてでも猪突猛進する姿勢を崩さないのです。

 

 

このような性格が手伝って、薬をつい過剰摂取してしまうことがあります。それによって私は有害物質の代謝が間に合わず、ニキビや稗粒腫を作ってしまったんですね。

 

先生

著者はこのときに出来たニキビや稗粒腫の名残はいまだにあるよ!健康な生活を送り続けることの大切さと知性を思い知ったね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 排泄機能を超える毒素が体内に溜まり、あるいは有害物質のデトックス(解毒)を怠ると皮膚や頭皮や毛髪に異常が起きる。

『白いぶつぶつ』と『皮脂の詰まり』の原因

さて、

 

  • 皮脂が過剰に分泌する人
  • 新陳代謝(ターンオーバー)が悪い人

 

にその『白いぶつぶつ』つまり『皮脂の詰まり』ができる可能性が高いという事実はわかりました。実は、もし『皮脂が過剰に分泌する』場合は、『ワキガ体質』である可能性があります。

 

言ったように、アポクリン腺がワキガ臭の決定的な根源ですので、アポクリン腺がなければワキガ臭は出ないのですが、白いぶつぶつ(皮脂の詰まり)が体にできやすい人は、皮脂の分泌が人よりも多い人ということになります。

 

先ほどのワキガ臭が発生する原因と流れを見てもわかるように、この皮脂とは、ワキガ臭を悪化させるための大きな要因の一つです。したがって、この白いぶつぶつ(皮脂の詰まり)のできる量や頻度から、皮脂の分泌量を判断し、結果的に『ワキガ臭を発しやすいかどうか』ということが、判断できるのです。

 

『ワキガはたった30分で完治します!』にはこうあります。

皮脂のニオイはどうして出るの?

 

(省略)皮膚にとっては大切な働きをする皮脂ですが、毛穴や皮膚表面でその85%が細菌によって分解されて、脂肪酸に変化してしまいます。脂肪酸にはいろいろな種類がありますが、いずれも独特のニオイを発します。このニオイがワキガのニオイと交じり合って、ワキガをさらに強いものにするのです。

 

ですから、もし自分に白いぶつぶつ(皮脂の詰まり)ができる場合は、

 

  • 元々皮脂の分泌が多い
  • 最近皮脂を過剰分泌させる原因を作っている
  • ワキガ臭を悪化させやすくなっている
  • 新陳代謝(ターンオーバー)が鈍っている
  • 新陳代謝で追い付かないほどの有害物質を摂取している

 

という状況のいずれかに当てはまる可能性があることを理解し、対策できることはすぐに対策をした方がいいですね。例えば、

 

  • 高脂肪・高カロリー食品を摂らない
  • 有害物質を摂取しない(薬やサプリなどの過剰摂取をしない)
  • サウナや運動で汗をかき、汗腺トレーニングをする

 

等を意識して行うようにするだけで、かなり状況は好転するでしょう。

 

 

また、ワキの下の黒ずみについても併せてご確認ください。

 

 

先生

白いぶつぶつ(皮脂の詰まり)が体にできやすい人は、その条件的に、ワキガ体質か、あるいはそれを悪化させやすい傾向にあるっていうことだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『皮脂が過剰に分泌する』場合は、『ワキガ体質』である可能性がある。
  • 白いぶつぶつ(皮脂の詰まり)が体にできやすい人は、皮脂の分泌が人よりも多い。