ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ニキビを潰すと治りが早いケースとは?っていうか潰してもいいの?

ニキビを潰すと治りが早いケースとは?っていうか潰してもいいの?

基本的にニキビは触ってはいけません。ばい菌がうつってニキビが悪化するからです。

しかし、ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治ることがあります。ただし、炎症を起こして、いわゆる『赤ニキビ』状態になったニキビは決して自分ではさわらないでください。

先生

年齢によっても答えは異なるね!10代であれば無理につぶしてもニキビ痕にならないこともあるし!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ニキビは潰してもいいの?

ニキビ

下記の記事に書いたように、基本的にニキビは触ってはいけません。ばい菌がうつってニキビが悪化するからですね。ニキビは内からの治癒力だけで治すよう心がけることが最善です。放っておくのが一番です。

 

005.ニキビ 触る 癖 悪化 対策

 

では、『ニキビをつぶす』のはどうでしょうか。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

専用の器具などを使って上手に『コメド』を押し出す

 

『ニキビをつぶすと痕が残る』と思っている人は多いでしょう。しかし、ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治ることがあります。

 

毛穴に皮脂が詰まった状態をコメドと言いますが、この段階で上手に芯だけを押し出すようにします。爪で押すと雑菌が入るので、薬局で手に入る『コメドプッシャー』という専用の器具を使います。これがない場合は、清潔な綿棒2本で挟んで押してみます。お風呂上りなどの肌がやわらかいときにやさしく押し出すのがコツです。

 

ただし、炎症を起こして、いわゆる『赤ニキビ』状態になったニキビは決して自分ではさわらないでください。

 

ニキビの潰し方にはコツがあるわけですね。ポイントは以下の通りです。

 

  • ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治る
  • 『コメドプッシャー』か清潔な綿棒を使う
  • 『赤ニキビ』状態になったニキビはつぶさない

 

コメドプッシャーや綿棒というのは例えば、以下のような商品のことです。

 

 

注目するべきなのは、やはりこの際にも『ニキビを手で触るのは控えるべき』だという注意が存在するということです。ただ、私などは面倒なので手で触って潰すことがありますが、それで問題ないことがあります。しかし、王道の答えは『NG』です。それでニキビが悪化しても自分の責任となるので注意しましょう。

 

ただ、どう考えたってシャワーを浴びているときやお風呂上りなんかに鏡を見て、白いポツンとしたものが浮き上がっていたとき、指で挟んでちょっと押し出そうとするだけで、にゅっとその中身が出てくることがあります。そういうときは、器具や綿棒ではなく指で押し出すことになるわけで、『結果的に指で出してしまうこと』はあるでしょう。

 

 

ニキビ

先生

高齢になるとニキビを潰そうと思っても潰せなかったりする現象が起きるよ!だから無理に潰そうとしないほうがいいね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 基本的にニキビは触ってはいけない。
  • ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治ることがある。
  • 『赤ニキビ』状態になったニキビは決して自分ではさわらない。
  • 『コメドプッシャー』か清潔な綿棒を使って潰す。

果物に収穫時期があるように、ニキビにもつまみ出す時期がある

『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)にはこうあります。

ニキビの中身を出す(第2期のニキビ)

 

ニキビができると、つい手で触ってしまう人が多いでしょう。とくに、顔にできるニキビは目につくので、無意識のうちについつぶしてしまう人がいます。しかし、手でニキビをつぶせば、ニキビ痕を残してしまうことになってしまいます。

 

ところが、ニキビを治す近道の一つとして、正しい方法でニキビの中身を出す方法があります。(中略)どんなにニキビをつぶすのが好きな人でも、まだニキビの形ができていない第0期や、ごく初期の第1期のニキビではうまくいかないはずです。なぜなら、つまみ出すべきコメドがまだ出来上がっていないからです。果物に収穫時期があるように、ニキビにもつまみ出す時期があるのです。

 

第2期のニキビになると、ニキビの中にコメドが出来上がっているので、ニキビの中身を出すことができます。中身さえ上手に出してしまえば、ニキビを第3期に悪化させないですみます。

 

やはりこの著者の場合も『指、爪で押し出す』ことを強く否定しています。もしそれでも指や爪で押し出したいという人は、ニキビ痕になったり炎症を起こしてしまうことがあることを覚悟しましょう。またこの著者の場合、ニキビができる段階を1~5までの段階をつけていて、下記のようになっています。

 

  • 0.ニキビ準備中
  • 1.ニキビの誕生
  • 2.白・黒ニキビ
  • 3.赤ニキビ
  • 4.ニキビ痕

 

つまり、第2期のニキビである『白・黒ニキビ』の段階でニキビをつぶすことが推奨されているんですね。その点においても、先ほどの『赤ニキビの段階をつぶさない』という意見と一致しています。やはり、赤ニキビにまでニキビを進行させるのだけは避けたいんですね。下記の記事に赤ニキビの対策について書きましたが、結局は『赤ニキビにさせないことが何よりも重要』だとまとめています。

 

015.赤ニキビ 原因 治し方 予防方法(ニキビの進行プロセス、白~赤ニキビ)(様々なニキビ対策まとめ)

 

そうなってくると、更に白・黒ニキビの段階で解決したいですね。もちろんこれで言うと『第0段階』で何とかしたいのです。

 

029.黒ニキビ 原因 予防方法(ビタミンACE(エース))

030.白ニキビ 原因 予防方法

 

動画で言えば、この方の意見は正しいものとなっていますね。

 

 

また、もし200倍のアップでニキビが潰れるシーンを見たい方はこの動画を見てみましょう。(見る勇気があればですが)

 

 

先生

昔は白いポツンがあっただけで潰せたけど、30代を超えてくるとその状態でも中身が出てこない現象が起きるよ!無理に潰しちゃダメなんだ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 果物に収穫時期があるように、ニキビにもつまみ出す時期がある。

用意する道具と手順

『ニキビのことならまかせなさい』の著者は、ニキビをつぶすときに用意する道具として、下記を挙げています。

 

  1. コメドプッシャー
  2. 先の細いピンセット
  3. 肌色の消毒済みのテープ
  4. ニキビ用のローション
  5. 綿棒

 

本にあるニキビの潰し方の流れをまとめてみましょう。

 

step

ばい菌がニキビにつかないよう、温かいシャワーを浴びて洗顔する

ニキビ

冷たいタオルで10分間ほど冷やし、ほてりを冷ます

冷えたのを確認し、乾いた清潔なタオルで肌の水分を取る

水気を押さえるように優しく。

コメドプッシャーとピンセットを約30秒、煮沸消毒する

コメドプッシャーを皮膚に対して垂直に当て、軽く5秒間ずつ押す

これを同じ個所に3回繰り返す。

コメドが出て来たらピンセットでつまみ出す

ニキビ

ニキビ治療用の薬を毛穴につけて、肌色のテープを貼る

ゆっくり休み、次の朝テープをはがし、シャワー洗顔をする

 

煮沸消毒をするなど、とにかく清潔にすることを徹底していますね。どの薬を塗るかとか、どのタイミングで潰すかとか、そういうことを最適化したい場合は、やはり皮膚科に任せた方が確実でしょう。ニキビの数が多い場合などは余計にそうですね。もし間違ったらニキビ痕だらけになってしまうので、人によっては自分でやらない方がいいでしょう。

 

もし、1,2個の軽いニキビで、ニキビ体質じゃない人が潰す場合は、このあたりの中身は少しゆるくても悪化のリスクも少ないでしょう。清潔に行い、手順を間違いさえしなければ、どんなニキビ薬であろうがテープだろうが、何を使ってもそう大きなリスクはありません。

 

また、先ほども言ったように、温かいお風呂に入ったあとなどは毛穴が開いて、鏡を見たらニキビの中から白いポツンとしたものが浮き出ているときがあります。そのときは、ちょっと指で挟むだけで中身が出てくることがありますので、このような手順を踏まずともニキビの中身を出すことができる場合があるでしょう。その際も、清潔にケアをすることに注意を払ことが肝心です。

 

先生

清潔さもそうなんだけど、潰したあと、そこが『傷跡』のように色素沈着をする可能性が怖いんだ!だから無理に潰したくないんだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 潰す際はとにかく清潔にすることを徹底。

汗腺トレーニングで毛穴を開ける

また、下記の記事にも書いた『汗腺トレーニング』によって更に毛穴が開くことがあります。

 

  • STEP.1
    高温で手足浴(43~44℃)
    まず湯船の3分の1か、4分の1の集めのお湯で、ひざ下とひじ下を15分つける。
  • STEP.2
    微温で半身浴・全身浴(36℃程度)
    ぬるま湯で15分(お酢を入れると効果的)
  • STEP.3
    風呂上がりに
    お風呂上りは、自然に汗が蒸発するのを待ち、衣服を着ない。扇風機やエアコンで強制的に冷やさない。くつろぎながらショウガドリンクなどで水分補給をすると、更に汗腺機能がアップする。

033.ニキビ 汗 原因 関係 予防方法

 

私の場合、赤ニキビが出来たときにこれをやったのですが、なかなか中身が出てこない赤ニキビの中から、白いポツンとしたものが浮き出るのを確認しました。赤ニキビの中では、ばい菌とそれに抵抗する肌との戦争が行われている状況ですから、その戦によって出た『死骸』がそれに該当するわけです。

 

死骸は片づけてあげた方が残りの戦もやりやすくなります。この場合、あくまでも清潔さを意識して、中身を取り出すといいでしょう。私の場合はその後に徐々に回復していきました。今まさにそれが治っている途中でこの記事を書いているのですが、ほんのわずかなシミがあるくらいで、ほとんど治りました。このシミ自体も完全に消えるかどうかわかりませんが、3か月もあれば答えが出るでしょう。また追記します。

 

※何らかのboxで↓

追記:

これから1か月が経ちましたが、まだ完全には消えていません。しかし、ほくろがあるか、何もないかというところまで回復しました。もしかしたら黒く小さい点が残るかもしれませんが、まあ気づけば変なところにほくろができるのが人生ですから、その程度のレベルでしょう。

 

先生

お風呂も汗腺トレーニングであれば長時間入っていられて毛穴がより開くからね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • お風呂に入れば毛穴が開いて潰しやすくなる。

細菌の侵入口を作る?

ただ、下記の動画ではニキビをつぶすことは反対しています。細菌の侵入口を作ってしまうので、それが原因でニキビが悪化するというんですね。つぶすくらいなら、『ティーツリーオイル』を塗ってニキビの中を殺菌する方がいいということです。しかしこの『ブライトサイド』というサイト、あまり評判がよくありません。

 

 

step

顔を洗う

少量のティーツリーオイルを綿棒につける

ニキビに直接塗りする

一晩置く

 

これで翌日にはニキビがとても小さくなることを実感すると言います。

 

 

また、玉ねぎやアスピリンについても記載されています。

 

step

玉ねぎを分厚く切る

直接ニキビに塗る

10分置く

 

 

step

アスピリンを2、3錠粉々にする

水を数滴混ぜ合わせる

ペースト状になったものを直接ニキビに塗る

10分置く

 

 

その動画のクオリティが高いことからつい信用してしまいましたが、どうも『誤字』が多いので首をかしげていると、『ネットで検索してみましょう』などという文言がよく出てきます。それで妙だと思って更に調べると、このブライトサイドというチャンネルは、ネットの情報をただ読み上げているだけだという噂が耳に入ってきました。

 

このような情報は、専門家が言っているのかどうかわかりません。本当にニキビに効くのであれば、専門家たちが本でそれを書くはずですが、こういう情報については全く触れていないのです。したがって眉唾物の噂の可能性がありますね。そもそも専門家は『ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治る』と言っているのですから。

 

先生

ただやり方を間違えると言ったようにニキビ痕ができるから、そのあたりの問題が非常に難しいね!
うーむ、たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 専門家は『ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治る』と言っている。

失敗から学ぼう

さて、ここまで考えた後これらのポイントをまとめると、

 

  • ニキビの出来始めに上手につぶせば、かえってきれいに治る
  • その出来始めとは『白・黒ニキビ』の段階のことである。
  • 『コメドプッシャー』か清潔な綿棒を使う
  • やってみて無理そうなら無理につぶそうとしない
  • 『赤ニキビ』状態になったニキビはつぶさない
  • 無理矢理やるとニキビ痕になることを知る

 

ということになります。このポイントを押さえて、自分で無理そうなレベルのニキビなら無理にやらずに専門医にゆだねましょう。私もニキビ痕が残ってしまっているのですが、このいくつかは、無理矢理ニキビをつぶして失敗してしまったものです。

 

私の場合、10代からニキビが出来たときは、先にちょっと白いポツンとしたものが出ている状態(白ニキビ)で、いつも力任せに押し出して潰していました。しかし、30歳を過ぎたあたりからは、なぜかこのやり方が通用しなくなってきました。

 

ニキビ

私は猪突猛進型なので、それでも力任せにつぶすのですが、いつもなら潰れていいはずの力を加えてもただニキビが赤く炎症して、挙句の果てには中身ではなく『血』が出てきてしまう始末。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

加齢とともに肌が硬くなりシミができやすくなるのはなぜ?

 

肌は表皮のターンオーバーによって定期的に生まれ変わることで、若々しさを保っています。基底層で表皮細胞が生み出され、角化してはがれ落ちていくまでの期間は、20代で約28日間です。ところが、加齢とともにこの速度は遅くなり、40代では約40日かかるようになるといわれています。

 

ターンオーバーの速度が落ちると、表皮が薄くなる一方で角質細胞がたまり、角質層が厚くなっていきます。死んだ細胞の層が厚くなるわけですから、肌は硬くなり、くすんで見えるように。また、肌の再生が遅くなるためにシミが残り、ニキビなどができても治りにくくなるのです。

 

私の場合、このターンオーバーの低下がその現象に関係していると考えられます。肌の再生が遅くなってしまっているので、もう10代のような無茶な真似はできないということなんですね。ですから、そのようにして無茶な方法をやめることがなかった私は、ニキビ痕という『失敗の傷跡』を残すことになってしまったわけです。

 

ただ、なってしまったものを過度に気にしても仕方ありません。どうせ人間最後には必ずよぼよぼになって死ぬのです。いつまでも10代の若々しさを維持することはできない。

 

イギリスの作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンは言いました。

 

人は色々と自分で挑戦して失敗し、学んでいくものです。この場合、学んだところでニキビ痕は消えないし、あるいは老化を防ぐことはできません。しかし、そうやって一歩一歩死へと近づいていくことを実感することで、自分の唯一無二の命の尊さを知り、毎日の重要さを思い知るのではないでしょうか。

 

 

先生

失敗をしない人なんかいないからね!猫だってこないだ塀を飛び越えるのを失敗して落ちてたよ!不完全でいいんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
この章のまとめ

  • 人間は失敗をして成長していき、最後には必ず死を迎える。