ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

白ニキビができる原因は?正しいスキンケアで予防と対策をしよう

白ニキビができる原因は?

皮脂が毛穴から詰まって出られなくなるからです。

毛穴は閉じたまま溜まったまま皮脂が盛り上がって、表皮から皮脂が白くポツンと見える状態が白ニキビです。

先生

ニキビと言ったらまずはこの白ニキビを思い浮かべる人が多いよね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ニキビの段階とは

 

ニキビ

下記の記事に『黒ニキビ』について書きましたので、今回は『白ニキビ』についてまとめていきます。これらの状態はほぼ似ているので、基本的な考え方は同じになります。記事にも書きましたが、

 

029.黒ニキビ 原因 予防方法(ビタミンACE(エース))

 

専門家によって段階は別れていますが、『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)の著者の場合、1~5までの段階をつけていて、下記のようになっています。

 

  1. ニキビ準備中
  2. ニキビの誕生
  3. 白・黒ニキビ
  4. 赤ニキビ
  5. ニキビ痕

 

※ヨメレバ

 

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』の著者ならこうですね。

 

  1. ニキビのでき始め
  2. 白ニキビ
  3. 黒ニキビ
  4. 赤ニキビ

 

※ヨメレバ

 

基本的にはこのような段階がつけられていて、そのうち『白ニキビ』というものは、ニキビのでき始めの段階であり、次の黒ニキビの前段階の位置づけにあるニキビです。ですから、『白・黒ニキビ』と同じ段階でまとめている専門家がいるくらいなので、考え方は基本的には同じなのです。

 

『ニキビちゃんこそ美人になれる』にはこうあります。

白ニキビと黒ニキビ

 

毛穴が詰まって出られなくなった皮脂は、表皮の下で溜まっていき、2種類のニキビになります。毛穴は閉じたまま溜まったまま皮脂が盛り上がって、表皮から皮脂が白くポツンと見える状態が白ニキビです。詰まった皮脂が毛穴を押し広げ、皮脂が空気に触れて酸化し黒く見える状態が黒ニキビです。

 

毛穴が開いてその中に皮脂と古い角質とが交じり合った汚れが詰まった状態。あるいは、皮脂が空気に触れて酸化し黒く見える状態が黒ニキビだと、各専門家は言います。では一度、白ニキビと黒ニキビの違いをまとめてみましょう。

 

白ニキビと黒ニキビの違い

白ニキビ ニキビの中の皮脂が空気に触れていない状態
黒ニキビ 空気に触れて埃や皮膚表面のアカなど酸化物がくっついた状態

 

一番わかりやすいのは、『白ニキビはまだ空気に触れていない』という解釈です。黒ニキビは空気に触れて汚れているわけですからね。この時期のニキビだと、まだホームケアだけで治せる範囲です。赤ニキビまで進んでしまうことを何としても避けたいんですね。

 

015.赤ニキビ 原因
031.ニキビ 茶色 シミ
002.ニキビ痕 消えない
047.ニキビ クレーター

 

黒ニキビの記事に、

 

  • 紫外線
  • 潰し方
  • 食事
  • 化粧
  • ビタミンエース

 

等についてまとめてありますので、基本的にはそこに書いた内容を順守すれば、この白ニキビの対策もバッチリです。『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)にはこうあります。

ニキビの程度としては、黒ニキビの方が重いといえます。白ニキビから黒ニキビへ移る場合もありますし、はじめから黒ニキビができる場合もあります。

 

黒ニキビは空気に触れて、酸化した状態の為に黒ずんでいて、白ニキビよりは悪化している状況だと言えます。ですから、なるべく白ニキビの段階で治療したいところなのですが、実は『いきなり黒ニキビになる』ケースもあるので、それは何とも防ぎようがないところなんですね。ですから基本的な予防と対策は、『白と黒』両方が同じ考え方になるということになるわけです。

 

しかし、私の場合ですが、いきなり黒ニキビが出来たことは一度もありません。必ず最初にこの白ニキビができます。こういう例はきっと多いことでしょうから、ここではこの白ニキビを『ニキビの一番初期段階』と考えて、

 

  • 白ニキビができないように
  • 白ニキビになってしまったら

 

という考え方で、予防と対策をまとめていきます。

 

先生

白ニキビはニキビの一番最初の段階だね!この段階で治ることもあるし、悪化して次の段階に進むこともあるんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『白ニキビ』は、ニキビのでき始めの段階であり、次の黒ニキビの前段階の位置づけにあるニキビ。
  • ニキビの中の皮脂が空気に触れていない状態。
  • なるべく白ニキビの段階で治療したい。

白ニキビの予防と対策

では一体何を最適化すればいいのでしょうか。まず最初に、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる
     
  • STEP.2
    男性ホルモンの分泌が盛んになる
     
  • STEP.3
    皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される
     
  • STEP.4
    洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される
     
  • STEP.5
    常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する
    『白ニキビ』の段階。 

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

001.思春期ニキビ 原因(ホルモンバランスの乱れ)

 

やはり『皮脂』が大きな原因の一つだということがわかります。では、皮脂の分泌だけに気を付けていればいいでしょうか。ここで、ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

 

ニキビができる原因(外因性)

 

その他

 

実は、ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

ニキビの出来る理由は複雑

 

(省略)ニキビは必ずしも皮脂が多いからできるわけではありません。その証拠に、乾燥肌の人でも大人ニキビはできるのです。また、皮脂の少ない頬にだけできる人もいます。

 

(中略)ニキビの原因を知りたい気持ちはよくわかりますが、あまりにも複雑にからみあっているので、原因を簡単には特定できないケースが多いのです。ニキビが慢性化している人は、スキンケアだけでは治らないことが多いので、皮膚科で早めに受診してください。

 

  • ニキビは必ずしも皮脂が多いからできるわけではない
  • 乾燥肌の人でもニキビはできる
  • 皮脂の少ない頬にだけできる人もいる
  • ニキビの出来る理由は複雑

 

と出てきましたね。『ニキビは必ずしも皮脂が多いからできるわけではない』のです。つまり、白ニキビを作らないように予防しようとしたり、あるいは黒ニキビや赤ニキビへと移行しないように対策をしようと思っても、単純に皮脂のコントロール、例えば、

 

  • 高脂肪食品を摂らない
  • 洗顔で皮脂をしっかり落とす

 

等のことに注意していても効果がありません。そこにあるニキビの原因のすべての要素を最適化する必要があるのです。例えば、いくつかの要素についてまとめた記事をしたに貼りますが、これを全て理解して最適化する必要があるのです。

 

021.睡眠不足 ニキビ ケア 予防方法
106.揚げ物 油もの 食べる ニキビ 注意スナック菓子

003.ニキビ 原因 運動不足 関係
004.ニキビ 原因 タバコ 関係 禁煙対策(角質細胞間脂質)(テストステロンのはたらき)

 

つまり、

 

俺は高脂肪食品を摂らないから、タバコも吸うし、夜更かしもするし、運動もしないで一日中パソコンとゲームをいじって遊びまくるぞ!

 

ニキビ

と思っている人がいるのであれば、本末転倒なわけですね。また、生理等の自分の力ではどうしようもない現象もあるわけです。自律神経やホルモンバランスを自由にコントロールできる人はほとんどいませんからね。

 

007.ニキビ 生理前 予防 対策(かわにしみき)

 

先生

だから、この白ニキビすら作らないように意識したって、できるときはできちゃうんだ!ニキビの原因はかなり複雑だからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
この章のまとめ

  • ニキビは必ずしも皮脂が多いからできるわけではない。

ニキビはワキガのように手術できない

皆、それらの正常化の為に、

 

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • 排泄
  • ストレス

 

5大要素を最適化することに気を付けています。暴飲暴食をしていて、運動睡眠不足、デトックス(解毒)がままならず(便秘等)、ストレスが溜まる毎日を送っている人は、いくら必死に洗顔で皮脂を洗い落とそうと努力しても、ニキビを防ぐことはできません。それが『ワキガ』との違いですね。

 

 

上記の記事にも書いたように、下記の動画は、この分野の権威である五味先生が出している『ワキガを完全に治す方法』です。

 

 

動画では、

 

アポクリン腺は手術をすれば、完全に、100%取れる。ただ、アポクリン腺には根っこがあり、それを残すので再発する可能性がある。だから、根こそぎ完全にとれば、ワキガ臭は完全に、永久的に取れる。ついでに多汗症も治る。

 

と言っています。つまり、この先生が推奨する『直視下剥離法』(五味法)であれば、傷痕が残る代わりに『ワキガ臭は完全に、永久的に取れる』と言っていいでしょうね。ワキガの場合、『アポクリン腺』というワキにある汗腺を切除すれば、もうワキガ臭が出ることはないのです。

 

しかし、ニキビの場合はこのような対策がありません。何かを切除したら一生ニキビが出なくなるというような、そういう治療法はないんですね。もちろんワキガに悩む人とて、その5大要素をぞんざいにすることはNGです。人としてのホメオスタシスが保てなくなりますからね。

 

ホメオスタシス
人間が正常でいるための機能。

 

しかし、ことワキガ臭ということで言えば、手術でそれがもう治るんですね。しかしニキビの出来る理由は複雑ですから、何か一つを対策したところで、防ぎきることはできないのです。それを理解することが何より大切ですね。

ニキビ

 

先生

手術によって改善できる問題とそうじゃない問題があるけど、ニキビの場合はできないね!どこをどう手術すれば治るということではないからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
この章のまとめ

  • ニキビはワキガのように手術できない。

下向きに考えるのは間違い

面倒だな…

 

と下向きに考えるのは間違いです。正しいのは、

 

うむ。結局それで、ありとあらゆるメリットを得られるか!

 

という考え方です。その5大要素の最適化をすることの恩恵は計り知れませんからね。例えばストレス一つ取ってみてもそうです。

 

 

  • ED
  • ワキガ
  • ニキビ
  • 薄毛
  • うつ病

 

等、様々な問題を引き起こす原因となるのです。更にストレスについて調べるために見るべきなのは以下の記事です。これ以上ネット上でストレスの害悪について書いた記事はないでしょう。

 

 

先生

それらの関する記事を全部載せようと思ったら、このサイトだけでも膨大な量の記事を張らなければならないよ!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 5大要素の最適化をすることの恩恵は計りしれない。

取るべき対策はたくさんある

また、

 

  • 脂性肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

 

という肌タイプによって微妙に違う予防と対策も、記事にまとめていますので併せてご確認ください。

 

025.脂性肌 ニキビ 予防 対策方法
026.混合肌 ニキビ 予防 対策方法

011.ニキビ 敏感肌 予防 対策
012.ニキビ 乾燥肌 予防 対策(セラミド系全一覧)

 

それらの記事を見ればわかりますが、スキンケアにも注意が必要です。

 

  • STEP.1
    落ちないナノテクメイクをする
     
  • STEP.2
    強いクレンジング剤でないと落ちない
     
  • STEP.3
    クレンジング剤に入っている合成界面活性剤が皮膚のバリアを破壊
     バリアが壊れているので水分が蒸発しやすくなる。
  • STEP.4
    保湿化粧水をつけてカバーしようとする
     
  • STEP.5
    保湿成分と同時に合成界面活性剤も入れることになる
     
  • STEP.6
    一時的に壊れたバリアの部分から皮膚に水分が入る
     
  • STEP.7
    しかしバリアが壊れているのですぐに蒸発する
     
  • STEP.8
    乾燥肌になる
     
  • STEP.9
    外部のばい菌が毛穴にある皮脂やアクネ菌と混じり、炎症する
     
  • STEP.10
    ニキビができる
     
  • STEP.11
    あるいは悪化する。
     

 

間違ったメイクをすると、それだけの理由でニキビが出来やすくなります。それだけではありません。

 

  • STEP.1
    『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』
     
  • STEP.2
    肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す
     
  • STEP.3
    角質層は過剰な水分が与えられることで水浸しの状態になり、結果的にはバリア機能を低下させる
     
  • STEP.4
    皮膚は水分を失って乾燥肌になる
     
  • STEP.5
    あるいは、皮脂が過剰分泌されニキビの原因となる。
     
  • STEP.6
    乾燥肌が原因でニキビになる
     

 

化粧水を塗ることだけでもそうなのです。つまり、

 

  • メイク(落ちないメイク)
  • クレンジング
  • 美容液・化粧水
  • 美容パック

 

そのすべてのスキンケアが、逆にニキビの原因となる可能性があるのです。

 

018.スキンケア
019.化粧水
020.保湿 クリーム
022.洗顔
024.乳液
037.ニキビ メイク
048.ニキビ フェイスパック
123.オイル美容

064.石鹸 効果

 

先生

化粧品は乾燥を避けて、美肌になるために使うものだけど、それが実は逆に乾燥肌を作っていると知ったらどうかな?
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 化粧品の真実を理解する。

もしかしたら根本からスキンケアを考え直す必要があるかもしれない

ここではそれらの記事には載せなかった本の内容を載せましょう。『ニキビちゃんこそ美人になれる』にはこうあります。

無添加化粧品、植物由来成分はお肌にいいの?

 

(省略)1982年、販売されるすべての化粧品について、当時の厚生省により『アレルギーなどを起こす恐れのある成分(102品目)』の表示が義務付けられました。(中略)2011年4月には、販売されるすべての化粧品について、全成分の表示を義務付けられました。

 

(中略)無添加化粧品とは、この表示指定成分(102品目)を使用していない化粧品を指します。つまり、102の表示指定成分に指定されていない化学物質や毒性物質は、使用されている可能性があるのです。表示指定成分に含まれていない、体に有害な合成界面活性剤や防腐剤が含まれている場合もあります。

 

『指定されていない化学物質や毒性物質は表示しないで販売する』なんて、まるでかつての『危険ドラッグ』ですね。あれがまだ『合法ドラッグ』としてネットで販売されているとき、そのいたちごっこが問題になっていましたね。

 

 

合成界面活性剤というスコップで皮膚に穴を掘り、一時的にその穴に水を溜めれば、水分があるように見えます。しかし、膜を失ったその穴にある水分は、すぐに蒸発して消えます。水溜まりがすぐに蒸発するのと同じです。すると、そこにあるのは『乾燥肌』です。バリア機能を失ったその肌は、抵抗力がなくなっていてニキビや肌荒れのリスクが高くなってしまうわけです。

 

ニキビ

人には『天然の保護クリーム』である『皮脂』があります。『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはまさに、その皮脂こそが『10万円のクリームより効く天然の保護クリーム』だとあります。

 

※ヨメレバ

 

スキンケア商品は星の数ほどあります。それを紹介する人も星の数ほどいます。しかし、すべての人間の意見は、必ずしも正しくありません。正しい知識を入れ、正しいスキンケアをすることが求められています。そうじゃなければニキビはできます。つまり、白ニキビを作ってしまいますし、そのまま次の段階へと進行させてしまうでしょう。

 

 

考えることはたくさんあり、実に複雑な構造をしていて、まるで『迷路』です。その迷路でさまよう人が多いことをいいことに、数々の『有害物質が入った化粧品』が蔓延しているのが現実です。あなたのスキンケアは本当に正しいと専門家に胸を張って言えるでしょうか?言えるならそのスキンケアを続けましょう。

 

先生

ニキビとは無縁の人々がいるんだ!その人たちは思春期でさえもニキビができない!一体何がニキビの原因なんだろうね!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ニキビができる原因は相当深くまで探らなければ見つからない。