ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ニキビに有効な洗顔は?ピーリング、酵素洗顔、間違った方法とは何か

ニキビに有効な洗顔は?

ニキビに効く洗顔方法として多くの専門家が推奨しているのは、

 

  • 酵素洗顔
  • ピーリング

 

です。まずその前に、うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすことを試みましょう。正しい洗顔をするためには、以下の6つのポイントを押さえることが必要です。

 

  1. ぬるま湯のお湯を使う
  2. メイクや汚れなどをしっかり落とす
  3. 余分な皮脂を取り除く
  4. シャワーを利用するなど、きれいな水で洗顔料を洗い流す
  5. ゴシゴシこするなど、強い刺激を加えない
  6. 清潔なタオルを使用する

 

このうちのいずれかを怠っている場合は、無意味な刺激、皮脂の増加等の理由により、ニキビの原因、あるいはニキビが悪化する原因を作っていることになります。

先生

あまり洗顔を意識していない人の方がニキビができていない現実もあるよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ニキビに効く正しい洗顔方法とは

 

ニキビ対策としての洗顔方法は下記の記事に少し書いたのですが、更に特化して記事を書いていきます。

 

014.ニキビ 痒い 対策 予防方法(洗顔方法)

 

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

ーーー

間違った洗顔をしていませんか?

 

(省略)たとえば、朝起きたとき、冷たい水道水でピシャピシャと顔の表面をなでるだけといった洗顔をしていませんか。ノーメイクのときも濃いメイクをしたときも同じような洗い方をしていませんか。あるいは、洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌をこすっているのではないでしょうか。遅い時間に帰宅して、めんどうくさいから顔を洗わずに寝てしまうことがよくあるという人もいるかもしれません。

 

このような方法では、どんなに高価な化粧品を使ったとしても意味がありません。きれいになるどころか、、ニキビは次々とできるでしょうし、でこぼこしたニキビ痕をいくつも作ってしまいかねません。

ーーー

 

つまり、

 

冷たい水道水でピシャピシャと顔の表面をなでるだけといった洗顔

ノーメイクのときも濃いメイクをしたときも同じような洗い方をしている

洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌をこすっている

遅い時間に帰宅して、めんどうくさいから顔を洗わずに寝てしまうことがよくある

 

という事実に当てはまるような人は、『洗顔方法』というだけですでにニキビを悪化させる生活習慣が身についているということになります。正しい洗顔をするためには、以下の6つのポイントを押さえることが必要です。

 

1.ぬるま湯のお湯を使う

2.メイクや汚れなどをしっかり落とす

3.余分な皮脂を取り除く

4.シャワーを利用するなど、きれいな水で洗顔料を洗い流す

5.ゴシゴシこするなど、強い刺激を加えない

6.清潔なタオルを使用する

 

ニキビ

このうちのいずれかを怠っている場合は、無意味な刺激、皮脂の増加等の理由により、ニキビの原因、あるいはニキビが悪化する原因を作っていることになります。例えばぬるま湯についてですが、そうすることによって皮膚が温められ、毛穴が開き、毛穴の中にある余分な皮脂も出ていきやすくなります。また、古くなった角質も柔らかくなり、はがれやすくなるんですね。

 

しかし、冷たい水を使うと毛穴が収縮するので、余分な皮脂が毛穴の中に詰まったままになりがちですから、それはニキビの原因となるのです。ではここで、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

step

第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる

ニキビ

男性ホルモンの分泌が盛んになる

皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される

洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される

常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する

ニキビ

『白ニキビ』の段階。

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

001.思春期ニキビ 原因

(ホルモンバランスの乱れ)

 

注目は『洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される』という部分ですね。まさにそういうことなのです。また、下記の記事にも書きましたが、

 

006.ニキビ 毛穴汚れ 原因 対策方法

(イオン100倍)(酵素洗顔)

 

ニキビに効く洗顔方法として多くの専門家が推奨しているのは、

 

酵素洗顔

ピーリング

 

です。まずその前に、うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすことを試みましょう。それでも毛穴汚れが取れないようであれば、この2つの選択肢に目を向けるのです。例えば、以下のような商品ですね。

 

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

ーーー

酵素洗顔

 

酵素洗顔料は、皮脂を落とすだけでなくたんぱく質を分解する働きをもつ酵素が入っていて、たんぱく質でできている角質を取り除くことができます。角質を取りすぎないために強くこするのは禁物。とくに肌の弱い人は、使用を週1~2回までにしましょう。

 

ピーリング

 

ピーリングは、AHAなど一種の酸を使って古い角質を取り除くものです。クリームかミルク、ジェルの洗い流すタイプのピーリング料がおすすめです。

ーーー

 

つまりこういうことですね。

 

step

うるおい洗顔ではなく、さっぱりタイプの洗顔石鹸で皮脂を洗い落とすことを試みる

それでも毛穴汚れが取れないようであれば、『ピーリング、酵素洗顔』をしてみる

使用頻度に注意。

 

この洗顔によってしっかりと毛穴に詰まって皮脂汚れを取り除くことができます。注意点としては、下記の『各『不自然行動』の頻度の目安』でもまとめましたが、肌が弱い人はこの酵素洗顔も『週に1~2回』までにした方がいいということですね。また、洗顔方法を教えてくれている動画もあります。

 

 

商品は先ほどのもの以外にも様々なものがありますので、レビューを参考にしながら、自分に合ったものを見つけてみましょう。

 

 

 

先生

テキスト
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
リスト

まずは石鹸で洗顔することだね!それでもだめならとか、物足りないなら酵素洗顔がいいよ!

うーむ、なるほど!

 

 

この章のまとめ
  • 洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される。
  • ニキビに効く正しい洗顔方法は、さっぱりタイプの洗顔石鹸、酵素洗顔、ピーリングの3つ。
  • ピーリングは『週に1~2回』までにした方がいい。
  • 肌が弱い人はこの酵素洗顔も『週に1~2回』までにした方がいい

 

 

『不自然行動』の頻度

 

また、下記に『各『不自然行動』の頻度の目安』を書きましたが、酵素洗顔も肌が弱い人は使用を週1~2回までにすることが推奨されています。

 

各『不自然行動』の頻度の目安

脱毛 体調を万全にして、慎重に。
ピーリング 週に2度を目安。
イオン導入器 週に2度を目安。
毛穴パック 2周に1度を目安。
クレイマスク 週に1度を目安。

 

基本的に、上に挙げたような『不自然行動』は、文字通り不自然な行動です。他の動物はやりません。はるか昔の人もやりません。そのような不自然な行動を取るときは、必ず何らかの代償を払うことを覚悟する必要があります。

 

そう考えると、洗顔自体が首をかしげる行動。特に、スクラブ入りの洗顔フォームなどで肌をゴシゴシ傷つけながら洗うなんて、不自然極まりないですね。もちろん、同じ考え方で『アカスリ』も不自然です。アカスリは存在しますが、それを使用することはもはや時代遅れなのです。

 

  • STEP.1
    過剰に洗髪・洗体・洗顔する
  • STEP.2
    皮膚にある善玉の常在菌も殺す

    あるいは皮脂が過剰に洗い落とされる。

  • STEP.3
    皮脂が過剰分泌される
    細菌が分解する脂肪酸が増加する。
  • STEP.4
    薄毛になる
    臭いの原因となる。

 

ワキガや体臭を予防するためのシャワーやお風呂の入り方!~おうちで簡単汗腺トレーニング~

 

 

先生

テキスト
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
リスト

スクラブ入りの洗顔フォームは『一時的に流行った』けど、それは=真理ではないっていうわかりやすい事例だね!

うーむ!

 

 

この章のまとめ
  • スクラブ入りの洗顔フォームなどで肌をゴシゴシ傷つけながら洗うのは、不自然極まりない。

 

 

最も優れているのは固形石鹸

 

また、酵素洗顔やピーリング以外にも、専門家が勧めている洗顔方法があります。『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

ーーー

どんな洗顔料を選んだらいい?

 

最近では、肌にうるおいを残す洗顔料や美白の洗顔料など、汚れを落とす以外の目的もプラスアルファされたものが多く出回っています。ですが、洗顔料は洗い流してしまうものなので、保湿や美白などの成分が配合されていたとしても、全部すすぎのときに水に流されてしまいます。ですから洗顔料を選ぶときは、あくまでも汚れをしっかり落としてくれるものを選びましょう。

 

一番のおすすめは、シンプルな固形石鹸。なぜかというと、しいかりと汚れた落ちて、肌に余分なものが残らないからです。

ーーー

 

洗顔料には、

 

固形石鹸

洗顔フォーム(クリーム、リキッド)

パウダータイプ

泡タイプ

泡立たないタイプ

 

とありますが、専門家が推奨するのは断然『固形石鹸』です。この問題には、下記の記事で再三再四考えたのですが、『合成界面活性剤』という成分が関係しています。

018.スキンケア

019.化粧水 020.保湿 クリーム 024.乳液 037.ニキビ メイク 048.ニキビ フェイスパック 123.オイル美容

 

例えば、『落ちないメイク』などを落とすためにクレンジング剤を使っている人が見るべきなのは、以下の流れです。

 

step

落ちないナノテクメイクをする

強いクレンジング剤でないと落ちない

ニキビ

クレンジング剤に入っている合成界面活性剤が皮膚のバリアを破壊

バリアが壊れているので水分が蒸発しやすくなる。

保湿化粧水をつけてカバーしようとする

ニキビ

保湿成分と同時に合成界面活性剤も入れることになる

一時的に壊れたバリアの部分から皮膚に水分が入る

しかしバリアが壊れているのですぐに蒸発する

乾燥肌になる

ニキビ

外部のばい菌が毛穴にある皮脂やアクネ菌と混じり、炎症する

ニキビができる

ニキビ

あるいは悪化する。

 

クレンジング剤や洗顔料に含まれている合成界面活性剤は、肌のバリア機能を破壊します。すると、その破壊された部分に化粧水や保湿液が入り、一時的には保湿ができるのですが、バリアがないわけですから、すぐに蒸発してしまいます。するとすぐに乾燥し、逆に乾燥肌になるわけです。また、バリア機能がないため、ニキビにもなりやすくなるんですね。

 

しかし、固形石鹸であればこの問題を解決します。合成界面活性剤が含まれていないからです。合成界面活性剤の害悪性を説く専門家は実に多くいますが、その人たちは皆口をそろえて、固形石鹸の有効性を説きます。

 

例えば、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』にはこうあります。

ーーー

肌のきれいを損なわずにメイクを楽しむーその方法は、ただひとつ。お湯や石鹸だけですっきり落ちるメイクアイテムを使うことです。合成成分を使わず、天然原料で作られているナチュラルコスメやミネラルコスメがそれにあたります。

ーーー

 

あるいは、『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはこうあります。

ーーー

洗顔は水かぬるま湯で十分

 

(省略)脱・洗顔料を提案する最大の理由は、洗顔料を使って顔を洗っているかぎり、本来の肌のもつ優れたバリア機能を取り戻すことが難しいからです。

 

ぬるま湯で落とせる化粧品を使う

 

(省略)『クレンジングも石鹸も使わないで、どうやってメイクを落とせばいいの?』というものです。この疑問を解決するためには、逆転の発想が役立ちます。つまり、『クレンジングや洗顔石鹸を使わなくてもよい化粧品を使う』という発想です。

ーーー

 

『バカがつける化粧品―あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、40・50代でカサカサ・シワシワ (危険警告!Books)』にはこうあります。

ーーー

石鹸で洗顔すると、石鹸の脂肪酸が皮膚の表面に残ります。皮膚の常在菌はそれもエサにしています。哺乳類の皮膚に住むようになって少なくとも7000万年の間、皮膚表面の油脂、脂肪酸、炭化水素、コレステロール、落屑などを餌にして常在菌は生きてきたのです。

 

しかし、合成ポリマーの登場で、常在菌の環境は一変してしまいました。洗顔フォームとかクレンジングオイルという合成洗剤で皮脂を根こそぎ洗い流して、エサを奪い、しかも合成ポリマー製の美容液や乳液で皮膚を覆っているのです。脂の中で生活してきた生物に、合成樹脂の中で生きろといったって、それは無理です。

ーーー

 

固形石鹸どころか、『洗顔は水かぬるま湯で十分』という専門家もいますね。彼らの本を読むと、彼らが『個人的な利益』に支配され、何らかの団体と『癒着』しているようには見えません。ただ、専門家として誇りをもって、真実を伝えているということが伝わってきます。ことメイクに関しても、

 

湯や石鹸だけですっきり落ちるメイクアイテムを使う

ぬるま湯で落とせる化粧品を使う

 

等で意見が一致していて、説得力がありますね。ここまで肥大化した人間社会を、今さら『自然化』させることは不可能です。車も電気も、パソコンもテレビも、その製造と使用、そして廃棄の際には、元々自然にはなかった影響を、人間や自然に与えることになります。

 

しかしそんな中、『ぬるま湯で落とせる化粧品を使う』とか、『害の少ない固形石鹸を使う』とか、そういうことであれば、完全に自然とは言い切れないまでも、ごく自然に近い行為だと言えるでしょう。つまり、先ほどのドクターシーラボの洗顔の動画も、結局は自社の洗顔フォームの話をしているわけですから、この話から逸れてしまうことになります。

 

それよりも、正しい洗顔方法は下記の動画で説明している方法です。時間がかかりますが、肌への影響を考えたら、一つ一つの行動はこれくらい丁寧になります。固形石鹸を使っていますね。同じ『泡立て』でも、合成界面活性剤が入っていない石鹸を使っているかどうかは、雲泥の差です。

 

 

064.石鹸 効果

 

 

先生

テキスト
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
リスト

詳しくは上記の石鹸の記事を見てもらえればわかるけど、とにかく石鹸とほかの化粧品の間には大きな境界線があるよ!

うーむ、なるほど!

 

 

この章のまとめ
  • 一番のおすすめは、シンプルな固形石鹸。

 

 

合成洗剤の罠

 

下記の記事にも書きましたが、

 

抜け毛が増える原因はシャンプー剤にあり?発展した日本にある裏事情

 

『アトピーは合成洗剤が原因だった!』にはこうあります。

ーーー

最大の原因は合成洗剤だった

(省略)1976年(昭和51年)頃から、合成シャンプーや台所用洗剤が次々に登場し、またたくまに合成洗剤の国内消費量は、それまでの主流だった石鹸を上回るようになりました。電気洗濯機ブームが起こり、日本中の下水や河川に泡だらけの排水が流されるようになったのもこの時代です。

人々は、便利で手ごろな合成洗剤や合成シャンプーを手に入れたことで、文化的な生活イコール清潔な生活といわんばかりに、毎日のように入る入浴習慣を、当たり前のことのように日常生活のなかに定着させていたのです。

その一方、時代をほぼ同じくして少しずつ症例が目立つようになってきた不思議な皮膚病、それがアトピー性皮膚炎でした。

ーーー

 

ニキビ

人間に欲望がある限り、これからも利便性の追求は行い続けるでしょう。しかし、それと同時に失っていくものもあるという事実から目を逸らしてはなりません。例えば下記の記事に書いた、youtuberの『かわにしみき』さんが出している動画ですが、

 

019.化粧水

ニキビ 使用方法 予防 効果(かわにしみき2)

 

そこで紹介している化粧水はその記事に書きました。そしてこの動画をよく見ると、彼女はその化粧水への印象で、

 

 

『香りがいい』

 

というコメントをしています。洗顔料や化粧水等のスキンケア用品を、香りや好きなモデルが使っていたから等の理由で選ぶことがありますが、その考え方はもしかしたら、『甘い蜜には毒がある』ということなのかもしれません。洗顔・洗体・洗髪方法を改めることで、

 

薄毛

ニキビ

体臭

肌荒れ

アトピー性皮膚炎

 

等が治る事例はいくつもあります。今一度正しい洗顔について、じっくり考えてみましょう。『保湿とUVケアだけが美肌を作る』にはこうあります。

ーーー

『使い勝手がいい』=『肌にいい』ではありません。むしろ使いやすい、使い心地がいいものは、そう思わせるために成分が操作されていることもある。このことをわすれないでください。

ーーー

 

この決定的な事実を忘れないようにしましょう。

 

 

先生

テキスト
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
リスト

利便性の追求を追うのはいいんだけど、エゴに走ってエコを忘れ、真理から逸れるなら破滅することになるだろうね!

うーむ、深い!

 

 

この章のまとめ
  • 人間に欲望がある限り、これからも利便性の追求は行われるが、『甘い蜜には毒がある』。