ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

キウイがニキビに効くのはビタミンCだけじゃない!皮も摂りたいからスムージーにしよう!

キウイがニキビに効くの?

はい。キウイには豊富なビタミンCが含まれていて、抗酸化作用とコラーゲン生成に期待できます。また、不眠症や便秘の改善にも有効で、医師が『処方する』ほどです。そのすべての解決が、ニキビ対策となります。

先生

キウイは優秀な果物だからね!なかなか食べる機会がないかもしれないけど、ぜひとも積極的に食べていきたいね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ビタミンCがなければコラーゲンが作れない?

 

ニキビ

 

キウイに含まれるビタミンCはとても美容に有効です。予防にも改善にも役立つんですね。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

ーーー

抗酸化作用のある食品を摂り、肌老化を防ぐ

 

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのこと。活性酸素は反応性の強い酸素の一種で、さまざまな体内の活動にともなって副産物として生まれるもの。有効な働きももつのですが、増えすぎると体内で細胞を傷つけ、老化を促したり、がんの原因となったりするといわれています。肌にとっても、シミやシワなどの肌老化を促し、肌荒れ、ニキビなどを引き起こす原因に。

ーーー

 

抗酸化作用のある食品は色々ありますが、ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いのは『ビタミンACE(エース)』です。

 

ビタミンA

ビタミンC

ビタミンE

 

ですね。それについての詳細は下記の記事にまとめてありますので、併せてご確認ください。どんな食品に含まれているかということを記載しています。

 

ワキガを抑える為の食事のポイント。ビタミンA・C・E

 

例えば下記の記事にミドリムシの情報を書きましたが、ミドリムシ(ユーグレナ)はとても栄養価が高い優秀な食材で、ビタミンCも入っています。ビタミンCはコラーゲンの体内合成を促す役割を果たしますから、ニキビにとてもいい影響を与えます。

 

ミドリムシの驚異的な育毛効果!ユーグレナの『緑汁』はなかなか栄養レベルが高い!

薄毛

 

このコラーゲンに関しては下記の記事に詳細を書きましたが、口から摂取しても、肌に直接塗っても、効果を得ることができません。

 

コラーゲンで薄毛を改善し、育毛促進を狙え!効果的な摂取方法とは

 

『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

ーーー

食べても飲んでもコラーゲンは増えない!?

 

『不足するコラーゲンは、食品やドリンクから補えばいいのでは?』と考える人も多いようです。しかし口から入れたコラーゲンは、胃腸でアミノ酸に分解され、その時点でコラーゲンではなくなります。またそのアミノ酸は、体内で必要に応じて新しい皮膚や筋肉など、いろいろなものにつくり替えられるのですが、再びコラーゲンの形に戻って肌に定着するとは限りません。

ーーー

 

更に『保湿とUVケアだけが美肌を作る』にはこうあります。

ーーー

ただ、事実として、コラーゲンを食べても、それが肌のコラーゲンの材料として使われる保証はなく、化粧品として肌にコラーゲンを塗ったとしても、肌の奥には届かない。仮にコラーゲンの分子量を小さくして肌の表面から奥へと浸透させたとしても、それが肌のコラーゲンとして使われるかどうか、科学的な根拠に乏しいということをいいたいだけなのです。

ーーー

 

つまりこういうことです。

 

step

コラーゲンを摂取する

ニキビ

 

及び塗布する。

胃腸でアミノ酸に分解され、その時点でコラーゲンではなくなる

肌の奥には届かない。

そのアミノ酸は新しい皮膚や筋肉などにつくり替えられる

ニキビ

 

コラーゲンの分子量を小さくして肌の表面から奥へと浸透させたとしても、それが肌のコラーゲンとして使われるかどうかわからない

コラーゲンの摂取と塗布によって得られる美容効果は不明

 

つまりコラーゲンは直接摂取及び塗布しても、効果は得られるかどうかがわからないのです。しかし、コラーゲンを増やすためのアプローチはちゃんとあります。それは、『体内のコラーゲンを増やす』アプローチですから、『体外から』のアプローチではありません。

 

 

ニワトリ

コラーゲンをいくら食べても、塗っても意味がないんだ!その事実に気付いている人はどれだけいるかね!

うーむ、なるほど!

 

 

この章のまとめ
  • 抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を摂ることはニキビ治療にとても有効。
  • コラーゲンは直接摂取及び塗布しても、肌の奥には届かない。
  • ビタミンCがなければコラーゲンが作れない。
  • ビタミンCはコラーゲンの体内合成を促し、ニキビにもいい影響を与える。
  •  

     

    コラーゲンを作るためには

     

    いや、厳密に言うと『体外から』摂取するのですが、コラーゲンを摂取するのではなく、違うものを摂取します。例えば『保湿とUVケアだけが美肌を作る』にはコラーゲンを増やす3ステップとして、以下の3つを挙げています。

     

    1.肉や魚、大豆などのたんぱく質を適量、バランスよく摂取

    2.細胞を破壊する紫外線の防止や禁煙に努める

    3.ビタミンCを摂取する

     

    また同時に以下のポイントについても挙げています。この要素もかなり重要なポイントになってきます。

     

    4.無理なダイエットをしない

    5.熟睡できる睡眠時間を確保する

    6.明るく快活な生活を送る

     

    まず、コラーゲンの生成に必要な細胞を元気にするために、『1』のステップが必要になります。それは当然『4』のステップを重視することに等しいことです。そして、その栄養素を効率的に使うためには『5』のステップが必要になります。人は寝ている間に成長ホルモンが出ますから、体を健康体にさせるには睡眠が欠かせません。

     

    それは当然『6』に繋がってきます。睡眠不足があると交感神経が優位になります。するとイライラしたり発汗したり、免疫力が低下したりします。それが原因でホルモンバランスを崩したり、様々な病気にかかりやすくなります。もちろん、ニキビやアトピー性皮膚炎等の様々な肌トラブルもそうです。

     

    ニキビ

     

    『2』は、コラーゲンや細胞を破壊する行為を避けるという『守りの美容』ですね。攻めと同時に守りを意識します。攻めなければ得点は入りませんが、守りをおろそかにした人や企業は敗北します。この問題においても同じことです。

     

    そして『3』です。ビタミンCの摂取ですね。『1』のステップを強化する為に、このビタミンCの摂取が欠かせません。本にはこうあります。

    ーーー

    コラーゲンには、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリジンというアミノ酸が含まれています。これらは、肝臓や小腸で合成されるプロリンというアミノ酸と、体内では合成できない必須アミノ酸・リジン(魚や豆類に豊富)が、コラーゲンのたんぱく質の鎖が出来上がった後に、酸化酵素によって構成要素に組み込まれる仕組みになっています。組み込まれないとコラーゲンは完成しません。そのときにビタミンCが不可欠なのです。

    ーーー

     

    ですから、『1』だけではコラーゲンの合成ができないんですね。それだけ、ビタミンCとコラーゲンは密接な関係性があるのです。 また同じように、鉄分もコラーゲン生成に欠かせない栄養素です。つまり、『コラーゲンの口からの直接の摂取』はできなくても、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取し、『体内でのコラーゲン合成能力を強化させる』ことはできるわけです。

     

     

    ニワトリ

    鉄分も必要だっていうことだね!ビタミンCっていうのはよく聞くけど、相当重要な栄養素っていうことがわかるよね!

    たしかに!

     

     

    この章のまとめ
  • 『コラーゲンの口からの直接の摂取』はできなくても、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取し、『体内でのコラーゲン合成能力を強化させる』ことはできる。
  •  

     

    アセロラにはかなわないがかなり豊富に含まれている

     

    ただミドリムシの場合、含有量が少ないんですね。5mg。ビタミンCは、例えばキウイ100gで69mgのビタミンCですから、5mgというのは大した量ではありません。

     

    様々な食材のビタミンC含有量

    ミドリムシ 5mg
    バナナ 14.4mg
    イチゴ 62mg
    キウイ 69mg
    レモン 100mg
    アセロラ 800~1700㎎

     

    ただし、このビタミンCということだけで言えばアセロラにはかないませんね。したがって、もしビタミンC目的で果物を食べるなら、アセロラを摂った方が合理的だと言えるでしょう。

     

    069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果

     

     

    ニワトリ

    アセロラ、カムカム、アムラっていう果物は、スーパーフードと言われているからね!

    なるへそ!

     

     

    この章のまとめ
  • ビタミンCということだけで言えばアセロラにはかなわない。
  •  

     

    キウイのその他の栄養素

     

    では、キウイは他にどのような栄養素があるでしょうか。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

    ーーー

    たんぱく質分解酵素が肉や魚の消化を助ける

     

    ニュージーランドが主産地で、国鳥のキウイバードに似ていることからこの名がつきました。ビタミンCが豊富で、1個で一日の必要量帆ほぼ補えます。また、たんぱく質分解酵素、アクチニジンを含み、肉や魚などの消化を助けます。

     

    体内でもおもな働き

    ・ビタミンCの作用である、美肌、美白、抗ストレスなどの働きが期待できます。

    ・食物繊維のペクチンが多く、動脈硬化予防、便秘改善に効果的です。

    ーーー

     

    続いて、『色の野菜の栄養事典』です。

    ーーー

    キウイフルーツ

    ジュースにしてポリフェノールを効率よく摂取しよう

     

    ポリフェノールの含有量が多いことで知られており、強い抗酸化作用に期待ができます。生活習慣病や肌荒れなどが気になる方には最適です。なお、ポリフェノールは実のほか果皮にも多く含まれます。ミキサーにかけ余すことなくジュースにするなど、食べ方を工夫し効率よく栄養素を摂取しましょう。

     

    また、体内に素早く吸収されてエネルギーに変わる糖分のブドウ糖が多く含まれ、疲労物質の乳酸の生成を抑えるクエン酸やリンゴ酸もたっぷり、これらの相乗効果により、疲労回復にも抜群の効果を発揮します。

    ーーー

     

    最後に、『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

    ーーー

    キウイを処方する

    (省略)キウイは、私が不眠症の患者さんたちに処方している果物の一つだ。(就寝1時間前にキウイを2個食べると、入眠、睡眠持続時間、睡眠効率に有意な改善がみられる)また、便秘型の過敏性腸圧症候群にも効果がある(キウイを1日当たり2個食べると、腸機能に有意な改善がみられる)たしかに過敏性の腸症候群の代表的な薬剤を飲むよりも、キウイを食べた方がずっといいだろう。

    ーーー

     

    出てきたキーワードをまとめてみましょう。

     

    たんぱく質分解酵素が肉や魚の消化を助けるアクチニジンを含む
    食物繊維のペクチンが多く含まれる
    ポリフェノールの含有量が多いことで知られており、強い抗酸化作用に期待できる
    ジュースにしてポリフェノールを効率よく摂取する
    ポリフェノールは実のほか果皮いも多い
    ブドウ糖・クエン酸・リンゴ酸が豊富で相乗効果により、疲労回復にも抜群の効果を発揮する
    入眠、睡眠持続時間、睡眠効率に有意な改善がある
    便秘型の過敏性腸圧症候群にも効果がある(キウイを1日当たり2個食べると、腸機能に有意な改善がみられる)

     

     

    たんぱく質分解酵素が肉や魚の消化を助けるアクチニジンを含む

     

    まず、先ほどあった『1』のステップに、『コラーゲンを増やすためには、肉や魚、大豆などのたんぱく質を適量、バランスよく摂取することが大切』とありました。キウイに含まれるアクチニジンは、そのステップの手助けをしてくれます。まさに、ニキビケアの為にコラーゲンを増やす際にこのキウイを肉や魚等の食事と摂れば、『1』と『3』、つまり、『必要な栄養源とビタミンC』の両方を摂取することができ、更にその消化を手助けしてくれるため、とても効率的だと言えます。

     

    下記の動画はキウイのケーキのレシピです。美味しそうですね。

     

     

     

     

    ニワトリ

    たんぱく質を摂るときにこのアクチニジンがあれば心強いね!

    たしかに!

     

     

    この章のまとめ
  • たんぱく質分解酵素が肉や魚の消化を助けるアクチニジンを含む。
  •  

     

    食物繊維のペクチンが多く含まれる

     

    便秘はニキビの原因です。詳細は下記にリンクした記事に書いていますのでここではポイントだけ挙げます。

     

    step

    便秘になる

    ニキビ

     

    腸内細菌のバランスが乱れ悪玉菌が増える

    ニキビ

     

    活性酸素を発生させて老化を促進する

    善玉菌が減少し、美肌にとって必要なビタミンB群の合成が妨げられる。

    ニキビや肌荒れ、たるみやくすみ、シワやシミの原因となる。

    ニキビ

     

    もう一つの理由がこうです。

     

    体内毒素は、

    • 便=75%
    • 尿=20%
    • 汗=3%
    • 爪=1%
    • 髪=1%

    の割合で体外に排出されるので、ほとんどが大便と小便から出るのですが、そのうち、大便が占める量が膨大です。よく『岩盤浴でデトックス』と言いますが、実際にはそれらによって汗をかき、その汗からデトックスをしようと思っても、ほんのわずかの有害物質しか排出できません。

     

    岩盤浴でワキガが改善?ワキガの人が岩盤浴で汗をかくと臭くなる?

    サウナや岩盤浴は育毛効果があるの?薄毛改善の効果はない?

    055.ニキビ 大気汚染 原因 肌 予防(有害物質の摂取・蓄積)

     

    したがって、最も心強い有力な『排泄ルート』の一つが塞がった便秘は、『違うルート』に負荷をかける悪玉となります。そして、それが『皮脂のルート』であり、ニキビとなるのです。

     

    step

    脂に溶ける物質の2つの排泄ルートのうち排便が滞る

    ニキビ

     

    もう一つは皮脂。

    便秘になりそのルートが滞ると、皮脂のルートから老廃物等を排泄しようとする

    ニキビ

     

    皮脂の分泌が高まり、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ等の肌トラブルを招く

     

    まだあります。

     

    step

    消化器官は普段、いるものいらないものを分別し、吸収、排泄している

    しかし便秘になって腸の中に不要物がとどまると、腐敗や酸化が起こる

    ニキビ

     

    それらの濃度が高くなると体はまたこの不要物を取り込んでしまう

    有毒刺激物質は体内をめぐり、皮脂腺からも分泌される

    ニキビや肌荒れの原因となる

    ニキビ

     

    041.ニキビ 便秘 関係 対策方法

     

    これだけの理由から、便秘を解消するだけでどれだけニキビケアに貢献できるかということがよくわかりますね。

     

    068.ニキビ 対策 青汁 予防効果(食物繊維)

     

    キウイに含まれるペクチンは食物繊維ですから、その便秘改善に役立ちます。『便秘型の過敏性腸圧症候群にも効果がある(キウイを1日当たり2個食べると、腸機能に有意な改善がみられる)』というキーワードにもこのペクチンが関係しているわけですね。

     

     

    ニワトリ

    便秘が解消されればニキビは改善することがあるからね!それだけ便秘とニキビには深い関係があるよ!

    なるへそ!

     

     

    この章のまとめ
  • 食物繊維のペクチンが多く含まれる。
  •  

     

    ポリフェノールの抗酸化作用

     

    出来てたキーワードは、『ポリフェノールの含有量が多いことで知られており、強い抗酸化作用に期待できる』、『ジュースにしてポリフェノールを効率よく摂取する』、『
    ポリフェノールは実のほか果皮いも多い』ということです。

     

    活性酸素は冒頭に書いた『ビタミンACE(エース)』やこうしたポリフェノールのような抗酸化物質によって除去できます。果物は基本的に、皮に高い栄養素があるのですが、キウイも同じです。皮ごと食べるためにミキサーにかけてジュースにすれば、より多くのポリフェノールを得ることが出来、活性酸素が原因の肌トラブルを防ぐことができます。

     

    下記の動画はミキサーを使ってキウイジュースを作っています。ただ、皮ごとミキサーにかけていないので、これを皮ごとミキサーにかけるわけですね。

     

     

    各食材の抗酸化物質

    緑色野菜 クロロフィル
    赤いパプリカ カプサンチン
    アセロラ アントシアニン
    アボカド β-カロテン
    イチゴ アントシアニン
    キウイ ポリフェノール
    ザクロ アントシアニン、レスベラトール
    夏ミカン オーラプテン
    みかん β-クリプトキサンチン
    バナナ ポリフェノール
    ベリー類 アントシアニン
    マンゴー エリオシトリン
    リンゴ(皮) アントシアニン
    リンゴ(青) クロロフィル
    リンゴ(果肉) フラボノイド
    レモン エリオシトリン

     

     

    ニワトリ

    活性酸素はあらゆる問題の根源になりがちだからね!老化も生活習慣病も、すべて抗酸化物質の力で対抗できるよ!

    なるへそ!

     

     

    この章のまとめ
  • キウイのポリフェノールには抗酸化作用がある。
  •  

     

    ブドウ糖・クエン酸・リンゴ酸

     

    まず、ブドウ糖が含まれているということで疲労回復になります。『疲れたときに甘いもの』と言いますが、あれは脳に栄養を与えるためです。脳の唯一の栄養素はこのブドウ糖ですから、キウイを食べればブドウ糖を得られて、疲労が回復します。

     

    更に、クエン酸・リンゴ酸も違った方向から疲労回復を手助けします。むしろ疲労回復と言ったらクエン酸というくらい、アスリートなら誰もが知っている栄養素です。これらの相乗効果により、疲労回復にも抜群の効果を発揮するわけですね。

     

    ニキビ

     

    疲れていたら免疫力が低下し、自律神経やホルモンバランスが乱れます。ストレスが溜まり、様々な病気や肌トラブルの原因となります。したがって、疲労回復が得られることは大きなポイントとなります。

     

    066.ニキビ 対策 亜鉛 予防効果

     

    また、上記の記事に書いたように、亜鉛はこのクエン酸があると飛躍的に吸収率を高めます。亜鉛が不足しても肌が炎症したり、肌トラブルの原因となりますから、ニキビを悪化させないために、このクエン酸も有力となるのです。

     

     

    ニワトリ

    クエン酸は数ある疲労回復物質の中でも、選ばれた4つの栄養素の一つなんだ!ほかには、リンゴポリフェノール、コエンザイムQ10、イミダペプチドがあるよ!

    うーむ、なるほど!

     

     

    この章のまとめ
  • ブドウ糖・クエン酸・リンゴ酸の疲労回復効果で免疫力、自律神経、ホルモンバランスの調子を整えられる。
  • 亜鉛はクエン酸があると飛躍的に吸収率が高まる。
  •  

     

    入眠、睡眠持続時間、睡眠効率に有意な改善がある

     

    最後に睡眠です。本にあった『キウイを処方する』という言い方は、とても印象深いものです。不眠症に悩む人に、睡眠薬ではなくキウイを処方するんですね。これはまさしく先ほどあった『5』のステップ。つまり『熟睡できる睡眠時間を確保する』という部分に影響します。

     

    良質な睡眠を得ることは、ニキビケアにとって恐らく、3本の指に入るくらい重要な要素となるでしょう。私個人的には一番重要だと考えています。私は睡眠不足や徹夜等によってニキビを作ることがあまりにも多かったものですから、実感としてそう感じています。

     

    021.睡眠不足 ニキビ ケア 予防方法

     

    こう考えると、たしかにビタミンCということだけで言えばアセロラにはかないませんが、キウイにはその他にもこれだけの恩恵があって、ニキビケアにも大いに役立ちます。生で食べてもいいですし、様々なスイーツとして食べるのもいいですね。

     

     

    また下記の記事に『果物の種を食べると膵臓がんになる』と書きましたが、キウイの種は小さいため問題ありません。

     

    069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果

     

     

    ニワトリ

    睡眠薬じゃなくて『キウイを処方する』っていうのがすごいよね!このように、キウイは優秀な果物なんだ!

    うーむ、なるほど!

     

     

    この章のまとめ
  • 睡眠不足の人には『キウイを処方する』ことがある。
  •  

     

    前の記事

    ニキビに爆発的に効くのがスーパーフード『アセロラ』!ビタミンC…

    次の記事

    パプリカのカラフルな色素がニキビに効く?生じゃなくても効果があ…