ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ワキガ体質の人がスーツを着る際、どのような対策をすればいい?

ワキガ体質の人がスーツを着る際、どのような対策をすればいい?

何かと『変えの効かないスーツ』ですから、丁寧に扱う必要があります。

 

  • 汗ワキパットをこまめに取り換える
  • デオドラント製品をこまめに使用する
  • インナーをこまめに着替える
  • 汗をかく場面では必ずスーツを脱ぐ
  • 毎日同じスーツを着ない
  • スーツの内外に丁寧にファブリーズをする

 

等の対策をすれば、スーツにニオイが残ることはだいぶ抑えることができます。

先生

スーツっていうところがポイントだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

『ワキ汗パット』や『ワキ汗テープ』は?

 

ワキガ体質の人がスーツを着る際、どのような対策をすればいいでしょうか。まず、考えられるのは『ワキ汗パット』や『ワキ汗テープ』ですね。それについては下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

簡単に言うと、この2つの商品だったら『ワキ汗パット』の方がいいですね。やはり、テープの方の主目的は『目立たないこと』ですから、効果が落ちます。記事にも書いたようにyoutuberの関根りささんがこの商品をレビューしてくれていますが、彼女の感想としても、クリアタイプよりも吸水性があるのは色のついたタイプだということです。

 

[検証] 脇汗ダメ絶対。〜夏でもグレー着たいんですけど〜


 

スーツの下というのはYシャツもありますし、構造が二重ですから目立ちません。その下に下着をつけているなら三重です。従って、スーツの下につけるこの手のタイプは、『ワキ汗パット』の方がいいでしょう。

 

先生

スーツの下は『見えない』からね!その利点を生かして対策ができるよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『ワキ汗パット』と『ワキ汗テープ』の2つの商品だったら『ワキ汗パット』の方がいい。

デオドラント製品は?

 

次に、下記の記事に書いたような『デオドラント製品』です。

 

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

  • パウダースプレー
  • ふきとりシート
  • ロールオン
  • スティック

 

と色々なタイプがありますが、それぞれの概要は以下のようになります。

 

種類別デオドラント剤の概要

スプレータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
パウダータイプ ワキガではないけれど、ワキの汗や汗臭さを抑えたい場合。
ふきとりシートタイプ 急な発汗を抑えたい場合。
殺菌作用の強いタイプ 皮膚のかぶれや黒ずみの原因となるので注意が必要。
ロールオンタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
スティックタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。
クリームタイプ アポクリン腺の汗を抑制する効果があり、抗菌殺菌作用が強い。

 

ですから、もしワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、

 

  • ロールオン
  • スティック
  • クリーム

 

のタイプを選ぶといいでしょう。これらの商品を使いこなすだけで、それを使わないよりははるかに体臭を防ぐことができるようになります。ワキガ臭であってもロールオン等のタイプなら軽減することができます。

 

 

また、下記の記事に書いたように、youtuberへきトラハウスのへきほーさんがこのような動画を出しています。

 

 

Amazonでワキガの治療薬10種類買ってみた


 

結果をまとめると、それぞれの効果はこうなります。

 

Amazonで買えるワキガ対策グッズのへきほーさん評価

dot ×
柿渋デオドラントクリーム ×
デリシャスボディ ローズレメディ ○(1割残る)
クリアネオ ×
Rexona レクソナ ○(ガチでお勧め)
Secret ×(30秒だけ効いた)
ディグリー(Degree) メンズ ×
ダヴ(Dove) 固形デオドラント
ラビリン ○(白くなるが効果が強い。スーツの下ならかなりお勧め)

 

へきほーさんのワキガには、

 

  • ラビリン
  • Rexona
  • ダヴ(Dove) 固形デオドラント
  • デリシャスボディ ローズレメディ

 

のアイテムがとても有効だったということですね。ワキガにはたくさん種類がありますから、どれが必ず効くということはありません。しかし大きな参考にはなるでしょう。特にこの『ラビリン』は、白くなってしまうのが玉に瑕ですが、その代わり高い効果を得られると言います。それであれば、スーツの下のデオドラント剤としてピッタリかもしれません。

 

先生

こうしてワキガの人が恥ずかしがらずにレビューを出してくれるのは心強いね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガ臭を抑えるためにはスプレーやパウダータイプではなく、ロールオン、スティック、クリームタイプがいい。
  • へきほーさん調べをチェックする。

インナーは?

 

また、インナーを最適化することも大事ですね。Yシャツの下に下着を着る場合は、そのシャツの通気性や吸水性等の機能がどれだけあるのかということも大事になります。それ次第は汗をかいてもサラサラしてストレスにならず、そのストレスが原因で更に違う汗を発生させるような悪循環を防ぐことができます。

 

 

先生

通気性のいいインナーがいい場面がほとんどになるだろうね!まだ魔法のインナーは出ていないから!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • インナーを最適化する。

洗体方法を間違えない

 

しかしその前に、下記の記事に書いたように、

 

 

  • こまめに洗う
  • しかし、ゴシゴシ洗いすぎない

 

という日常生活を守る必要があります。入浴やシャワーによく入る習慣を身につけ、それでいて、アカスリ等でゴシゴシこすらないようにするんですね。更にポイントを絞るとこうなります。

 

  • こまめに入浴・シャワーを利用する
  • 除菌効果の高い薬用せっけんを使う
  • シャワーは夜よりも朝がおすすめ

 

やはりこまめにシャワーを浴びて清潔にすること以上に効果的なことはありません。ですから、可能であれば仕事中でも何度も入りたいんですね。そういうことが許可されている職場も中にはありますから、それが許されるならそれでいいですよね。

 

パワハラやセクハラなどと同じように、スメハラ問題もありますから、だとしたら会社側はワキガ体質の人の為にシャワー設備を整えることくらいするべきですよね。

 

 

 

そうじゃない場合でもシャワーや入浴は必要です。特にシャワーは夜よりも朝がおすすめで、寝ている間にかいた汗をしっかりと流してからスーツを着ないと、その汗がシャツの下で細菌に酸化・分解され、ニオイの原因を作ってしまいます。

 

  • STEP.1
    アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
     
  • STEP.2
    脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
     
  • STEP.3
    皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
     
  • STEP.4
    エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
     
  • STEP.5
    わき毛にからまりニオイが発散される
     
  • STEP.6
    ワキガ臭が放たれる
     

 

ただし、だからといってアカスリ等でゴシゴシ皮膚を洗うことは、逆効果です。皮膚には常在菌といって菌が存在していますが、善玉の常在菌は、皮膚の環境を整える役割を果たしてくれています。

 

したがって、あまり殺菌効果の高い洗剤や、アカスリ等の強い刺激を与えると、その善玉常在菌までも洗い流してしまい、皮膚環境が悪くなり、ニオイの原因となる可能性があります。

 

  • STEP.1
    過剰に洗髪・洗体・洗顔する
     
  • STEP.2
    皮膚にある善玉の常在菌も殺す
      あるいは皮脂が過剰に洗い落とされる。
  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
     細菌が分解する脂肪酸が増加する。
  • STEP.4
    薄毛になる
     臭いの原因となる。

 

洗体は、軽く包み込むようにやるのがコツです。記事を見て洗体のポイントを押さえましょう。

 

先生

会社でホットアイマスクをして横になるシーンも常識的になっている今、シャワー設備も考えた方がいいかもしれないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 洗体方法を間違えない。
  • シャワーは夜よりも朝がおすすめ。

『悪い汗』をかかないようにする

また、汗には『良い汗』と『悪い汗』があります。普段、運動をしなかったり、ストレスを溜めたり、あるいはエアコン完備の環境にいるのが当たり前だったりする人は、『悪い汗』をかきやすくなっている可能性があります。

 

 

仕事でストレスを溜めてしまうのは仕方ないかもしれませんが、そうだとしてもそれを溜めたままにせず、カラオケでもおしゃべりでもいいのでそれを発散する習慣をつけましょう。ストレスというのは思っている以上に人に害を与えます。そのせいで精神的なダメージを負うと、『悪い汗』をかくようになります。更にストレスについて調べるために見るべきなのは以下の記事です。

 

 

これ以上ネット上でストレスの害悪について書いた記事はないでしょう。また、適度な運動をすることが大事です。サウナでもいいですね。これらによってサラサラした『良い汗』をかく習慣が身につけば、普段かく汗から出るニオイも軽減されます。最も悪いのは、

 

  • 悪い汗+アポクリン汗

 

ですから、なるべくニオイを強くしないように『良い汗』をかく生活を意識することが大事です。更なる詳細は下記の記事でご覧ください。そこには運動やサウナが習慣化できない場合の『入浴法』についても記載しています。これは効果抜群です。

 

 

先生

これもシャワーの時と同じだけど、会社側の意向が影響してくるね!基本、エアコンは稼働しているしね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『悪い汗』をかかないようにする。

食事等の生活習慣を最適化しよう

 

ただし、カラオケやおしゃべりはいいとしても、『暴飲暴食』でストレスを解消するとなると注意が必要です。基本的なことは下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

特に注意するべきなのは肉食ですね。肉食というのは、

 

  • 高カロリー食品につきアポクリン汗腺を肥大させる
  • 脂肪が多いため腸内で酸化し、過酸化脂質となる
  • 便秘の原因となる
  • 腸内フローラを悪玉菌優勢にさせる
  • 老化を促進する

 

という理由により、まさに『体臭を強くするためにする行為』と言っても過言ではないかもしれません。記事には、食べるべき食事についても記載していますので、併せてご確認ください。

 

 

また、タバコやアルコールでストレスを解消する人は大勢いるでしょう。しかし、そのいずれもが体臭問題と関わっています。『肉、酒、タバコ』で許されるとしたら、『適度な飲酒』くらいです。ビール一杯で抑えられるような人なら問題はないでしょう。

 

 

また、香水はやめた方がいいでしょう。ワキガの人が香水をむやみやたらにつけると、高い確率で逆効果になります。それに、職場で強い香水のニオイがすると問題になる可能性がありますからね。

 

 

また、

 

  • スーツ
  • Yシャツ
  • 下着
  • ワキ汗パット

 

とあった場合、ニオイをつけていい順番は下からとなります。上に行けば行くほどニオイを取るのが難しくなりますし、値段も高くなりますから、なるべく下の段階で処理をすることが大切です。

 

つまり、ワキ汗パットやインナーを使いこなし、最適化し、こまめに変えるのです。それによってニオイや黄色いシミ等の問題が、そこで処理されることになります。

 

 

焼肉やタバコなんかのニオイもスーツについたらなかなか取れませんから、目上の方とそうした場所で食事をする際は、上司のスーツを受け取り、店からビニール袋をもらい、それで包んで畳んでおいておくくらいのことをするのが、できるビジネスパーソンのマナーです。

 

先生

このあたりのポイントを押さえるだけで、大分ニオイは軽減できるはず!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 肉食、タバコ、アルコールをやめる。
  • 香水で誤魔化すのをやめる。
  • ワキ汗パットやインナーを使いこなし、最適化し、こまめに変える。

『スーツを着ない』という選択肢

同じように、ニオイ対策を日々考えるのであれば、『変えの効かないスーツ』を丁寧に扱う必要があります。

 

  • 汗ワキパットをこまめに取り換える
  • デオドラント製品をこまめに使用する
  • インナーをこまめに着替える
  • 汗をかく場面では必ずスーツを脱ぐ
  • 毎日同じスーツを着ない
  • スーツの内外に丁寧にファブリーズをする

 

等の対策をすれば、スーツにニオイが残ることはだいぶ抑えることができます。下記のようなファブリーズであれば、

 

  • 焼肉
  • タバコ
  • 体臭
  • 加齢臭

 

といった『男の5大臭』のケアができますから、こういったものを使いこなすといいでしょう。

 

 

もちろん、

 

  • こまめにクリーニングに出す
  • スーツを何着も買って取り換える

 

ことが可能ならそれにこしたことはありません。ワキガ体質の人がスーツを着る場合のポイントは、

 

  • ワキ汗テープではなくワキ汗パットを使う
  • デオドラント製品を使いこなす
  • インナーを最適化する
  • こまめに入浴・シャワーを利用する
  • 『良い汗』をかく習慣を身につける
  • 『肉、酒、タバコ』を控える
  • むやみに香水をつけない
  • スーツにニオイをつけないよう最適化する

 

ということになります。もちろん、手術をしてアポクリン腺自体を切除してしまってもいいでしょう。ワキガ対策の根本的な解決方法は、ここ30年以上、ワキガ手術となっています。

 

 

また、スーツはどうしても蒸れますからね。スーツ自体を通気性のいいものにするか、あるいは『スーツを着ない』という選択肢も考えましょう。私はスーツを着るのをやめた人間ですから、それは可能だと言っておきます。『必ずスーツを着なければいけない』、『必ず満員電車に乗らなければならない』というのは思い込みですので、これを機に自分の人生を再考してもいいでしょう。

 

先生

ノマドに脱サラに自営業に作家に、スーツを着ない人生はたくさんあるからね!自分の運命の仕事って、体質や性格とも相談するべきかもね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『スーツを着ない』という選択肢は、ある。