ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

イチゴ等のベリー類は抗酸化作用が強い!果物でニキビ対策をしよう

イチゴはニキビに効くの?

はい。

イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲン生成にも役立ちます。また、ベリー類は高い抗酸化作用があります。イチゴの場合は『アントシアニン』です。

先生

イチゴは毎日食べられるような果物ではないけど、旬の時期には積極的に食べたいね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

イチゴの栄養素

 

ニキビ

ニキビに効くフルーツだけで様々なものがありますが、イチゴものそのうちの一つとして数えることができます。『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

8~10個で一日分のビタミンCがとれる

 

イチゴ8~10粒(約140g)でビタミンCの一日の必要量がとれます。ビタミンCはシミやそばかすなどの肌トラブルに有効です。また、赤い色素はアントシアニンというポリフェノールで、肝機能の強化や視力低下を防ぐ働きが期待されます。

 

体内でのおもな働き

  • 美肌効果、免疫機能アップ。
  • 食物繊維やカリウムも豊富で、動脈硬化予防に期待が出来ます。
  • 赤血球をつくる葉酸も含み、貧血や冷え性の改善にも役立ちます。

 

一緒に摂りたい食材

  • プレーンヨーグルト

イチゴの有機酸が、ヨーグルトのカルシウムが吸収されるのをサポート。

 

イチゴがニキビに効く理由は、

 

  • ビタミンC
  • アントシアニン
  • 葉酸
  • 食物繊維

 

ですね。またヨーグルトと一緒に食べれば腸内フローラの最適化にも貢献できます。腸内フローラについては下記の動画をご覧ください。わかりやすく説明してくれています。

 

 

乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトを食べれば、腸内の乳酸菌の一種であるビフィズス菌にたくさんのエサを与えられる。それによって腸内フローラは善玉菌優勢になり、悪玉菌が原因の肌荒れや便秘、体臭等の問題を解決してくれる。

 

ということが言えるわけですね。実際には、ヨーグルトの乳酸菌以外にも、食物繊維自体が腸内細菌に良い影響を与えるので一石二鳥です。

 

087.ニキビ対策 ヨーグルト 栄養 効果(悪玉菌が増える要素)

 

先生

旬の時期以外の食材を食べると、保存料なんかの余計なものを摂ることになるから注意が必要だね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • イチゴがニキビに効く理由は、ビタミンC、アントシアニン、葉酸、食物繊維が入っているから。
  • ヨーグルトとの相性もバッチリ。

ビタミンCとアントシアニンの抗酸化作用

またビタミンCについては下記のアセロラに書きましたが、ビタミンCだけでも抗酸化作用があり、さらにはコラーゲンの生成に欠かせません。つまり、『コラーゲンの口からの直接の摂取』はできなくても、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取し、『体内でのコラーゲン合成能力を強化させる』ことはできるわけです。

 

069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果

 

様々な食材のビタミンC含有量

ミドリムシ 5mg
バナナ 14.4mg
イチゴ 62mg
キウイ 69mg
レモン 100mg
アセロラ 800~1700㎎

 

ただし、このビタミンCということだけで言えばアセロラにはかないませんね。したがって、もしビタミンC目的で果物を食べるなら、アセロラを摂った方が合理的だと言えるでしょう。しかし高い方です。イチゴ8~10粒(約140g)でビタミンCの一日の必要量がとれるわけですから、心強いですね。それくらいは食べられますからね。

 

またアントシアニンの抗酸化作用ですが、これも活性酸素が原因のニキビ予防と対策に役立ちます。例えば、レモンには『エリオシトリン』というポリフェノールが入っています。

 

レモンには『エリオシトリン』

082.ニキビ対策 レモン 栄養 効果

 

パセリなどの緑色野菜には『クロロフィル』

074.ニキビ対策 パセリ 栄養と効果は(偏った食習慣)

 

赤いパプリカは『カプサンチン』

071.ニキビ パプリカ 予防効果 栄養

 

『リンゴの皮』には『アントシアニン』、青りんごは『クロロフィル』、果肉は『フラボノイド』

 

と、それぞれ抗酸化力を持っています。そしてこのイチゴも『アントシアニン』という抗酸化物質を持っているんですね。

 

各食材の抗酸化物質

キウイポリフェノール

緑色野菜 クロロフィル
赤いパプリカ カプサンチン
アセロラ アントシアニン
アボカド β-カロテン
イチゴ アントシアニン
ザクロ アントシアニン、レスベラトール
夏ミカン オーラプテン
みかん β-クリプトキサンチン
バナナ ポリフェノール
ベリー類 アントシアニン
マンゴー エリオシトリン
リンゴ(皮) アントシアニン
リンゴ(青) クロロフィル
リンゴ(果肉) フラボノイド
レモン エリオシトリン

 

 

『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

活性酸素こそ肌の大敵

 

(省略)この活性酸素は、ニキビを悪化させるだけでなく、皮膚に対してさまざまな悪さをします。(中略)今まで見てきたように、活性酸素は皮脂を酸化することによってニキビをつくり、炎症を悪化させます。日焼けの炎症も活性酸素のしわざですし、メラニン色素の生成を促してシミやくすみの原因をつくるのも活性酸素です。

 

また活性酸素は皮膚細胞を傷つけて皮膚の老化を早め、しわやたるみをつくります。そして究極の害は、DNAを損傷して皮膚がんを誘発することです。(中略)このように活性酸素は、あらゆる肌のトラブルに関わっています。

 

紫外線はニキビの大敵ですが、大元は活性酸素です。活性酸素こそ肌の大敵ですからね。この働きを阻止する抗酸化物質は、毎日欠かさず食べるべきなのです。

 

130.活性酸素 肌 関係 影響 予防方法

 

先生

ビタミンCはコラーゲン生成の手助けもするから一石二鳥なんだ!コラーゲンを直接食べてたり塗ったりしても患部には直接届かないからね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンCとアントシアニンの抗酸化作用はニキビに効く。

葉酸がなぜニキビに効くのか

それから、赤血球をつくる葉酸も含み、貧血や冷え性の改善にも役立ちます。葉酸はビタミンの一種ですね。基本的に、ビタミンはすべてニキビに有効だと言えます。

 

093.ニキビ 予防 ビタミン 種類

 

下記の記事に『冷えると血液が汚れる』と書きましたが、これも実はニキビの原因となるのです。

 

053.ニキビ 原因 肌 冷え 対策(お血(オケツ))

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

また、運動不足や喫煙によって血の流れが滞ると『瘀血(オケツ)』が起こります。瘀血はいわば血行不良です。肌にはニキビや湿疹、シミなどができやすくなります。

 

ニキビ

この『瘀血』というのは東洋医学の考え方で、簡単に言えば『血の流れが滞る』状態です。身体が冷え、血流が滞ると、血が汚れます。すると、それだけの理由でもニキビや肩凝り、クマ、シミなどの様々な問題が起きるのです。こうした症状は、漢方薬によっても治療できるので、下記の記事にまとめた漢方薬についてもチェックしてみましょう。

 

 

先生

血の汚れや、冷えもニキビの原因だから、それに働きかける葉酸もニキビに効くと言うことができるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 赤血球をつくる葉酸が、貧血や冷え性の改善をしてニキビに効く。

食物繊維はどうか

そして食物繊維です。

 

食物繊維のすごい効果

  • 便の一部となり、便量を増大する
  • このため便秘を防ぐ
  • 発がん物質や有害菌、有害物質を吸着し、体外に排出する
  • 腸をはじめ、消化管の働きを活発にする
  • 糖の吸収速度を遅くし、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ
  • 唾液の分泌を促す
  • 胆汁酸を吸着し、体外に排泄する
  • コレステロールの余分な吸収を防ぐ
  • ナトリウムの過剰を防ぐ
  • 腸内の善玉菌の餌となるため有用菌が増え、腸内環境を改善する
  • お腹が満たされるため、過食しにくくなり、カロリー制限できる
  • 粘性の食物繊維ほど、小腸に分泌される膵液と胆汁の液や酵素の量を多くする
  • 腸の蠕動を活発にし、内容物をすみやかに移動させる(体外に排出しようとする)
  • 水溶性食物繊維は短鎖脂肪酸をつくり、これがありとあらゆる良好な働きをする

 

※出典 『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』

 

これら食物繊維の効果のうちニキビに効くのは、

 

  • 便秘解消
  • 有害物質排出
  • 腸内環境の改善

 

の効果ですね。まずは便秘ですが、詳細は下記の記事に書いたのですが、

 

041.ニキビ 便秘 関係 対策方法(活性酸素、交感神経)

 

  • STEP.1
    便秘になる
     
  • STEP.2
    腸内細菌のバランスが乱れ悪玉菌が増える
     
  • STEP.3
    活性酸素を発生させて老化を促進する
     善玉菌が減少し、美肌にとって必要なビタミンB群の合成が妨げられる。
  • STEP.4
    ニキビや肌荒れ、たるみやくすみ、シワやシミの原因となる。
     

 

もう一つの理由がこうです。

 

  • STEP.1
    脂に溶ける物質の2つの排泄ルートのうち排便が滞る
     
  • STEP.2
    もう一つは皮脂。
     
  • STEP.3
    便秘になりそのルートが滞ると、皮脂のルートから老廃物等を排泄しようとする
     
  • STEP.4
    皮脂の分泌が高まり、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ等の肌トラブルを招く
     

 

まだあります。

 

  • STEP.1
    消化器官は普段、いるものいらないものを分別し、吸収、排泄している
     
  • STEP.2
    しかし便秘になって腸の中に不要物がとどまると、腐敗や酸化が起こる
     
  • STEP.3
    それらの濃度が高くなると体はまたこの不要物を取り込んでしまう
     
  • STEP.4
    有毒刺激物質は体内をめぐり、皮脂腺からも分泌される
     
  • STEP.5
    ニキビや肌荒れの原因となる
     

 

つまりこの便秘の問題で先ほどの3つの要素をすべて考えることになるのですが、便秘が解消されることで有害物質の多くは排出され、腸内環境の悪化も改善します。活性酸素の発生を抑え、皮脂腺から有害物質が出ることを阻止することができるため、便秘を解消するだけでニキビの予防と対策に大いに貢献することができるのです。

 

055.ニキビ 大気汚染 原因 肌 予防(有害物質の摂取・蓄積)

098.ニキビ 予防 対策 ごぼう茶 効果(短鎖脂肪酸)

041.ニキビ 便秘 関係 対策方法(活性酸素、交感神経)

 

先生

基本的に野菜や果物は腸内環境を整える効果があるからね!だから率先して肉なんかよりもこうした食材を得ることが推奨されるんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 食物繊維で腸内環境を改善し、便秘を解消するだけでニキビの予防と対策に大いに貢献することができる。

イチゴだけ食べていてもだめ

『正しい玄米食、危ない玄米食~マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか~』にはこうあります。

巷には『○○を食べれば健康になる』という情報が溢れていますが、『○○だけ』を食べていたら大丈夫か、といえばそんなことはありませんよね。ひとつの食物で、すべての栄養素が補えるわけがないからです。なにより『○○だけ』に偏れば、不足する栄養素が出て来たり、摂りすぎのものが出てくることは明らかです。

 

イチゴだけを食べればいいということではありません。ですから、ことニキビケアということでフルーツを食べるなら、下記のような果物の盛り合わせを食べた方が効果があります。

 

ニキビに効く果物とその効果

アボカド 抗酸化作用、美肌効果
イチゴ 便秘改善作用、抗酸化作用、美肌効果、冷え性改善
バナナ 便秘改善作用、抗酸化作用、美肌効果、精神安定効果
アセロラ 強力なビタミンC
キウイ 便秘改善作用、快眠作用
ベリー類 強力な抗酸化作用

 

069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果
070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果(コラーゲンとビタミンC)
072.ニキビ対策 アボカド 予防効果 栄養
073.ニキビ予防 バナナ 栄養 美肌効果

 

そう考えたとき、下記の動画のような『フルーツの盛り合わせ』にイチゴはぴったりですね。

 

 

イチゴは圧倒的にスイーツに使われることが多い果物ですが、下記のようなものも美味しいに決まっているのですが、ニキビや美容のことを考えるとフルーツの盛り合わせの方がいいでしょう。余計なものを摂らずに済みます。

 

 

スムージーでもいいですね。下記のようなレシピであれば野菜や果物をふんだんに使っていて、とても美容と健康にいいです。素晴らしいですね。

 

 

医学博士のマイケル・グレガーの本、『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

野菜の中では緑色野菜が、果物の中ではベリー類がもっとも健康によいのは、おもに植物色素の働きによる。緑色の植物の葉には葉緑素(クロロフィル)が含まれ、活発な光合成を引き起こす。そのとき産生される高エネルギー電子の働きを抑制する為に、緑色植物には抗酸化物質がたくさん含まれている。

 

(中略)では赤玉ねぎと白玉ねぎでは、どちらのほうが抗酸化物質を多く含んでいるだろうか?答えは一目瞭然、調べるまでもない(実際に、赤玉ねぎは白玉ねぎよりも高酸化力が76%も高く、黄玉ねぎはその中間だ)

 

(中略)だから、いちごは赤みがなるべく強いものを、ブラックベリーは黒々としているものを、トマトは真っ赤なものを、ブロッコリーは緑色が濃いものを、選んで買おう。色素にこそ、老化防止作用、抗がん作用、抗酸化作用があるのだから。

 

果物や野菜のこうしたカラフルな色素にこそ、抗酸化作用が含まれているわけですが、中でもベリー類はとても抗酸化作用が高いんですね。イチゴは『ストロベリー』ですからね。赤みがなるべく強いものを選ぶといいでしょう。

 

ニキビ

 

先生

より赤が強くて光沢のあるイチゴは、見ただけで鮮度があって美味しそうだと思う人も多いだろうね!実際に栄養価が高いんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • イチゴだけを食べればいいということではない。
  • 果物の中ではベリー類がもっとも健康によい。
  • いちごは赤みがなるべく強いものがよい。

果物に含まれる当分は太らない?

また本にはこうもあります。

果物に含まれる当分は太らない?

 

(省略)グラス1杯の水に大さじ3杯の砂糖を溶かして飲むと、1時間も絶たないうちに血糖値が上昇する。(中略)では、砂糖水に加えて、さらにベリー類(1カップ)を食べたらどうなるだろう?ベリー類にも糖分が含まれているため(大さじ約1杯に相当)、血糖値の上昇幅は更に大きくなるはずでは?

 

(中略)1日当たり20品目の果物を数か月にわたって摂取するように指示した。このような果物中心の高フルクトース食(1日当たり炭水飲料8缶分に相当)を続けたにもかかわらず、結果は良好で、体重や血圧、インスリン値コレステロール値、トリグリセリド値などの悪化は見られなかった。

 

実は、『果物の果糖は血糖値を上げない』という説があります。これは有力な説です。基本的に出回っているのは『果物の果糖でも血糖値が上がり、活性酸素を生み出して美容に悪い』というものですが、それがわかった上で、この医学博士はこう言うわけです。1日当たり20品目の果物を数か月にわたって摂取のに、何一つこれらの数値に悪影響がなかったというのです。

 

ニキビ

特にベリー類が挙げられているんですね。そう考えるとイチゴはとても美容と健康に役立ちそうです。いくら食べても太らないとか、イチゴだけ食べていればそれでいいということではなく、積極的に食べていきたい食材ですね。

 

先生

一部では『だけど食べすぎて肥満につながる』って言われているけど、ここには『体重や血圧』とかって具体的に書いてあるよね!実験結果が出ているんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 果物の果糖は血糖値を上げない。