ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

パセリに含まれるクロロフィルは抗酸化物質!ニキビ対策の食材となる

パセリはニキビに効くの?

はい。

パセリに含まれるクロロフィルの抗酸化作用がニキビに効果があると言えます。

先生

パセリは食べられる機会が少ないからね!だけどその栄養価には注目したいんだ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

パセリの抗酸化作用

 

ニキビ

これは下記の『パセリとワキガ』の記事に書いたのですが、『色の野菜の栄養事典』にはこうあります。

パセリ クロロフィルで抗酸化力アップ!消臭効果で口臭対策にも

抗酸化作用により抗がん効果が期待できる。消臭効果もあり、口臭予防にも効力を発揮する。

 

クロロフィル』という抗酸化作用のある栄養素が含まれていると出てきましたね。この抗酸化作用は、ワキガにとって有効ですが、ニキビにも有効です。

 

 

また、わずかながら『ビタミンACE(エース)』も含まれていますし、

 

  • カリウム
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • 食物繊維

 

も豊富に含みます。そのうち、

 

  • 亜鉛
  • カルシウム

 

といったミネラルも、『抗酸化ミネラル』です。『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

活性酸素こそ肌の大敵

 

(省略)この活性酸素は、ニキビを悪化させるだけでなく、皮膚に対してさまざまな悪さをします。(中略)今まで見てきたように、活性酸素は皮脂を酸化することによってニキビをつくり、炎症を悪化させます。日焼けの炎症も活性酸素のしわざですし、メラニン色素の生成を促してシミやくすみの原因をつくるのも活性酸素です。

 

また活性酸素は皮膚細胞を傷つけて皮膚の老化を早め、しわやたるみをつくります。そして究極の害は、DNAを損傷して皮膚がんを誘発することです。(中略)このように活性酸素は、あらゆる肌のトラブルに関わっています。

 

色鮮やかな野菜や果物にはこの活性酸素を除去してくれる『抗酸化物質』が含まれています。これを摂取することは人間が健康に生きるために避けて通れないんですね。下記のパプリカの記事にも書きましたが、ピーマンにもクロロフィルという抗酸化作用が含まれています。

 

071.ニキビ パプリカ 予防効果 栄養

 

『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

野菜の中では緑色野菜が、果物の中ではベリー類がもっとも健康によいのは、おもに植物色素の働きによる。緑色の植物の葉には葉緑素(クロロフィル)が含まれ、活発な光合成を引き起こす。そのとき産生される高エネルギー電子の働きを抑制する為に、緑色植物には抗酸化物質がたくさん含まれている。

 

(中略)では赤玉ねぎと白玉ねぎでは、どちらのほうが抗酸化物質を多く含んでいるだろうか?答えは一目瞭然、調べるまでもない(実際に、赤玉ねぎは白玉ねぎよりも高酸化力が76%も高く、黄玉ねぎはその中間だ)

 

(中略)だから、いちごは赤みがなるべく強いものを、ブラックベリーは黒々としているものを、トマトは真っ赤なものを、ブロッコリーは緑色が濃いものを、選んで買おう。色素にこそ、老化防止作用、抗がん作用、抗酸化作用があるのだから。

 

ニキビ

緑色の植物には、往々にしてこのクロロフィルとうい抗酸化物質が含まれています。赤、黄、オレンジ色の野菜にもそれぞれ違った名前の抗酸化作用が含まれています。また亜鉛ですが、下記の記事に書いたように、これが不足すると皮膚炎を起こしたりしますので、美肌には欠かせない栄養素です。

 

066.ニキビ 対策 亜鉛 予防効果

069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果

 

それだけじゃなく、抗酸化ミネラルとしての一面も備え持っているわけです。更に上記のアセロラの記事にも書いた通り、抗酸化作用のある食品は色々ありますが、ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いのは『ビタミンACE(エース)』です。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ですね。それについての詳細は下記の記事にまとめてありますので、併せてご確認ください。どんな食品に含まれているかということを記載しています。

 

 

従って、

 

  • クロロフィル
  • ビタミンエース
  • 抗酸化ミネラル

 

が含まれているパセリは、抗酸化作用がとても強く、ニキビケアに役立つ食材だということがわかりますね。

 

先生

ビタミンACE(エース)とクロロフィル、抗酸化ミネラルの3つが揃っているパセリは、抗酸化食品として優秀なんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • パセリには『クロロフィル』という抗酸化作用のある栄養素が含まれている。
  • 緑色の植物には、往々にしてこのクロロフィルとうい抗酸化物質が含まれている。
  • わずかながら『ビタミンACE(エース)』も含まれていて、『抗酸化ミネラル』も含まれている。
  • 抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を摂ることはニキビ治療にとても有効。

パセリだけ食べるのは無理があるし間違った考え

ただし、『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』にはこうあります。

巷には『○○を食べれば健康になる』という情報が溢れていますが、『○○だけ』を食べていたら大丈夫か、といえばそんなことはありませんよね。ひとつの食物で、すべての栄養素が補えるわけがないからです。なにより『○○だけ』に偏れば、不足する栄養素が出て来たり、摂りすぎのものが出てくることは明らかです。

 

パセリが強い抗酸化作用を持っているからといって、パセリだけを食べていてもだめです。というか、パセリを大量に食べるというのもなかなかないですよね。好きな人は好きかもしれませんが、あまり普通はありません。ですから、『塵の一つ』として『山』に貢献する考え方を持ちましょう。『塵も積もれば山となる』ですね。

 

先生

いくら優秀でもパセリだけを食べることは難しいからね!料理の中に入れるくらいでちょうどいいね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • パセリだけ食べるのは無理があるし間違った考え。

付け合わせる食材次第では逆効果

パセリを使ったレシピには下記のようなものがあります。普通は、このようにして主食材に散らす、副食材として使用することが多いですよね。

 

 

しかし冒頭の記事にも書いたように、肉やバターや油をたっぷり使ったこの料理は、ワキガ対策としても、そしてニキビ対策としても間違っているんですね。ニキビというものは偏った食習慣でもできてしまいます。ではここで、ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

ホルモンバランスの変化

睡眠不足、夜更かし

運動不足

偏った食生活

ストレス

便秘

 

ニキビができる原因(外因性)

肌に合わない化粧品の使用

皮脂や汗などの皮膚の汚れ

活性酸素

 

その他

乾燥

薬の常用

 

ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。例えばニキビはアクネ菌の増殖が原因だと長い間言われてきましたが、最近の研究ではそうではなく、例えば『抗生物質』の服用が関係している可能性もあるという説も上がっています。

 

ニキビ

046.ニキビ 抗生物質 副作用 対策方法(アクネ菌ではない)

052.ニキビ 原因 アクネ菌 対策方法

 

しかし確かにここに『偏った食生活』というものがありますね。『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

偏った食習慣は肌トラブルを招く

 

チョコレートやスナック菓子をつい食べすぎて、ニキビができてしまったという人は多いことでしょう。脂肪分や糖分は、皮脂の材料となります。つまり、過剰な皮脂は脂肪分や糖分によって、皮脂の分泌量が増えるのです。また、脂肪分や糖分は、皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうこともわかっています。つまり、毛穴に皮脂が詰まる原因になるのです。

 

つまり高脂肪・高カロリー食品を食べると、

 

  • 皮脂の分泌量がふえる
  • 皮脂の性質を変化させ、皮脂を皮膚の外に排出しにくくする(毛穴に皮脂が詰まる)

 

という2つの理由から、ニキビができやすくなります。そう考えると、肉やバターや油をたっぷり使ったこの料理はあまりニキビ対策になりません。いくらパセリが体にいいからといって、その少量のパセリを得るためにこれだけの代償を払っていたら、プラマイゼロどころか、『マイナス』の結果になる可能性がありますね。

 

084. チョコ

106.揚げ物 油ものスナック菓子 119.アイス

 

先生

パセリは苦いから濃い味の料理でごまかしたいところなんだけど、その濃い味の料理の方に問題があれば元も子もないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 少量のパセリを得るために他の代償を払ったら、プラマイゼロどころか、『マイナス』の結果になることもある。

問題ないレシピとは

ですからワキガ同様、例えば、下記のようなレシピなら問題ありません。

 

 

ここで使われている食材は、質の悪い動物性のものがほとんどありませんし、ヘルシーです。調味料として使われているレモンや酢にはクエン酸が含まれていて、殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。それはワキガや体臭対策にもなりますが、そのままニキビの対策にもなります。ではここで、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

step

第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる

ニキビ

男性ホルモンの分泌が盛んになる

皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される

洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される

常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する

ニキビ

『白ニキビ』の段階。

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは先ほどあったように複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

001.思春期ニキビ 原因

 

ニキビの原因は色々ありますが、しかし往々にして考えられているのは、『皮脂が詰まってアクネ菌が増殖し、コメドが炎症する』というものです。そして、そのコメドに様々な外部のばい菌などが加わると、更に炎症すると言われています。ですから乾燥を避けることがニキビの鉄則なのです。

 

乾燥しているということは肌のバリア機能が低下しているということですから、外部のばい菌などから身を守ることができなくなります。それが原因でニキビができたり、あるいは炎症を起こしたりすることもあるのです。そう考えると、『皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぐ』というクエン酸の効果は、ニキビケアにとっても役立つものだと言えるでしょう。

 

また下記のようなメニューもいいですね。使われている肉はささみですからとてもヘルシーですし、これぐらいだったらたまに食べるメニューとして全く問題はないでしょう。ラーメンは問題ですが、つけ麺スタイルで、スープがこれならとてもヘルシーです。

 

 

パセリはその高い抗酸化作用からニキビケアに役立つ食材だと言えますが、その性質上たくさん食べることはできませんし、付け合わせる主食材次第では逆効果になります。あくまでも『有効なニキビケア食材の一つ』の位置づけとして理解し、例えば『レストランで頼んだメニューにパセリが一つ付け合わせてあったら、無視して残さずに積極的に食べる』という意識を持っているといいでしょう。

 

先生

パセリは紫蘇なんかと同じように、残されることが多い食材だけど、これからは積極的に食べていきたいんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ニキビに効くレシピを確認する。
  • 『レストランで頼んだメニューにパセリが一つ付け合わせてあったら、無視して残さずに積極的に食べる』という意識を持つ。