ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

毛穴が汚れているとニキビができる原因は?予防法と対策をしっかり学ぼう

毛穴が汚れているとニキビができる原因は?

ニキビというのは、毛穴に皮脂が詰まることでできてしまうものです。

したがって、毛穴に皮脂が溜まらないよう、きちんと洗顔をすることが大事です。

先生

洗顔しただけでニキビが完全に予防改善できるわけじゃないけどね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

毛穴が汚れる=ニキビのリスク増

毛穴が汚れているということは、ニキビができる可能性があるということです。毛穴のタイプには以下の3つがあります。

 

たるみ毛穴
加齢にともない縦長のしずく形に広がる。
詰まり毛穴
皮脂と角質が混ざり合って目立つ。
開き毛穴
生まれつき皮脂腺が多いタイプ。

 

このうち『詰まり毛穴』について、『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

詰まり毛穴

 

皮脂と古い角質が混ざって毛穴の中に詰まっている状態。鼻や額など、Tゾーンに多いのが特徴です。毎日の洗顔できちんと皮脂を落とせていない人や、オイルタイプのクレンジング料でこすりすぎている人などに見られます。

 

ニキビ

 

ここに、『皮脂が毛穴に詰まっている』というキーワードが出てきましたね。ではここで、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる
     
  • STEP.2
    男性ホルモンの分泌が盛んになる
     
  • STEP.3
    皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される
     
  • STEP.4
    洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される
     
  • STEP.5
    常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する
    『白ニキビ』の段階。 

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

注目すべきなのは『洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される』という部分ですね。ニキビというのは、まさに毛穴に皮脂が詰まることでできてしまうものです。したがって、毛穴に皮脂が溜まらないよう、きちんと洗顔をすることが大事です。

 

 

先生

言ったように洗顔をしただけでニキビの完全な予防対策にはならないけど、原則的な話を覚えておこう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 毛穴が汚れているということは、ニキビができる可能性があるということ
  • 毛穴に皮脂が溜まらないよう、きちんと洗顔をすることが大事。

毛穴パックやクレイマスクはどうなの?

この詰まり毛穴のケアをしようとすると、多くの人が鼻に貼ってはがす『毛穴パック』を想像するかもしれませんが、あれはやめたほうがいいでしょう。毛穴パックをやりすぎると、毛穴が広がってしまい、そこに逆に皮脂が溜まりやすくなるからです。

 

ニキビ

『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

毛穴パックは2週間に1度くらいが目安

 

酵素洗顔やピーリングコスメなどでケアしていても、毛穴がザラザラ詰まって気になるときは、毛穴パック(貼って剥がすタイプのもの)やクレイマスクなどを活用するのも手です。ただし、毛穴パックは刺激が強いので、2週間に1度くらいの頻度を守って使いましょう。クレイマスクなら、1週間に1度ぐらいを目安にしてください。

 

この手のアイテムは『不自然』です。自然ではありません。ですから、このように不自然な動きを体に施す際は、慎重になる必要があります。例えば、『脱毛』なんかもそうですね。あれは他の動物はやらないわけです。自然ではありませんね。したがって、脱毛をする際は細心の注意を払って行うことが推奨されます。

 

 

 

例えば、ピーリング等には下記のような商品があります。

 

 

色々なタイプがありますが、このようなジェルタイプであれば肌への刺激が弱く、逆に、拭き取るようなタイプだと刺激が強くなります。しかし、このような刺激の弱いものでも、ピーリングは『週に2度』を目安に行うことが推奨されます。同じく、『イオン導入器』もそうです。

 

 

  • 脱毛
  • ピーリング
  • イオン導入器
  • 毛穴パック
  • クレイマスク

 

これらを行うことは全て、『不自然行動』ですよね。他の動物はやらないわけです。こういう不自然な行動を取るときは、必ず慎重に行うことが求められるので、決して毎日行うことがないようにしなければなりません。肌に異常が出る可能性があるからです。体に不自然なことをすれば、体も異常(不自然)な反応を示すのは当たり前ですよね。

 

ニキビ

各『不自然行動』の頻度の目安

脱毛 体調を万全にして、慎重に。
ピーリング 週に2度を目安。
イオン導入器 週に2度を目安。
毛穴パック 2周に1度を目安。
クレイマスク 週に1度を目安。

 

先生

不自然な行動はなるべく避けるべきだね!その他の動物や生命を見て、人間だけ少し過剰になっているっていうところは、見直した方がいいかも!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 毛穴パックやクレイマスクはやりすぎると、毛穴が広がってしまい、そこに逆に皮脂が溜まりやすくなる。
  • 各不自然行動の目安を確認する。

毛穴が目立つのは実は当たり前

ちなみに、毛穴が目立つのは実は当たり前で、毛穴は文字通り『穴』ですから、くぼんでいます。トンネルでも落とし穴でも洞窟でも、穴は黒く見えますよね。ですから、鼻の穴が黒く見えるのと同じように、毛穴は穴ですから黒く見えるのは当然です。したがって、あまり毛穴に過剰反応しないようにすることが大切です。それが、『自然体』なのです。

 

ニキビ

 

毛穴に皮脂が溜まるのを防ぐために注意するべきなのは以下の通りです。

 

  • 毛穴を広げない
  • 洗顔をしっかり行う
  • 高脂肪食品を摂らない
  • ビタミンB1,B2,Cを摂取する
  • 喫煙しない
  • 極端なダイエットをしない
  • 不規則な生活習慣を送らない

 

先ほど考えた毛穴パックなどは、毛穴を広げてしまうことになるので、その頻度に気を付ける必要があります。ただ、『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

毛穴の大小の多くは遺伝的要因で決まる

 

毛穴の大きさを気にする人も多いのですが、毛穴の大きさはほとんど遺伝的なものです。それには男性ホルモンの量がかなり関係しています。男性ホルモンが多めの人は皮脂腺が大きくなり、皮脂腺の出口も大きくなるから、毛穴が目立つようになるのです。

 

(中略)生まれつきものもは、毛穴用化粧品で小さくなることはありません。

 

男性ホルモンであるテストステロンのはたらきとして挙げられるのは、

 

  • 男性特有の筋肉質な体のラインにする
  • 性欲を高める
  • 皮脂の分泌を促す
  • 体毛の発育を促す

 

ということです。この中に『皮脂の分泌を促す』とありますね。更に、『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

ホルモンバランスの乱れが第一の原因

 

(省略)また、角化異常にも、男性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。古い細胞がはがれ落ちて新しい細胞と入れ替わるという皮膚のターンオーバーは約4週間を1サイクルとして行われていますが、古い細胞がはがれにくくなって、厚くたまってしまうことを角化異常といいます。それが毛穴をふさいでしまうことも、コメド形成の要因になっています。

 

(中略)そのため、ニキビが重症化してしまうケースは実は女性より男性に多いという報告があります。

 

角化異常
古い細胞がはがれにくくなって、厚くたまってしまうこと。

 

つまり、男性であり、男性ホルモンが人よりもあるという人はそれだけで、

 

  • 毛穴が人より大きくなる
  • 皮脂の分泌も多く促される
  • 角化異常が起きやすい

 

という事実から、ニキビができやすい運命にあります。女性よりも男性の方がニキビができやすく、悪化しやすいんですね。(女性も女性で生理等のホルモンバランスの乱れ等でニキビができる特性を持っています。)

 

 

ですから、『毛穴を広げない』と言っても、男性ホルモンが多い男性である場合は、仕方がありません。毛穴があることは当たり前ですから、それを必要以上に気にしないようにしましょう。それよりも気にするべきなのは、毛穴パックなどを乱用して、今以上に毛穴を広げないことですね。

 

先生

男性ホルモンがあるだけで攻撃的になったりするし、人は性ホルモンに多大な影響を及ぼされて生きているんだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 毛穴は穴だから黒く見えるのは当然。
  • 毛穴の大小の多くは遺伝的要因で決まる。
  • ホルモンバランスが崩れて角化異常が起きると、毛穴をふさいでしまってコメドができ、ニキビができる。
  • 男性ホルモンの影響で、女性よりも男性の方がニキビができやすく、悪化しやすい。

ニキビに有効な洗顔方法とは

ニキビ

洗顔ですが、多くの専門家が推奨しているのは、

 

  • 酵素洗顔
  • ピーリング

 

です。まずその前に、うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすことを試みましょう。それでも毛穴汚れが取れないようであれば、この2つの選択肢に目を向けるのです。例えば、以下のような商品ですね。

 

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

酵素洗顔

 

酵素洗顔料は、皮脂を落とすだけでなくたんぱく質を分解する働きをもつ酵素が入っていて、たんぱく質でできている角質を取り除くことができます。角質を取りすぎないために強くこするのは禁物。とくに肌の弱い人は、使用を週1~2回までにしましょう。

 

ピーリング

 

ピーリングは、AHAなど一種の酸を使って古い角質を取り除くものです。クリームかミルク、ジェルの洗い流すタイプのピーリング料がおすすめです。

 

つまりこういうことですね。

 

  • STEP.1
    うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすことを試みる
     
  • STEP.2
    それでも毛穴汚れが取れないようであれば、『ピーリング、酵素洗顔』をしてみる
     使用頻度に注意。

 

この洗顔によってしっかりと毛穴に詰まって皮脂汚れを取り除くことができます。注意点としては、先ほどの『各『不自然行動』の頻度の目安』でもまとめましたが、肌が弱い人はこの酵素洗顔も『週に1~2回』までにした方がいいということですね。

 

商品は先ほどのもの以外にも様々なものがありますので、レビューを参考にしながら、自分に合ったものを見つけてみましょう。

 

【裏技】すぐに実感できる洗顔!マジで毛穴ツルツル美人になる!〜鼻の黒ずみも消滅篇〜


 

【ニキビ跡】皮膚科に行くより安い【美白&美肌】


 

 

先生

基本的には石鹸だけでいいんだ!石鹸はとても万能だということをこの記事では覚えておこう!洗顔フォームよりも石鹸!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ニキビに有効な洗顔は『酵素洗顔』と『ピーリング』。
  • だがまずその前に、うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすべき。
  • 肌が弱い人はこの酵素洗顔も『週に1~2回』までにした方がいい。

高脂肪食品を摂らない

 

ニキビ

やはり高脂肪食品を摂れば、それだけ皮脂の分泌が多く行われます。高脂肪食品というのは、

 

  • 薄毛
  • ワキガ
  • ニキビ
  • ED

 

等の問題を引き起こす原因になります。

 

 

当然これは一例ですね。まず、生活習慣病になりやすくなります。つまり、様々な病気の原因となります。『肥満は万病の元』というのは本当なのです。

 

 

ビタミンB1,B2,Cを摂取する

毛穴に効き、皮脂の抑制効果がある栄養素と言えば、ビタミンB1,B2,Cです。特にビタミンB1,B2の方にその効果があるのですが、ビタミンCにはコラーゲンを増やす作用がありますので、どちらにせよ美容を考える際にビタミンCを欠かすことはできません。

 

ニキビ

先ほどもピーリングの話が出てきましたが、その後にビタミンC誘導体の入った化粧水を『イオン導入器』を使って浸透させることで、手でやった場合と比べ、実に100倍もの効果を発揮させることができます。『毛穴スッキリ!美肌になる!―黒ズミ、大人ニキビ、これで解決!』にはこうあります。

イオン導入で浸透する量は、塗った時のなんと100倍

 

このビタミンCのイオン導入の効果は絶大で、ニキビが改善するばかりか、毛穴が目立たなくなったり、肌の透明感や弾力がアップしたり、顔が引き締まったりします。本当にその効果の高さに驚いています。でも、それもそのはず、イオン導入を行うと、単に肌に塗るよりもなんと100倍の量が真皮にまで届くというデータがあります。

 

そしてこれはクリニックだけではなく、家庭で使えるようなイオン導入器でも同じだと言うんですね。

 

食事や栄養についてですが、それぞれが含まれる食品は色々ありますのえ、また近いうちに栄養ごとの食材をまとめた記事をここにリンクさせます。

 

 

チョコラBB等のサプリメントでもいいのですが、基本的には食事から摂取することが推奨されています。

 

 

 

喫煙しない

これに関しては下記の記事に詳細を書きましたので、併せてご確認ください。タバコを吸うと肌は弾力を失い、毛穴が垂れ下がり広がっていってしまうわけですね。

 

 

極端なダイエットをしない、不規則な生活習慣を送らない

これらの悪しき習慣によって、肌の老化が促進され、結果的に毛穴がたるみ、広がることに繋がります。例えば、睡眠不足一つあるだけで肌にとっては大ダメージです。ニキビの予防・対策には毛穴に汚れが溜まらないように注意しましょう。

 

 

先生

食事に関してはとても深い話があるんだ!詳しくは記事で確認してみよう!
みよう!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 高脂肪食品を摂らない。
  • ビタミンB1,B2,Cを摂取する。
  • 喫煙しない。
  • 極端なダイエットをしない、不規則な生活習慣を送らない。