ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ゴボウ茶がニキビの予防と対策に効果がある?食物繊維の重要な役割とは

ゴボウ茶がニキビに効くの?

はい。

ゴボウにもゴボウ茶にもそれぞれにメリットがあります。食物繊維は便秘の解消を手伝い、有害毒素の排出を手伝い、腸内細菌の活躍を手伝います。そのすべてがニキビに効果的です。

先生

ゴボウ茶でしか得られないメリットっていうのもあるけど、別にゴボウだけでもいいんだよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ゴボウとゴボウ茶の違い

 

ニキビ

下記の記事に『ゴボウ茶とワキガ』について書きましたが、ゴボウ茶に含まれる水溶性食物繊維『イヌリン』にはデトックス(解毒)効果がありますから、それがワキガに有効だと考えられます。そしてそれはワキガだけじゃなく、ニキビにも有効です。それについては後で説明します。

 

 

しかし、ゴボウ茶ではなくゴボウそのものを食べれば、不溶性食物繊維の『リグニン』もとれますから、あまりゴボウ茶だけに過度な期待はできません。ただし、ゴボウ茶は『皮』をふんだんに使います。『サポニン』というポリフェノール(抗酸化物質)は、特に皮の付近に含まれていますから、ゴボウ茶の利点はそのサポニンをたっぷり摂れるということですね。

 

ただ、それもゴボウを皮ごと食べればいいわけですからね。それができるという人はリグニンのことを考えても、ゴボウをそのまま皮ごと食べるのが一番です。ただ、下記の二つの動画を見てみましょう。まずはゴボウのささがきですね。

 

 

そしてゴボウ茶のささがきです。

 

 

前者は皮を少しだけ剥いでいるのに対し、後者は『皮ごと』ささがきにしています。そして天日干しをして、ゴボウ茶を作っています。このような手間をかけてふんだんに皮にふくまれるサポニンを摂取できるということを考えると、 ゴボウ茶も『あり』だと考えることはできますね。

 

それぞれに含まれる食物繊維

ゴボウ茶 イヌリン、サポニン
ゴボウ(皮なし) イヌリン、リグニン
ゴボウ(皮あり) イヌリン、リグニン、サポニン

 

 

先生

自分で料理しない人はゴボウ茶が楽だよね!食物繊維と抗酸化物質を気軽に摂れるからうれしいね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ゴボウ茶に含まれる水溶性食物繊維『イヌリン』にはデトックス(解毒)効果がある。
  • ゴボウそのものにも不溶性食物繊維の『リグニン』がある。
  • ゴボウ茶は『皮』をふんだんに使うため、特に皮の付近に多く含まれる『サポニン』というポリフェノール(抗酸化物質)をたっぷり摂れる。

食物繊維の重要性

この食物繊維の重要性については下記の記事に書きましたが、

 

068.ニキビ 対策 青汁 予防効果(食物繊維、トリプトファン)

 

食物繊維には、

 

  • 腸内に溜まった余分なものを吸着して、便として外に排出する
  • 腸内環境を整える

 

といった効果があり、有害物質の排出(デトックス)や腸内細菌の応援のために欠かせない栄養素(物質)です。ですから、極端な話、抗生物質も含めたあらゆる有害物質を体内に取り込んでも、食物繊維さえ豊富に摂っていれば様々なトラブルが起きにくい。

 

046.ニキビ 抗生物質 副作用 対策方法(アクネ菌ではない)

 

『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』にはこうあります。

アフリカのウガンダの人は大腸がんが少なく、スコットランド人は大腸がんが極めて多いとし、その理由は食物繊維の摂取量に関係していると書かれています。ウガンダの人が1日36~45gの食物繊維を摂るいっぽうで、スコットランド人は1日9gしか摂っていないことがわかりました。

 

ですから、大便の量が多いということは、それだけ『有害物質を外に排出した』ということ。ウガンダの人は相当な量の食物繊維を摂っていて、実際にそのおかげで病気になりにくいのです。もちろん、だからといって有害物質を人一倍摂っていいということにはなりませんが、この結果は興味深いものです。

 

ニキビ

食物繊維のすごい効果

  • 便の一部となり、便量を増大する
  • このため便秘を防ぐ
  • 発がん物質や有害菌、有害物質を吸着し、体外に排出する
  • 腸をはじめ、消化管の働きを活発にする
  • 糖の吸収速度を遅くし、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ
  • 唾液の分泌を促す
  • 胆汁酸を吸着し、体外に排泄する
  • コレステロールの余分な吸収を防ぐ
  • ナトリウムの過剰を防ぐ
  • 腸内の善玉菌の餌となるため有用菌が増え、腸内環境を改善する
  • お腹が満たされるため、過食しにくくなり、カロリー制限できる
  • 粘性の食物繊維ほど、小腸に分泌される膵液と胆汁の液や酵素の量を多くする
  • 腸の蠕動を活発にし、内容物をすみやかに移動させる(体外に排出しようとする)
  • 水溶性食物繊維は短鎖脂肪酸をつくり、これがありとあらゆる良好な働きをする

 

※出典 『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』

 

先生

体内毒素の95%は便から出ていくから、食物繊維を摂って排便できればもうそれだけでかなり心強いと言えるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 食物繊維さえ豊富に摂っていれば様々なトラブルが起きにくい。

ニキビに効く効果とは

これら食物繊維の効果のうちニキビに効くのは、

 

  • 便秘解消
  • 有害物質排出
  • 腸内環境の改善

 

の効果ですね。まずは便秘ですが、詳細は下記の記事に書いたのですが、

 

041.ニキビ 便秘 関係 対策方法

(活性酸素、交感神経)

 

まとめるとこうなります。

 

  • STEP.1
    便秘になる
     
  • STEP.2
    腸内細菌のバランスが乱れ悪玉菌が増える
     
  • STEP.3
    活性酸素を発生させて老化を促進する
     善玉菌が減少し、美肌にとって必要なビタミンB群の合成が妨げられる。
  • STEP.4
    ニキビや肌荒れ、たるみやくすみ、シワやシミの原因となる。
     

 

もう一つの理由がこうです。

 

  • STEP.1
    脂に溶ける物質の2つの排泄ルートのうち排便が滞る
     
  • STEP.2
    もう一つは皮脂。
     
  • STEP.3
    便秘になりそのルートが滞ると、皮脂のルートから老廃物等を排泄しようとする
     
  • STEP.4
    皮脂の分泌が高まり、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ等の肌トラブルを招く
     

 

まだあります。

 

  • STEP.1
    消化器官は普段、いるものいらないものを分別し、吸収、排泄している
     
  • STEP.2
    しかし便秘になって腸の中に不要物がとどまると、腐敗や酸化が起こる
     
  • STEP.3
    それらの濃度が高くなると体はまたこの不要物を取り込んでしまう
     
  • STEP.4
    有毒刺激物質は体内をめぐり、皮脂腺からも分泌される
     
  • STEP.5
    ニキビや肌荒れの原因となる
     

 

つまりこの便秘の問題で先ほどの3つの要素をすべて考えることになるのですが、便秘が解消されることで有害物質の多くは排出され、腸内環境の悪化も改善します。活性酸素の発生を抑え、皮脂腺から有害物質が出ることを阻止することができるため、便秘を解消するだけでニキビの予防と対策に大いに貢献することができるのです。

 

055.ニキビ 大気汚染 原因 肌 予防(有害物質の摂取・蓄積)

 

食物繊維には、

 

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

 

の2つがありますが、『皮ごと食べるゴボウ』は、イヌリン(水溶性食物繊維)も、リグニン(不溶性食物繊維)も摂ることができるので、ゴボウ茶よりも高い効果を得ることができます。しかし、皮をそのまま食べるのは抵抗があるという人は、このゴボウ茶を食べるといいでしょう。

 

 

水溶性食物繊維の特徴

水に溶け、ねばねばゼリー状に膨らむ。このゼリーがコレステロールや胆汁酸を吸着し、腸から入る量を抑える。糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧の予防に役立ったり、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして発がん物質などをつくる悪玉菌の増加を抑えるなど、腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスをよくする。

 

 

不溶性食物繊維の特徴

水に溶けず、水分をたっぷり吸収する。数倍から数十倍に膨れ上がり、腸壁を刺激し、蠕動運動を高め、排便を促す。

 

両方とも大事な食物繊維です。これらが足りなければ、

 

  • 便秘
  • 有害物質蓄積
  • 腸内環境の悪化

 

となるわけですが、それによって引き起こされるのはニキビ等の肌トラブルだけではありません。先ほど挙げた糖尿病等の生活習慣病に加え、心臓病やがんなど、様々な問題の原因となります。そう考えると、ゴボウやゴボウ茶を含めた、様々な食物繊維をたくさんとることを心掛けたいですね。

 

 

 

先生

こうして考えると、確かに水溶性食物繊維のイヌリンの腸内フローラ改善効果は欲しいところだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 便秘を解消するだけでニキビの予防と対策に大いに貢献することができる
  • 水溶性食物繊維は腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスをよくする。
  • 不溶性食物繊維は蠕動運動を高め、排便を促す。

『○○だけ』を食べていたら大丈夫ということはない

『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』にはこうあります。

巷には『○○を食べれば健康になる』という情報が溢れていますが、『○○だけ』を食べていたら大丈夫か、といえばそんなことはありませんよね。ひとつの食物で、すべての栄養素が補えるわけがないからです。なにより『○○だけ』に偏れば、不足する栄養素が出て来たり、摂りすぎのものが出てくることは明らかです。

 

ゴボウ茶がいいからといってこれだけを飲んでいても健康になるわけではありません。ゴボウも食べて、ゴボウ茶も飲んで、あるいはワカメやキノコやこんにゃくを食べ、バナナにりんごにキウイを食べ、様々な種類の食物繊維を摂り、それに加えて、野菜や果物をベースにして様々な食材から様々な栄養を摂るのが一番いいのです。

070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果(コラーゲンとビタミンC)
073.ニキビ予防 バナナ 栄養 美肌効果

089.ニキビ対策 野菜ジュース 栄養 効果

 

先生

食事を考えるときの基本的な考え方だね!その基本をわすれちゃだめだよ!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ゴボウ茶だけを飲んでいても健康にはならない。

水溶性食物繊維が作る『短鎖脂肪酸』とは

たとえば先ほど『水溶性食物繊維は短鎖脂肪酸をつくり、これがありとあらゆる良好な働きをする』という項目がありました。短鎖脂肪酸の働きはじつに幅広く、健康に深くかかわっています。これが出ないと下記の様々な病気が発生します。

 

短鎖脂肪酸が出ないことによる病気

  • 胆管炎
  • 胆管がん
  • 胆のう炎
  • 胆のうがん
  • 膵炎
  • 酔眼
  • 生活習慣病全般
  • 心臓病、呼吸器疾患
  • 胃炎、胃潰瘍、食道炎

 

ですから、水溶性食物繊維を摂ることでこうした病気を予防することに役立ちます。ゴボウ茶にはその水溶性食物繊維のイヌリンが入っていますからね。とても心強いと言えます。

 

ではここで、『ヤクルト中央研究』の短鎖脂肪酸のページを見てみましょう。

脂肪酸とは、油脂を構成する成分のひとつで、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造をしています。そのうち炭素の数が6個以下のものが短鎖脂肪酸と呼ばれ、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが含まれます。

 

短鎖脂肪酸は、ヒトの大腸において、消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を腸内細菌が発酵することにより生成されます。生成された短鎖脂肪酸の大部分は大腸粘膜組織から吸収され、上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源として利用されます。また、一部は血流に乗って全身に運ばれ、肝臓や筋肉、腎臓などの組織でエネルギー源や脂肪を合成する材料として利用されます。

 

その他にも短鎖脂肪酸には、腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制する、大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進する、ヒトの免疫反応を制御する、などさまざまな機能があることが知られています。

 

やはりこの短鎖脂肪酸がかなりポジティブな作用をもたらすとありますね。しかし、インペリアル・カレッジ・ロンドンで生物学の学士号と修士号を取得したのち、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンおよびロンドン動物学協会で進化生物学の博士号を取得したアランナ・コリンが2016年に書いた『あなたの身体は9割が細菌』にはこうあります。

短鎖脂肪酸の役割

 

(省略)プロビオン酸は、消化されなかった食べ物を腸のマイクロバイオータが分解するときできる物質、短鎖脂肪酸の一つだ。代表的な短鎖脂肪酸は酢酸、酪酸、プロビオン酸で、どれも私たちの健康と幸福に欠かせない物質の一つだ。

 

マクフェイブが注目したのは、プロビオン酸は人体に重要な物質であると同時に、パン製品の防腐剤にも使われていることだ。パン製品は、多くの自閉症児が好む食べ物だ。さらに、プロビオン酸を賛成するのはクロストリジウム属の細菌だということが知られている。プロビオン酸そのものは有害な物質ではないが、ひょっとすると自閉症児の体内にはこの物質が過剰にあるのではないかとマクフェイブは考えた。

 

自閉症児のマイクロバイオータはプロビオン酸を過剰生産していて、そのプロビオン酸がふるまいに影響しているのだろうか。それを確かめるため、マクフェイブは一連の実験に乗り出した。生きたラットの脊柱に小さなカニューレを挿入し、そこから微量のプロビオン酸を脳脊髄液に注入した。

 

数分後、ラットは奇妙にふるまいはじめた。その場でぐるぐる回ったり、単一の物体に固着したり、突発的に走ったりするようになったのだ。二匹のラットを同じケージに入れてプロビオン酸を注入すると、立ち止まって互いのにおいをかぎあうことをせず、相手を無視してケージの中をぐるぐる走り続けた。ラットのふるまいが変わったのは明白で、しかもそれは自閉症患者のふるまいに似ている。

 

 

ニキビ

つまりこういうことです。

 

  • STEP.1
    自閉症児が好んで食べるパン製品には短鎖脂肪酸のプロビオン酸が含まれる
     
  • STEP.2
    プロビオン酸をラットに注入してどうなるか実験
     
  • STEP.3
    その場でぐるぐる回ったり、単一の物体に固着したり、突発的に走ったりするようになった
     
  • STEP.4
    自閉症患者に似た振る舞いをするようになった。
     

 

このように、実際に多くの人が知っている知識の裏に、隠されたもう一つの真実が眠っている可能性は否定できません。短鎖脂肪酸の増加が自閉症的な症状の原因になっているかどうかは断言されませんが、その可能性は否定できないのです。

 

食事というのは先ほどの本にもあったように、『○○だけを食べていたら大丈夫』ということはありません。ある食材のある栄養を、ほかの栄養が補って強化したり、補助したりしています。ですから、こと細かく追及していったら、『良いと言われている食材Aは、実は食材Bの存在がなければポジティブな結果をもたらさない』という事実があるかもしれません。

 

  • STEP.1
    良いと言われている食材Aを摂取
     
  • STEP.2
    しかし実際には食材Aは、食材Bと一緒に食べることでしか効果を発揮しない
     それどころかむしろ有害となる。

 

といった事実が存在するかもしれないのです。そういう意味でも、一つの食材にこだわるのはやめた方がいいかもしれません。『バランスよく食べる』という古くからある名言は、至言なんですね。

 

至言(しげん)
考え抜かれて見出した名言。間違いなく的を射た言葉。

 

先生

一つの食材にこだわることの危険性は、『あまりそういう人がいない』ということもあるんだ!つまり、そういう行為をすると体がどうなるか予測できない!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 短鎖脂肪酸が出ないと様々な病気になるが、増加すると自閉症的な症状が出る可能性もある。
  • 一つの食材にこだわるのはやめた方がいい。