ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガと足のニオイは関係している?それとも無関係?

ワキガと足のニオイは関係している?それとも無関係?

ワキガの人がもれなく足のニオイも臭いということはありません。

しかし、全くの無関係ということでもありません。足の裏にはアポクリン腺がありませんから、ワキガとの関係性はありませんが、ワキガ臭が発生しやすい人は、

 

  • 皮脂性である
  • 多汗症(汗っかき)である

 

等の原因を抱えているので、結果的に足の裏も臭うことがあるかもしれません。

先生

足の臭いとワキガは直結はしてないよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ワキガと足の臭さの関係

 

ワキガと足の臭さには関係はあるでしょうか。例えば下記の記事に書いたように、

 

  • へそ
  • 乳首
  • 外陰部

 

に異臭や異常がある場合は、ワキガである可能性があります。

 

 

ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

ワキガの原因はアポクリン腺であり、これが足の裏にもあるなら、『ワキガと足の裏のニオイ』は何らかの関係があると言えるのですが、アポクリン汗腺は、

 

  • わきの下
  • 外陰部
  • 乳首の回り
  • おへその回り
  • 耳の中
  • 肛門のまわり

 

に存在していて、足の裏などには存在していないんですね。従って、『ワキガ=足の裏も臭い』という図式は成り立ちません。冒頭に挙げた部位は全てアポクリン腺がある部位なので、ワキガと関係があったんですね。

 

先生

アポクリン腺は足の裏にないから、『アシガ』というものはないということだね!ワキガとも関係ないよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 足の臭いとワキガは直結はしてない。
  • ワキガの原因であるアポクリン腺は、足の裏などには存在していない。

足のニオイの原因は『汗』『角質』『靴』の3つ

ただ、『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

足のニオイの原因は『汗』『角質』『靴』の3つ

 

足の裏は、汗腺が集中しており、体の中でも比較的汗を多くかきます。足の甲の3倍、背中や胸の5~10倍の汗腺が存在しており、1日にコップ約1杯分の汗をかくともいわれています。

 

足にかいた汗は、放置しておくと皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸となりニオイを発します。さらに、足の裏は身体のどの部分よりも角質層が厚くなっています。この表皮細胞が新陳代謝や摩擦などではがれ落ち、大量のアカとなります。

 

このアカを栄養分にして常在菌はますます繁殖し、皮脂腺からの分泌物が混じると、余計にニオイが強くなるのです。

 

つまりこういうことですね。

 

  • STEP.1
    足の裏は非常に多くの汗腺が存在する
     また角質が多いため、大量のアカが出やすい。
  • STEP.2
    そのため、1日にコップ約1杯分の汗をかく
     アカを栄養分にして常在菌が繁殖し、皮脂腺からの分泌物と混じる。
  • STEP.3
    その汗を放置すると皮膚常在菌に分解され、脂肪酸となりニオイを発する
     常在菌の繁殖と相まって、ニオイが悪化する。

 

つまり、

 

  • 細菌に分解され腐敗臭を放つ
  • アカを栄養分にして常在菌が繁殖し、皮脂腺からの分泌物と混じる

 

といった部分では、ワキガが発生する原理と同じです。足の裏にはアポクリン腺がありませんから、ワキガとの関係性はありませんが、ワキガ臭が発生しやすい人は、

 

  • 皮脂性である
  • 多汗症(汗っかき)である

 

等の原因を抱えているので、結果的に足の裏も臭うことがあるかもしれませんね。

 

 

先生

例えば太っている人は病気になりやすく、結果的には劣等感等の悲観的な考え方などの、精神面にも影響しやすいね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 足のニオイの原因は『汗』『角質』『靴』の3つ。
  • ワキガ臭が発生しやすい人は結果的に足の裏も臭うことがある。

精神性発汗とワキガ臭

また、多汗症に関係はしますが、もう一つワキガ臭を放つ人と関係性があります。先ほどの本にはこうあります。

足や爪を清潔に保つことがケアの基本であることはいうまでもありません。ただし、水虫など皮膚病を患っている場合は病気の治療が先決です。ところがなかには、水虫もなく、常に足を清潔にしているにもかかわらず、なぜか足がにおってしまう人もいます。こういう人はストレスからくる精神的発汗によって足のニオイを強くしていると考えられます。

 

足のニオイを発する人は、

 

自分のニオイで嫌な思いをさせていないだろうか?

 

と考えてしまうような、優しい人である場合が考えられると専門家は言います。そのようにして人が何と思うか、どう見るかということを気にするのは確かに優しい人ですね。このように、精神性発汗をかきやすい人はワキガ臭を放ちやすい傾向にもありますから、そういった意味でも、ワキガ臭と足の裏のニオイというのは関係があると言えるかもしれません。

 

 

先生

足の裏と発汗、それからワキガとの関係についてよくわかったね!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 精神性発汗をかきやすい人はワキガ臭を放ちやすい。

本当に『優しさからくる精神性発汗』?

ここからは更にこの話を深く掘り下げるのですが、このような人の精神状況というのは、決して『楽観的』ではなく、むしろ『悲観的』です。『ちびまる子ちゃん』を知っている人ならわかりやすいのですが、

 

  • 山田君=楽観的
  • 藤木君=悲観的

 

ですね。

 

ちびまる子ちゃん 2018/1/7放送 第1132話『藤木、新年最初に話したい』『まる子、お年玉で夢を買う』アニメ予告


 

私は以下のような記事も書いています。

 

 

悲観的の人は、『優しい人』と言うこともできるのですが、別の言い方をすると『妄想的』であり、『被害者意識の強い人』ということになります。私の部下に、『THE・被害者意識の塊』のような人間がいて、私はその部下を11年見てきているからわかるのですが、正直に言ってそのような人に、私は『優しい人』という印象を持ちません。例えば、『自臭症』という症状があります。

 

 

記事に書いたように、この自臭症はある種の精神病であり、対人恐怖症やSAD(あがり症)の類に分類できる症状です。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

人から『臭い』と言われたことがきっかけに

 

(省略)『人から『臭い』と言われて対人恐怖症になりました。(中略)

 

この方の問題は、ワキガではないのに『ワキガ手術』を受けたことにあります。当然、ワキガでなければ手術をしても解決するはずはありません。(中略)

 

体臭の原因はワキガだけではありません。『体』の面から正しいニオイ対策を行うとともに『心』のケアを行うことも重要です。

 

ワキガも足の裏のニオイも、このような『優しさからくる精神性発汗』だとして片づけてしまうと、

 

自分は優しいから臭うんだ!

 

と、慰めと同時にある種の勘違いを与えてしまうことになります。その自分の性格を肯定し、正当化してしまうんですね。もちろん、その記事に書いたように、『成功体験の積み重ね』により、自信を取り戻すことは大事です。

 

 

下記の記事にも、自分を肯定することの重要性について、様々な文献を引用してまとめてあります。

 

 

ただ、記事にも書いたように、下記の流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    人から『臭い』と言われた
     強烈な印象として心に残る。
  • STEP.2
    深い心の傷を負う
     
  • STEP.3
    自分を否定する気持ちが強くなる
     
  • STEP.4
    ワキガ手術をしてアポクリン腺等の原因を切除
     
  • STEP.5
    ワキガを治療したことで『臭い』と言われなくなる
     
  • STEP.6
    それによって自信を取り戻すことになる
     

 

これは、『ワキガ手術をして自信を取り戻している』例ですね。したがって、『手術前の自分を正当化している』のではないのです。

 

先生

『優しい人』っていう特徴って、違う角度から見ると『他にとりえがない人』だったりする。掘り下げて考えてみよう!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 優しさからくる精神性発汗について考える。

この日本ではワキガ臭が原因で仕事を首になる例もあるのが現実

いやもちろん、ワキガだと開き直って、手術をせずにこの日本で生きていく覚悟があるなら全く問題ありません。しかし、下記の記事にも書いたように、この日本ではワキガ臭が原因で仕事を首になる例もあるのが現実なのです。

 

 

つまり、『成功体験の積み重ね』により、自信を取り戻すことは大事であり、自分を肯定し、正当化することは確かに重要な要素です。しかし、例えばテロリストが自分を正当化することに対して人が眉間にしわを寄せるように、

 

  • 肯定していい人
  • 肯定するタイミング

 

というのが存在することもまた事実なのです。私は、この『足の裏のニオイが臭い人は、心が優しい人』というのは、一見するとその人への慰めに見えるかもしれませんが、もしそれが『被害妄想にも似た精神性発汗』からくるニオイなのだとしたら、ここに関係しているのは『人間の心』ということになります。

 

先生

基本的に人の考え方は正しくないんだ!だけど正しいと思っている人が多い!無難な答えは多いけど、未解決問題も多いのが世の中なんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 何でもかんでも肯定して慰めることについて考える。

サリーとアンの課題

心というのは、常に新陳代謝を繰り返し、成長していくものです。

 

新陳代謝
古いものを捨て去り、新しいものに生まれ変わっていくという意味

 

例えば赤ん坊や幼稚園の頃の自分と比べて、今の自分はどうでしょうか。心が新陳代謝され、自己中心的でわがままな考え方はなくなり、人を想う優しさや思いやり、あるいは客観的な視点、俯瞰的な視野等が身についているはずです。

 

『大人のための図鑑 脳と心のしくみ』には、『人が成長するにつれて他者の状況が想像できるようになる』として、『サリーとアンの課題』というものを挙げています。

 

  • STEP.1
    サリーはバスケットを持っています
     アンは箱を持っています。
  • STEP.2
    サリーは宝物を自分のバスケットの中に入れておきました
     
  • STEP.3
    サリーは出かけていきました
     
  • STEP.4
    アンはサリーのいない間に、サリーの宝物をバスケットから自分の箱に移動しました
     
  • STEP.5
    サリーが帰ってきて宝物を取り出そうとします
     

 

こういう流れがある中で、ではサリーはこの後、

 

  • バスケット

 

のどちらを見るでしょうか?という課題です。普通の人、あるいは大人であれば、ここで正解の『バスケット』と言うでしょう。大人は、サリーが、アンによって自分の宝物を『箱』に移された事実を知らないことが理解できますからね。

 

しかし、精神が未発達である人がこの話を聞くと、他者の状況が理解できず、この流れに支配され、『』と答えてしまいます。

 

だって、今箱に隠したじゃん

 

ということなんですね。

 

 

こういった現象は、

 

  • 幼児期
  • 自閉症

 

等の人によく見られることで、相手の気持ちを理解できないことが原因で起きることです。

 

 

先生

皮膚だけじゃなくて心も新陳代謝する。それを考えたとき、見えてくるものは『慰め』以外の選択肢になる。
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 心というのは、常に新陳代謝を繰り返し、成長していくもの。

正当化による機会損失のリスク

例えば、

 

  • 自臭症
  • 対人恐怖症
  • SAD(あがり症)
  • 鬱病

 

といった人たちは、『そのままでいい』と思うでしょうか。それとも、『改善された方がいい』と思うでしょうか。

 

 

もう一度言いますが、『成功体験の積み重ね』により、自信を取り戻すことは大事であり、自分を肯定し、正当化することは確かに重要な要素です。以上の精神病にもこの行為はとても有効なことです。しかし、その肯定が、

 

このままでいいんだ!

 

という考え方を生んだ時の『機会損失』を考えると、私は『足の裏のニオイが臭い人は優しい人』と表現することは、いささか首をかしげざるを得ません。

 

機会損失
得られるはずだった利益が得られなくなること。

 

『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

ワキガ治療とは違い、足の多汗を完全になおす治療法は、今のところ存在しません。むしろ、精神的負担を軽減させるような心理的な治療法が有効でしょう。

 

つまり、足の裏のニオイに精神的な問題がここまで大きく影響している以上、ただ『優しい人だね』で終わらせるだけでなく、考え方の転換、つまり『パラダイム転換』が必要になるということを覚えておく必要があります。

 

 

もちろん、『俺は足の裏がにおっても、ワキガであっても全く気にしない!』と心の底から断言できる人がいるなら、それで問題ありません。仕事も首にならないし、周囲の人も嫌がることがないなら、それにこしたことはありませんね。

 

先生

今回はちょっと深い話になったけど、足の裏が臭う人は『優しい人』っていう考え方は、慰めではあっても確実ではないんじゃないかな!
先生は厳しいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 慰め、正当化による機会損失のリスクを考える。