ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

口周りにニキビができる原因は胃腸が不調?取るべき予防と対策とは

口周りにニキビができる原因は?

肝機能や肺が弱っているときには頬、胃腸が不調なときは口周りにニキビが出やすくなります。

ともに『美容ビタミン』と呼ばれるビタミンBが不足しているので、積極的に補いましょう。

先生

口周りにできる『口唇ヘルペス』っていう病気は、ニキビとは違うものだよ!口周りのニキビについて、詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

口周りにできるニキビの原因

 

ニキビ

確実なことではありませんが、ニキビがどこにできるかによって、その原因を知ることができる場合があります。ではその概要を見てみましょう。

 

ニキビの場所を見る

おでこ 額にぶつぶつとできるニキビは、精神的ストレスやそのストレスからくる消化不良などが原因であることが多い。
頬、口周り 肝機能や肺が弱っているときには頬、胃腸が不調なときは口周りに出やすい。ともに『美容ビタミン』と呼ばれるビタミンB不足。
顎(下部) 顎の下部に白いニキビができたら、過剰なコレステロールを疑ってみる。運動不足が原因のことも。
顎(中心、サイド) 自律神経やホルモンバランスが乱れると、顎の中心やサイドにニキビが出やすい。生理前のニキビもこのあたり。

※参照『1日3分!佐伯チズの絶対きれい「ニキビ・毛穴」すっきり』

 

つまり今回のテーマである『口周りのニキビ』は、胃腸が不調であることが原因だと考えられるわけですね。100%確実なことではありませんが、かなり高い確率でこのように部位ごとによってニキビの原因がわかるようになっています。

 

確かに私も口元にニキビのような吹き出物ができる場合は、往々にして『薬』を飲んでいることが多いです。薬というのは、

 

  • 風邪薬
  • 胃薬
  • 頭痛薬
  • 抗アレルギー薬
  • 咳止め薬

 

等のことですね。私は以前、結構こういった薬を多く飲むことがあり、風邪薬などは一日に6包飲んだり、用法容量を守らずに『短期集中』と自分で勝手に決めつけて、乱用してしまっていたことがあります。しかし、当然ですが薬は胃腸に刺激を与えますので、それで胃腸が荒れ、それが原因で口元に吹き出物が出来ていたんだと推測することができます。

 

ニキビ

その場合、やはり基本的には『胃腸に刺激を与えない』ことが重要です。私のような薬物乱用はもちろん、お酒の飲みすぎもそうですし、暴飲暴食などでもNGとなります。規則正しい生活をし、健康にいい食生活を送ることでこの問題の予防と対策になると言えるでしょう。

 

先生

胃が荒れるような生活をしなければこの問題は解決するよ!なんだか、『何者かに正される』ような感覚を覚えるね!『神様』と言うつもりはないよ!
うーむ、たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 口周りにニキビができる場合は、胃腸が不調である可能性がある。
  • 頬にニキビができる場合は、肝機能や肺が弱っている可能性がある。
  • ともに『美容ビタミン』と呼ばれるビタミンB不足を疑う。

口周りにできるニキビのに効く食事

先ほど挙げた『1日3分!佐伯チズの絶対きれい「ニキビ・毛穴」すっきり』には、口周りにできるニキビのに効く食事として、以下のようなものを挙げています。

 

口周りのニキビに効く食事

  • ヨーグルト
  • バナナ
  • おかゆ
  • ごぼう
  • こんにゃく

 

これは、消化のいいもの、腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものがピックアップされているわけですね。とにかく体に不調が出たときは、こうした『メンテナンスフード』を食べるのが有効です。

 

ニキビ

 

また、ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

 

ニキビができる原因(外因性)

 

その他

 

ここに挙げられているすべての要素を最適化せずに、バナナを食べていればそれで口周りのニキビが治るということは、当然あり得ません。このすべてを最適化し、口周りというよりも『すべてのニキビ対策』を同時に考えることが求められています。

 

先生

ニキビの原因は色々あるから、一概には言えないよ!だからこの食事をしたからといって治るわけでもないんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 口周りのニキビには消化のいいもの、腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものが効く。

口周りを『酷使』するような習慣がないか

また、下記の記事にも書きましたが、

 

 

『これでわかるニキビの治療とケア~安易に抗菌薬に頼っていませんか?~』(南江堂)にはこうあります。

機械的刺激によるニキビ

 

様々な機械的刺激が要因となってニキビを生じることがある。たとえば、スポーツ選手のヘッドバンドの下に生じたり、フットボール選手の顎紐の下に生じたり、バイオリン奏者の首に生じる例(Fiddler’s neck)が報告されている。

 

(中略)また、ニキビをいじったりすると悪化することはよく知られており、炎症が強いニキビでしばしばみれる。ほとんどが若い成人女性で顔面が最も多い。心理学的な分析結果では、感情を隠そうとする防御反応の一種として捉えられている。

 

本にあるように、そこにニキビがあるわけではないのに、機械的な刺激を与え続けることにより、そこにニキビが出来てしまうこともあります。

 

  • スポーツ選手のヘッドバンドの下
  • フットボール選手の顎紐の下
  • バイオリン奏者の首

 

等ですね。靴擦れや、ただれのように、慢性的に刺激を与え続けると、そこにストレスがかかるのか、何らかの肌トラブルが起きることがあるのが、人の身体です。この問題を考えたとき、自分は口周りを『酷使』するような習慣がないか、考えてみましょう。

 

ニキビ

本には、普段から『膝を顎に乗せる癖がある』少女の画像が掲載されていますが、そのような癖がある場合も、口周りのニキビとは無関係ではありません。例えば、口周りを常にいじっているような人は、その習慣をやめることが求められます。それが原因で何らかのばい菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビとなるか、あるいはそれが悪化することもあるかもしれません。また、

 

  • 髭剃り
  • メイク

 

等の要因によっても、口周りにニキビができる可能性があります。私などは特に敏感肌なのでよくわかりますが、カミソリなんかを使ってしまえば、すぐにカミソリ負けをして血が出てしまいます。髭剃りはそれくらい肌にダメージを与えますので、もしそこに目に見えない小さなニキビの原因があったとき、そこにカミソリでダメージを与えて刺激すると、それが原因でニキビが悪化することがあるかもしれません。

 

ニキビ

カミソリ自体に雑菌がついていることもありますから、先ほどの記事で考えた『手でニキビを触らない』というテーマ同様、髭剃りにも注意が必要だと考えられます。ちなみに私のような敏感肌の人におすすめの髭剃りは、お風呂で使える『ラムダッシュ』です。

 

 

それを使うまでは、乾燥している状態の髭をダイレクトでそのまま剃っていたのですが、私の場合は電動髭剃りであっても刺激が強いと感じることが多々ありました。しかし、このラムダッシュにしてからは、シャワーを浴びながら温かく蒸れた状態で髭を剃れるので、ダイレクトに髭を剃るよりもダメージははるかに小さくなります。

 

泡でスキンケアシェービング!お風呂剃りラムダッシュ(ES-ST8Q)【パナソニック公式】


 

更に、下記の記事に書いたような『汗腺トレーニング』の後であれば、尚のこと毛穴が広がり、髭がピンピンに立った状態になるので、面白いようにスムーズに髭を剃ることができます。

 

 

  • STEP.1
    高温で手足浴(43~44℃)
     まず湯船の3分の1か、4分の1の集めのお湯で、ひざ下とひじ下を15分つける。
  • STEP.2
    微温で半身浴・全身浴(36℃程度)
     ぬるま湯で15分(お酢を入れると効果的)
  • STEP.3
    風呂上がりに
     お風呂上りは、自然に汗が蒸発するのを待ち、衣服を着ない。扇風機やエアコンで強制的に冷やさない。くつろぎながらショウガドリンクなどで水分補給をすると、更に汗腺機能がアップする。

 

このように様々な知恵を使って、口周りに与えるダメージを小さくすることも大事ですね。

 

先生

『口周りに与えるダメージ』と言っても、敏感肌の人とそうじゃない人とでその考え方も違うからね!体質やアレルギーもあるし、それぞれの理想の最適化は違うよ!
うむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 口周りを『酷使』するような習慣があると、口周りにニキビができやすい。
  • 口周りに与えるダメージを小さくする工夫が大事。

女性のメイクには注意点がある

また女性の場合はメイクです。化粧品によっては、毛穴をふさいでしまうものもあります。毛穴が化粧品でふさがれてしまうと、皮脂が外に排出できません。ではここで、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる
     
  • STEP.2
    男性ホルモンの分泌が盛んになる
     
  • STEP.3
    皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される
     
  • STEP.4
    洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される
     
  • STEP.5
    常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する
    『白ニキビ』の段階。 

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

 

注目すべきなのは『洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される』というところですね。『毛穴スッキリ!美肌になる!―黒ズミ、大人ニキビ、これで解決!』にはこうあります。

Q.鼻は毛穴が目立つし、べたついたりテカったりするのに、あまりニキビができないのはどうしてですか?

 

確かに鼻は顔の中でも皮脂量が多い部分です。でも、だかといってニキビができやすいと簡単に決めつけることはできません。ニキビは毛穴がつまることでできるのです。皮脂がどんなにたくさん分泌されても、毛穴の外にスムーズに排出されればニキビには発展しないのです。

 

鼻は皮脂量が多いと同時に皮脂の排出孔である毛穴のサイズが大きいため、毛穴がつまりにく、つまり、ニキビができにくいと考えられます。

 

つまりこういうことですね。

 

  • STEP.1
    メイクをする
     
  • STEP.2
    油分の多いメイク等は毛穴を塞いでしまう
     
  • STEP.3
    皮脂が外に排出されない
     
  • STEP.4
    皮脂が毛穴で詰まってしまい、ニキビの原因となる
     

 

ですから、女性の場合はこうしたメイクの注意点に気を付ける必要があります。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

ニキビができているときファンデーションはパウダータイプを使う。

 

ニキビ肌にメイクをするときには、いくつか気を付ける点があります。まずファンデーションは、クリームやリキッドタイプを使わないようにします。これらのものは油分が多すぎたり、また最近はカバー力を出すためにシリコンを多量に含む物が多く、それが毛穴をふさぐからです。

 

ファンデーションを使う際は、クリームやリキッドタイプではなく『パウダータイプ』を使うことが推奨されています。これは、ニキビができていても、できていなくても同じことですね。

 

ニキビができたときのメイク

NG クリーム、リキッド。油分が多すぎたり、シリコンを多量に含む物が多く、それが毛穴をふさぐから。
OK パウダータイプ。パウダーファンデーションや、ルースパウダー。

 

例えば、youtuberの『かわにしみき』さんが、フェイスパウダーの紹介をしていますので、参考にしてみましょう。

 

【プチプラ】最強フェイスパウダー!【CEZANNE】


 

ちなみに動画で紹介しているのは下記のアイテムですね。

 

 

ちなみにこのセザンヌの美容グッズで言えば、youtuberの『関根りさ』さんが『セザンヌだけでメイク 〜CEZANNE MAKE UP〜』という動画をアップしていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

 

セザンヌだけでメイク 〜CEZANNE MAKE UP〜


 

ただ、『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはこうあります。

属に『大人ニキビ』と呼ばれる、20~30歳代の女性で、口周りやフェイスラインに沿ってニキビを繰り返すという人は、明らかに乾燥肌が原因であると考えられます。なぜなら、大人ニキビは石鹸を使わない、ぬるま湯または水洗顔にして、同時にぬるま湯で落とせるファンデーションに変えることで改善するケースが非常に多いからです。

 

この本の著者は、ファンデーションや美容液を含めた一切の化粧品を乱用することを危惧しています。それにより、かえって肌の本来の機能が発揮できず、『化粧品依存』体質になるからですね。とにかく、ここで出てきたのは『乾燥肌』というキーワードです。口周りやフェイスラインに沿ってニキビを繰り返すという人は、乾燥肌が原因である可能性もあるということですね。

 

このように口周りにあるニキビは、先ほど挙げたニキビができる原因に加え、

 

  • 胃腸の荒れ
  • 機械的な刺激
  • 髭剃り
  • メイク

 

といったいずれかの要因が原因であると考えられ、自分の生活習慣を見直すことが必要です。自分の胸に手を当てて考えれば大体のことは思い当たる節があるはずですから、その一つ一つの要素からきちんと目を逸らさずに、適切に対処し、解決していくことが必要ですね。

 

もしかしたらこの本の著者の言うように、『化粧品依存体質』が招いた副作用によってニキビが出来ているのかもしれません。

 

 

先生

『化粧品依存体質』が作り出している乾燥肌とニキビの問題は、とても深くて大きな問題だね!見て見ぬふりをした方が楽かも!でも、『楽』と『楽しい』は違うからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 油分の多いメイク等は毛穴を塞いでしまってニキビを作りやすい。
  • ファンデーションを使う際は、クリームやリキッドタイプではなく『パウダータイプ』を使う。
  • 口周りやフェイスラインに沿ってニキビを繰り返すという人は、乾燥肌が原因だと断言する専門家がいる。
  • もしそうだとしたら、考え方を大きく変える必要があるかもしれない。