ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ニキビを針で潰すときの注意点は?赤ニキビになったらもうできない?

ニキビを針で潰すときの注意点は?

潰して芯を押しだす方法は、黒ニキビの段階までが有効だとされています。

赤ニキビになったらもうできませんので、注意が必要です。ただ、『針で潰す』のは専門家の仕事です。

先生

ただ、針で潰すのは基本的に『赤ニキビ』だね!針は普通は使わないから!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

『潰せるものは潰した方が治りが早い』

 

ニキビ

下記の記事に書いたように、ニキビの芯、つまり中身を押し出すことが可能であるケースがあります。

 

050.ニキビ 芯 取る 治療 対策方法

051.ニキビ パンパン 膿 予防 対策方法

 

このうち、潰して芯を押しだす方法は、黒ニキビの段階までが有効だとされています。その方法については各記事にて詳細を書きましたので、注意点と併せてご確認ください。

 

030.白ニキビ 原因

029.黒ニキビ 原因

 

赤ニキビまで進んでしまうともうつぶせません。赤ニキビは炎症を起こしている真っ最中なので、刺激を与えるのは厳禁です。無理にコメド圧子で押すと、ニキビの中の膿や体液がにじみでてきたり、また皮膚がもろいのでかえって傷痕を大きくしてしまいます。コメドを押し出すのは黒ニキビまでだけに有効なホームケアです。

 

015.赤ニキビ 原因

 

ただ、赤ニキビの段階でも専門医がやると綺麗に出せるときがあります。下記の動画は品川美容外科が出しているものですが、潰しているのは赤ニキビですね。針を使って潰しています。

 

 

『潰せるものは潰した方が治りが早い』と言っていますから、やはり専門医に任せるとこの手の問題でも最善策を取ってくれるでしょう。しかし専門書には『自分でやるつぶすホームケアは黒ニキビまで』とありますから、それ以上に悪化してしまった場合や、自信がない場合は専門家に任せた方が賢明です。何しろ、入れ墨や傷跡と一緒で、クレーターまでのニキビ痕になってしまったらもう取り返しがききませんからね。

 

002.ニキビ痕 消えない

047.ニキビ クレーター

 

先生

普通はコメドプッシャーや綿棒で潰すから、針を使って潰すのは素人はやめた方がいいね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 潰せるものは潰した方が治りが早い。
  • 潰して芯を押しだす方法は、黒ニキビの段階までが有効。
  • 針を使って潰すのは専門家で、その場合は赤ニキビのことが多い。

不自然行動とは一体なにか

このような行動は『不自然行動』なわけです。自然な行動は、それを放置することです。無理につぶすことは自然ではありません。ピーリングや脱毛もそうですが、そうした不自然な行動はすべて体に負荷をかけます。ですから、やるとしても慎重に、頻度も落として行うことが求められます。

 

各『不自然行動』の頻度の目安

脱毛 体調を万全にして、慎重に。
ピーリング 週に2度を目安。
イオン導入器 週に2度を目安。
毛穴パック 2周に1度を目安。
クレイマスク 週に1度を目安。

 

057.ニキビ ピーリング 効果 注意点

 

ここでこう思う人がいるでしょう。

 

放置するのが自然なわけあるかよ。こんなにニキビができているのによ

 

そういう人は、視点をガラリと変える必要があります。インペリアル・カレッジ・ロンドンで生物学の学士号と修士号を取得したのち、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンおよびロンドン動物学協会で進化生物学の博士号を取得したアランナ・コリンが2016年に書いた『あなたの身体は9割が細菌』にはこうあります。

しかしながら、いちばん近い道路まで数十キロメートルあるパプアニューギニアの高地や、インドネシアのスラウェシにあるシージプシー・ビレッジ(漂流民の村)で暮らす人にニキビはない。10代の若者にもない。オーストラリアやヨーロッパ、アメリカ、日本では、みんなニキビになっているというのに。

 

(中略)花粉症と同じく、私たちはニキビを日常生活の一部とみなしがちだ。とくに10代後半のニキビはそうだ。けれども、なぜ未開地の人々にはニキビがないのだろう?

 

  • オーストラリア
  • ヨーロッパ
  • アメリカ
  • 日本

 

といった先進国では当たり前のニキビ。とくに10代なら余計に当たり前の常識として根付いているこの常識。しかし、実はこの常識は、『全世界の常識』ではないのです。どういうことでしょうか。その未開地の人々に、アクネ菌が存在しないとでも言うのでしょうか。そんなことはないのです。

 

ニキビ

これと同じポイントをついた話が『アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!』にあります。

200年前から変わらない日々の営み

 

(省略)『アーミッシュの人はアレルギーが少ないって聞いたのですが、本当ですか?』『アレルギーって花粉症とかアトピーとかのことよね。私の周りでは聞いたことないね。ほとんど話題にものぼらないよ。』

 

ご主人も奥さんも同じ答えだ。『アメリカでは3人に1人がアレルギーがあるとも言われている。なぜ同じアメリカに住んでいて、アーミッシュの人はアレルギーにならないんですか?』デービットさんは深くうなずきながら答えた。

 

『それは私たちにもはっきりわからない。でも私たちは普通の人とはちょっと違う暮らしをしているから、それが関係しているのかなあ』

 

 

アーミッシュ
キリスト教プロテスタントの一会派でドイツ系の移民。宗教的な意見の相違から迫害を受け、200年ほど前にヨーロッパからアメリカやカナダに移り住んだ人々。

 

アーミッシュの人々の生活の特徴をまとめてみましょう。

 

  • 電気を使わずガス灯を使う
  • 牛乳は加熱殺菌をせずそのまま飲む
  • 食事はすべて自給自足(農薬は使わず、肥料は牛のふん)
  • ほとんどの家に牛がいて、馬は大切なパートナー
  • 子供の頃から家畜に触れて生きている(排泄物の処理もする)

 

彼らはこのような200年前(昔)から変わらない『自然との共生』を意識した生活を守ってきました。そのおかげで、あらゆるアレルギーとは無縁の生活をしているのです。ここで見えてきたのが、『先進国ほど21世紀病』にかかりやすくなるという傾向ですよね。

 

21世紀病
アトピー性皮膚炎、消化器トラブル、心の病気等。

 

そして未開地の人々にはニキビがない現実。これは一体何を意味するのでしょうか。現段階で言えるのは、アクネ菌はたしかにニキビと『相関関係(なんらかの関係)』があるということ。しかし、『因果関係(確実な関係性)』があるとは断言できず、ニキビの原因はもっと他にあるということです。

 

ニキビ

052.ニキビ 原因 アクネ菌 対策方法(未開地、パプアニューギニア)

 

先生

自然と不自然について今一度考えてみよう!もしかしたらまずの大前提で、『人間が自然から逸れた』ことが原因でニキビになったのかもしれないね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 自然な行動は、それを放置することであって、無理につぶすことは自然ではない。

『自然に沿った生き方』とはなにか

『病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-』にはこうあります。

『自然に沿った生き方をしましょう』といっても、私たちの現代の生活、とくに都会での生活は、衣食住そのほかの日常すべてが、すでに本来の自然から大きくかけ離れてしまっています。私は、『これらの現代文明のすべてを捨てて、原始時代の生活に戻りましょうね』と言うつもりは、もちろんありません。ちょっとした工夫で、現代生活のなかでも改善できることがたくさんあるのです。

 

(中略)この地球上のすべての生物は、人も動物も植物も微生物も、さらには鉱物などの生物以外のものも含めて、地球の分身であり、きょうだいであり、すべてが循環してつながっています。どれが上、どれが下もない、同じ地球の一部で、それぞれの役割の違いがあるだけなのです。

 

人以外のすべての生物は、自然に沿って生きています。人だけが高度な知能をもち、ほかを支配してもいいというのは、きわめて傲慢な考えであり、その結果ゆえに多くの人が病気になっていくのです。つまり、病気にならない心とは、これらすべてのものの役割を認め、感謝する心ということになります。

 

確かに、明らかに明らかにニキビができてそれを放置するのは不自然かもしれません。しかしその前に考えるべきなのは、『どうしてニキビができたのか』という根本的な理由です。なぜ未開地の人々や自然に沿った生き方をした人々に、あまり病がないのか。そういうことを考えたとき、『自然とはなにか』という疑問の本質に、目が向くかもしれません。

 

ニキビ

 

先生

ニキビをつぶすのは不自然な行動だけど、その前にニキビができたこと自体が不自然かもしれないんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『自然に沿った生き方』とはなにか考えてみる。