ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ローズヒップティーの豊富なビタミンCでニキビ対策をしよう!

ローズヒップティーはニキビに効くの?

はい。

ローズヒップティーは『ビタミンCの爆弾』と言われるほどビタミンCが豊富に含まれていますので、ニキビに効果があると言えます。

先生

美容に効くハーブティーと言えばローズヒップティーだね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ビタミンCの爆弾

 

ニキビ

下記の記事に書いたように、

 

069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果
070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果(コラーゲンとビタミンC)

 

ビタミンCはとても美容に有効です。ニキビの予防にも改善にも役立つんですね。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

抗酸化作用のある食品を摂り、肌老化を防ぐ

 

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのこと。活性酸素は反応性の強い酸素の一種で、さまざまな体内の活動にともなって副産物として生まれるもの。有効な働きももつのですが、増えすぎると体内で細胞を傷つけ、老化を促したり、がんの原因となったりするといわれています。肌にとっても、シミやシワなどの肌老化を促し、肌荒れ、ニキビなどを引き起こす原因に。

 

抗酸化作用のある食品は色々ありますが、ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いのは『ビタミンACE(エース)』です。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ですね。それについての詳細は下記の記事にまとめてありますので、併せてご確認ください。どんな食品に含まれているかということを記載しています。

 

ワキガを抑える為の食事のポイント。ビタミンA・C・E

 

また、いくつかの果物についても記事に書きましたが、それらのビタミンC含有量を見てみましょう。

 

様々な食材のビタミンC含有量

ミドリムシ 5mg
バナナ 14.4mg
イチゴ 62mg
キウイ 69mg
レモン 100mg
アセロラ 800~1700㎎

 

073.ニキビ予防 バナナ 栄養 美肌効果

 

アセロラはすごいですね。異次元のレベルにあります。もしビタミンC目的で果物を食べるなら、アセロラを摂った方が合理的だと言えるでしょう。しかし、アセロラだけを食べるよりは、やはり色々な食材から色々な栄養素を摂った方が体にいいのです。

 

ニキビ

『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』にはこうあります。

巷には『○○を食べれば健康になる』という情報が溢れていますが、『○○だけ』を食べていたら大丈夫か、といえばそんなことはありませんよね。ひとつの食物で、すべての栄養素が補えるわけがないからです。なにより『○○だけ』に偏れば、不足する栄養素が出て来たり、摂りすぎのものが出てくることは明らかです。

 

アセロラも、その他の食材も、『塵の一つ』として『山』に貢献する考え方を持ちましょう。『塵も積もれば山となる』ですね。それに、アセロラがない場面もありますからね。

 

先生

ビタミンCはコラーゲンの生成にも役立つから、思っているよりも重要な栄養素なんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を摂ることはニキビ治療にとても有効。

ローズヒップティーを飲む理由

例えば今回のようにドリンクで考えるとき、どんなドリンクを飲めばいいのか、ということを考える必要があります。そこで専門家が推奨するのが『ローズヒップティー』です。その理由は3つ。

 

  • 温かい飲み物だから
  • ビタミンCが豊富だから
  • ノンカフェインだから

 

この理由がローズヒップティーが推奨される理由です。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

水分の補給には、冷たい水ではなく、温かい飲み物を選びましょう。冷たい飲み物はからだを冷やし、代謝を下げてしまいます。ただし、温かい飲み物でも、カフェインを含む飲み物は神経を興奮させるため、飲みすぎはよくありません。コーヒーや紅茶、緑茶はカフェインを含むので、一日に合計2杯程度までにしたほうがいいでしょう。

 

ノンカフェインの飲み物では、ハーブティーがおすすめです。ビタミンCが豊富なローズヒップティー、消化を助け、気分をスッキリさせるミントティーなど、いろいろなr種類があるので、気分や体調に合わせて選ぶのもよいでしょう。

 

本ではいくつかのハーブティーを推奨していますが、その中でもことビタミンC含有量ということで言えば、ローズヒップティーです。

 

ノンカフェインの飲み物

ローズヒップティー ビタミンを豊富に含む
ミントティー さわやかな香りでリフレッシュ効果も期待できる
カモミールティー 不眠や初期の風邪に効くといわれる
レモングラスティー レモンに似た香りで消化を促す作用がある

 

どのハーブティーも結果的にはニキビに有効ですが、この中で最も注目したいのは、やはりビタミンCがたっぷり摂れるローズヒップティーでしょう。ローズヒップティーは、『ビタミンCの爆弾』ともいわれていて自然界の植物の中ではダントツにビタミンCが豊富ですからね。

 

往々にして言われるのは『レモンの50倍』。つまり、100gで『500mg』のビタミンCですから、アセロラに次いでビタミンCがずば抜けている食材となります。つまりこういうことですね。

 

ビタミンC含有量トップの食材

果物 アセロラ、カムカム、アムラ
植物 ローズヒップ

 

ロースヒップは植物界の、ビタミンC含有量ナンバーワンということです。例えば、下記の商品を見てみましょう。

 

 

原材料

ローズヒップ、乳頭/ビタミンC、セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ショ糖脂肪酸エステル、酸化ケイ素

 

まさにここに『ローズヒップ』とありますよね。そもそもこのビタミンCサプリメントの商品名が『ビタミンC Wits Rose Hips』ですからね。ロースヒップを原料にしてサプリメントが作られているのです。ローズヒップティーを摂るということは、このビタミンCの大元を直接摂るということですから、とても効果が高いのです。

 

先生

これでローズヒップ=ビタミンCという図式が理解できたね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『ローズヒップティー』を飲む理由は、温かい飲み物で、ビタミンCが豊富で、ノンカフェインだから。

加熱するとビタミンCが破壊される?

ただ、ビタミンCというのは加熱すると破壊されてしまうと聞いたことがないでしょうか。もしそうだとしたら、ホットティーとして飲むと温めるわけですから、ビタミンCが消えてしまいそうです。『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

ビタミンCをはじめ多くの栄養素は、加熱調理によっていくらか破壊されてしまう。例えば、蒸したブロッコリーは生のブロッコリーにくらべて、ビタミンCの含有量が10%少ない。しかし、生なら6房しか食べられなくても、蒸したブロッコリーなら7房食べられるなら、差は簡単に埋められる。

 

逆に、加熱調理によて吸収率がよくなる栄養素もある。たとえばにんじんは、生よりも加熱調理したほうが、血液中のビタミンA濃度が6倍以上多くなる。

 

ニキビ

071.ニキビ パプリカ 予防効果 栄養

 

ただ、上記に書いたパプリカのように、加熱してもビタミンCが壊れにくい食材もあるのです。このローズヒップも一緒に入っている酵素やビタミンPの影響で、ビタミンCが壊れにくいんですね。ただ、もし壊れたとしても上のブロッコリーの例を考えればわかるように、たかだか10%くらいです。著者の言う通り、その差は簡単に埋められますよね。

 

先生

こういう風に、ほかの栄養素が違う栄養素を強化したりサポートする仕組みがあるから、栄養はバランスよく摂ることが求められるんだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンCは加熱すると破壊されてしまうが、一緒に入っている酵素やビタミンPの影響で、ビタミンCが壊れにくい。
  • もし壊れたとしてもたかだか10%くらいで、その差は簡単に埋められる。

ビタミンCは『とりだめ』ができない

『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

ビタミンCは体内に蓄えておけません。『とりだめ』ができないので、一日数回に分けての摂取がポイントです。

 

このビタミンCはとりだめができないので、一日数回に分けて摂取する必要があります。普段の食事にふんだんにビタミンCが含まれていればいいのですが、そうじゃないときもありますからね。そういうときは、ローズヒップティーで補うのです。

 

例えば、下記のyoutuberさんもローズヒップティーを愛用しているようですが、『水出し可能』なのが便利で、水に入れる様子が見えます。

 

 

 

先生

このビタミンCの特性を考えると、気軽に飲めるローズヒップティーはビタミンCのいい補給源だね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンCは『とりだめ』ができないので、一日数回に分けての摂取がポイント。

ルイボスティーとの組み合わせがバッチリ

ちなみにローズヒップティーの種類は他にもいくつかあります。

 

 

ルイボスティーとの組み合わせが多いですね。実はこのルイボスティーにも大きな美容効果が期待できます。

 

  • スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)
  • フラボノイド
  • いくつもの抗酸化ミネラル

 

という豊富な抗酸化力を兼ね備えていて、これを飲むことで活性酸素が原因のニキビケアに役立てることができますね。ローズヒップティーとブレンドして飲むと、相乗効果で更に強い美容効果を得ることができます。

 

078.ニキビ 予防 ルイボスティー 栄養と効果は

 

しかし、専門家が推奨するのはやはり冷たい水ではなく、温かい飲み物ですので、なるべくなら温かい飲み物として摂るのがいいでしょう。特に女性は冷えると体に悪いですからね。

 

 

ニキビ

 

先生

だからすでに企業がそこに目を付けて、ブレンドしたハーブティーをたくさん商品化しているってわけだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ローズヒップティーはルイボスティーとの組み合わせがバッチリ。

冷えと血行不良もニキビの原因

『体に悪い』という漠然とした言い方ではなく、ニキビにも悪影響を与えます。下記の記事に冷え性とニキビについて書きましたが、そこに『冷えると血液が汚れる』とあります。

 

053.ニキビ 原因 肌 冷え 対策(お血(オケツ))

 

冷えと血行不良も実はニキビの原因となるのです。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

また、運動不足や喫煙によって血の流れた滞ると『瘀血(オケツ)』が起こります。瘀血はいわば血行不良です。肌にはニキビや湿疹、シミなどができやすくなります。

 

ニキビ

この『瘀血』というのは東洋医学の考え方で、簡単に言えば『血の流れが滞る』状態です。身体が冷え、血流が滞ると、血が汚れます。すると、それだけの理由でもニキビや肩凝り、クマ、シミなどの様々な問題が起きるのです。こうした症状は、漢方薬によっても治療できるので、下記の記事にまとめた漢方薬についてもチェックしてみましょう。

 

 

夏でもです。ミスユニバース優勝者などのクラスになるとそれは当たり前で、美容を追求したら必ずそういう結論にたどり着くのです。それを覚えておきましょう。私は夏に冷たいものを飲むのが好きですけどね。冷えたって、『冷えてほしい』んですから、目的は達成されます。しかし、ちょっとのニキビも許さない、美容意識の高い人であればこだわるべきですね。

 

先生

ただ、真夏のスポーツ後にホットドリンクはさすがに地獄だからね!ケースバイケースだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 体が冷え、血が汚れるとニキビの原因となる。
  • 夏でもホットドリンクが推奨される。

温かい飲み物であればがぶ飲みできない

ただ、温かい飲み物として摂る理由はまだあるのです。『科学でわかった正しい健康法』にはこうあります。

飲みすぎると死ぬなんて知ってましたか? 水

 

(省略)水の飲みすぎが体に悪いとは、いったいどんなメカニズムが作用しているのだろう?平均的な腎臓は1日に20リットルの水を排出することができる。ところが、あまりにも速いスピードで大量の水を飲みすぎると、腎臓の働いが追い付かず、低ナトリウム血症を起こす。ナトリウムは生命維持に欠かせない電解質であり、低ナトリウム血症とは血液中のナトリウム濃度が異常に低下した状態を指す。

 

腎臓から排出されなくなった水は、ついに脳細胞に到達する。すると脳細部は水を含んで膨れ上がる。膨らんだ脳細胞は頭がい骨にぶつかり、そのまま浮腫が進むと、頭痛、めまい、湿疹、発作、脳卒中など神経学的な症状が起こり得る。

 

このメカニズムが思いもよらないときに作用する場合がある。あなたがもっとも水を必要だと感じているときに、低ナトリウム血症で死亡する確率が高くなるのだ。

 

ニキビ

これと同じ内容が、2018年8/2(木)のヤフーニュースの記事にもありました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00004676-weather-soci

水の大量摂取は注意 「水中毒」になることも

 

水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどが現れ、重症だと亡くなることもある怖い病気です。水を大量摂取すると、なぜ水中毒になるのでしょうか?

 

(中略)「水だけを摂取するから低ナトリウム血症になるのです。ナトリウム(塩分)を含むスポーツドリンクや経口補水液で水分補給をすれば何の問題もありません」(吉田さん)

 

「熱中症予防に水分補給」といったときの水分とは、水やお茶だけではなく、スポーツドリンクや経口補水液もあわせて摂取することを覚えておいてください。

 

しかし、先ほどの本には『スポーツドリンクを飲んでもそれほど役には立たない』と言っていますから、本当のところはわかりません。とにかく低ナトリウム血症を防ぐためには、水を飲みすぎないことが大事です。

 

ローズヒップティーを水で飲むということは、『水を飲む』という行為とは違いますが、しかしどちらにせよ『がぶ飲み』できてしまうところは何かと怖いですね。その点、温かい飲み物であればそうがぶ飲みもできませんから、そういう抑止力にもなるのです。

 

先生

特に夏場以外のすべての季節には心強いからね!女性なんかとくに、美容を一年中気にしたいから、常に飲みたいよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 温かい飲み物であればがぶ飲みできないので、それも狙い。
  • 水は飲みすぎると死ぬ。

ビタミンCを摂ればコラーゲンを作れる

また先ほどのキウイの記事に、『コラーゲンとビタミンC』について書きました。

 

070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果(コラーゲンとビタミンC)

 

詳しくは記事を見ていただくとして、つまりこういうことです。

 

step

コラーゲンを摂取する

ニキビ

及び塗布する。

胃腸でアミノ酸に分解され、その時点でコラーゲンではなくなる

肌の奥には届かない。

そのアミノ酸は新しい皮膚や筋肉などにつくり替えられる

ニキビ

コラーゲンの分子量を小さくして肌の表面から奥へと浸透させたとしても、それが肌のコラーゲンとして使われるかどうかわからない

コラーゲンの摂取と塗布によって得られる美容効果は不明

 

つまりコラーゲンは直接摂取及び塗布しても、効果は得られるかどうかがわからないのです。しかし、コラーゲンを増やすためのアプローチはちゃんとあります。それは、『体内のコラーゲンを増やす』アプローチですから、『体外から』のアプローチではありません。

 

いや、厳密に言うと『体外から』摂取するのですが、コラーゲンを摂取するのではなく、違うものを摂取します。例えば『保湿とUVケアだけが美肌を作る』にはコラーゲンを増やす3ステップとして、以下の3つを挙げています。

 

  • 1.肉や魚、大豆などのたんぱく質を適量、バランスよく摂取
  • 2.細胞を破壊する紫外線の防止や禁煙に努める
  • 3.ビタミンCを摂取する

 

また同時に以下のポイントについても挙げています。この要素もかなり重要なポイントになってきます。

 

  • 4.無理なダイエットをしない
  • 5.熟睡できる睡眠時間を確保する
  • 6.明るく快活な生活を送る

 

ここにビタミンCを摂取するとありますね。『1』のステップを強化する為に、このビタミンCの摂取が欠かせません。本にはこうあります。

コラーゲンには、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリジンというアミノ酸が含まれています。これらは、肝臓や小腸で合成されるプロリンというアミノ酸と、体内では合成できない必須アミノ酸・リジン(魚や豆類に豊富)が、コラーゲンのたんぱく質の鎖が出来上がった後に、酸化酵素によって構成要素に組み込まれる仕組みになっています。組み込まれないとコラーゲンは完成しません。そのときにビタミンCが不可欠なのです。

 

ですから、『1』だけではコラーゲンの合成ができないんですね。それだけ、ビタミンCとコラーゲンは密接な関係性があるのです。 また同じように、鉄分もコラーゲン生成に欠かせない栄養素です。つまり、『コラーゲンの口からの直接の摂取』はできなくても、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取し、『体内でのコラーゲン合成能力を強化させる』ことはできるわけです。

 

そう考えたとき、ビタミンCを摂取するということは非常に重要な意味を持ってきます。ドリンクでも、フルーツでも、野菜でも、どんなシーンでも常にビタミンCを意識することで、結果的に常に美肌に貢献できるのです。

 

ニキビ

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

潤いや弾力を生み出す真皮の役割

 

潤いや弾力のある若々しい肌は、真皮の部分とかかわりがあります。真皮は、乳頭層、乳頭下層、網状層の三層からなり、細かい繊維が網の目のように並んでいる網状層には、コラーゲン、エラスチンがあって、肌の潤いやや弾力をキープするのに欠かせない役割を担っています。というのも、この部分に十分な水分があることで潤いが保たれ、ふっくらとした張りが実現するからです。水分を保持する機能が低下すると、シワやたるみといった皮膚の老化現象が起こってくるのです。

 

コラーゲンというのは肌の潤い、つまり『乾燥の阻止』に役立ちます。乾燥するとバリア機能が低下し、ばい菌を繁殖させやすくし、ニキビも悪化しやすくなります。つまり、コラーゲンの力もニキビに関係しているのです。

 

  • ビタミンC=抗酸化
  • コラーゲン=保湿

 

この両方を狙えるビタミンCの摂取は、やはり毎日意識したいことですね。

 

先生

専門書には話題性を狙ってコラーゲンを塗布、摂取しても意味がないっていう話で止まっていることが多いけど、体内合成の手助けはちゃんとできるんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンCを摂ればコラーゲンを作れる。
  • コラーゲンというのは肌の潤い、つまり『乾燥の阻止』に役立ちニキビの予防に役立つ。