ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ニキビに効くサプリメントは?美肌を保つための予防に効果があるのは

ニキビに効くサプリメントはある?

あります。

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • システイン
  • ヨクイニン

 

が含まれているものはニキビに有効です。

先生

ニキビに効くサプリメントは、ニキビに効く栄養素から割り出せば見えてくるね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ニキビの市販飲み薬はサプリメントのみ

 

ニキビ

ニキビにも効く美容サプリは、下記の記事に書いたことがベースとなります。

 

059.ニキビ 肌 飲み薬 市販 効果

 

基本的にニキビ用の飲み薬というものはほとんど市販薬ではありませんので、このようなサプリメントを摂ってニキビを内側からケアしていくことになります。

 

 

その他にある商品も大体同じです。

 

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • システイン
  • ヨクイニン

 

が含まれていて、同じアプローチの方法を取っています。これらの栄養素がニキビに有効だからですね。また、『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

抗酸化作用のある食品を摂り、肌老化を防ぐ

 

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのこと。活性酸素は反応性の強い酸素の一種で、さまざまな体内の活動にともなって副産物として生まれるもの。有効な働きももつのですが、増えすぎると体内で細胞を傷つけ、老化を促したり、がんの原因となったりするといわれています。肌にとっても、シミやシワなどの肌老化を促し、肌荒れ、ニキビなどを引き起こす原因に。

 

先生

サプリメントの場合、特にニキビに有効な栄養素を詰め込んでいるから、ニキビには何が必要な栄養素なんかっていうことがそこからわかるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ニキビに効く栄養素を確認する。

ビタミンACE(エース)とは

抗酸化作用のある食品は色々ありますが、ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いのは『ビタミンACE(エース)』です。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ですね。それについての詳細は下記の記事にまとめてありますので、併せてご確認ください。どんな食品に含まれているかということを記載しています。

 

 

ビタミンA

まずはビタミンAです。ちなみにビタミンAの化学名は『レチノール』です。『ベータカロテン』は体内でビタミンAに変化するので、ベータカロテンもビタミンAと考えます。レチノールは動物性食品から摂れて、ベータカロテンは植物性食品から摂れます。

 

レチノールを多く含む食品(100g中)

鶏レバー 14,000ug
豚レバー 13,000ug
あんこう(肝) 8,300ug
銀だら 1,500ug
うなぎのかば焼き 1,500ug

 

 

ベータカロテンを多く含む食品(100g中)

モロヘイヤ 10,000ug
西洋かぼちゃ 3,900ug
にんじん 6,900ug
しゅんぎく 4,500ug
あしたば 5,300ug

 

ニンジンは、中くらいのサイズ一本でベータカロテンが12,500ugありますから、ビタミンA含有率はトップクラスです。一日の必要摂取量は男女の平均で約『800ug』です。ベータカロテンは最終的にレチノールに変換されますので、レチノールとしての利用料がどれだけあるかを計算します。

 

ニキビ

カロテンは腸での吸収が1/6、そこからのレチノール変換が1/2といわれているのでカロテンのレチノールとしての利用量は、摂取分の1/12程度だとされていますので、

 

12、500(カロテン)÷ 12=1,250(レチノール)

 

で、ニンジンは、中くらいのサイズ一本で『1,250ugRE』のビタミンAが摂れるということですね。それで十分一日の必要摂取量を摂れます。モロヘイヤもすごいですね。

 

108.ニキビ予防 にんじん 栄養と効果は(ベータカロテン)

114.美容 肌 対策 モロヘイヤ 効果は

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの体内合成を促す役割を果たしますから、ニキビにとてもいい影響を与えます。

 

薄毛

 

070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果

069.ニキビ アセロラ 栄養 美肌効果

 

一日に必要なビタミンCの摂取量は『100㎎』ですが、もしそれが補えないのであれば意識して食材から摂る必要があります。様々な食材のビタミンC含有量を見てみましょう。

 

様々な食材のビタミンC含有量(100g)

ミドリムシ 5mg
ミカン 32mg
イチゴ 62mg
キウイ 69mg
レモン 100mg
アセロラ 800~1700㎎

 

アセロラはずば抜けていますね。その他にも、ブロッコリーやかぼちゃ、ホウレンソウ等にも多くのビタミンCが含まれていますから、積極的にそれらを『食材で』摂る必要があります。これを『サプリメントで』と言わないのは後で説明します。

 

ニキビ

073.ニキビ予防 バナナ 栄養 美肌効果

070.ニキビ キウイ 栄養 美肌効果(コラーゲンとビタミンC)

102.ニキビ 予防 イチゴ 効果

 

ビタミンE

次にビタミンEです。

 

様々な食材のビタミンE(100g中)含有量

パプリカ(黄) 2.4mg
パプリカ(赤) 4.3mg
アボカド 4.62mg
うなぎのかば焼き 4.9mg
西洋かぼちゃ 4.9mg
アーモンド 30.3mg

 

一日の必要摂取量は男女平均でおよそ『6.5mg』です。西洋かぼちゃの煮物一人分がおよそ6.5㎎程度ですね。かぼちゃにはビタミンACE(エース)がバランスよく入っているので、ニキビにもとても有効です。もちろん、ナッツはずば抜けていますね。

 

ニキビ

112.ニキビ予防 かぼちゃ 効き目(ビタミンの代表食材)

075.ニキビ対策 ナッツ 栄養と効果は(アーモンド統合)

071.ニキビ パプリカ 予防効果 栄養
072.ニキビ対策 アボカド 予防効果 栄養

 

先生

ビタミンACEがバランスよく入っているかぼちゃやブロッコリーはとてもいいね!アーモンド、にんじん、モロヘイヤなんかも栄養価が高いよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を摂ることはニキビ治療にとても有効。
  • ビタミンCはコラーゲンの体内合成を促し、ニキビにもいい影響を与える。

βカロチンをサプリで摂るとがんになる?

ここまで考えると、冒頭に挙げた対ニキビサプリメントになぜビタミンACE(エース)が入っていないのか気になりますね。ビタミンACEに絞ったサプリメントもあります。アマゾンでは以下の商品しかありませんが、

 

 

その他にもマルチビタミンという形でビタミンACE(エース)は摂れます。

 

 

一緒に配合してはいけないのであれば、マルチビタミンにも入っていないはずですが、こっちには総合的に様々なビタミンが入っています。その詳細はわかりませんが、結果的にはそれでうまくバランスが取れています。

 

実はこのベータカロチンには注意点があるのです。『健康にいいものばかり食べていると早死にします』にはこうあります。

ベータカロチン神話の崩壊

 

ベータカロチンはビタミンAが2つ結合した抗酸化物質で、野菜や果物のがん予防効果の主要因と推測されました。疫学研究では、ベータカロチンは血中濃度が1デシリットルあたり2~10マイクログラム程度の濃度の低い人たちに比べて、20~50マイクログラムという数値の高い人のがんのリスクが低いことも示されました。

 

そこで、米国やフィンランドで、大規模な研究が行われました。たとえば肺がんを減少させる効果があるのではないかと期待されたのです。一方の被験者にはベータカロチンとビタミンAを、他方にはニセ薬(プラセボ)を与えて調査を続けました。

 

すると、約1万8千人の喫煙者などの肺がんリスク者が参加したフィンランドでも、肺がんリスク者が参加した米国の結果では、喫煙者で肺がん発生率が28%、死亡率で17%高くなったのです。約3万人が参加したフィンランドでも、肺がんになる危険率が18%も上昇しました。

 

(中略)ともかく、野菜や果物から摂るのはいいのですが、サプリでは摂りすぎになり危険性が高まります。

 

野菜や果物から摂るのはいいのですが、サプリでは摂りすぎになる可能性があり、がんリスクが高くなるというデータがあるんですね。つまり、いくら抗酸化作用が体にいいからといって、それを過剰摂取すると今度は違う問題を引き起こすのです。

 

  • STEP.1
    抗酸化作用のあるサプリメントを摂取する
  • STEP.2
    ガン細胞が活性化する可能性がある
  • STEP.3
    医師の間では抗酸化サプリは危険視されている

 

したがって、先ほど一つだけあったビタミンACE(エース)のサプリメントですが、実はあのタイプは危険なのです。ここでは『抗酸化サプリ』自体が危険視されていて、まずはベータカロテンだけがピックアップされていますが、ビタミンACE(エース)はすべてが抗酸化物質です。つまり、そのどの栄養素も摂りすぎると、もしかしたらがんのリスクを高める可能性があります。だから『結果的にバランスが取れている』と言いました。

 

なぜ対ニキビサプリメントにビタミンACE(エース)が入っていないのかはわかりませんが、もし入っていれば一日に何度も摂る人が現れて、問題になっていたでしょう。ビタミンACE(エース)のサプリメントを摂りすぎていた人は問題ですが、規模的に、あの商品よりも『チョコラBB』等の商品を使用している人の数の方が多いといえます。

 

そのような王道商品があるのに、わざわざ対ニキビサプリメントとしてビタミンACE(エース)を買う人は、よほど抗酸化作用に興味があって知識がある人ですが、そのような人はこの『ベータカロテン神話』の話をとっくに知っていて、手を出していないので、あまり大きな問題が起きていないのかもしれません。

 

先生

ベータカロチンだけが抗酸化物質じゃないからね!その他の抗酸化物質もサプリメントで摂っちゃいけないのかが気になるけど、ベータカロチンだけが今のところピックアップされているね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ベータカロチンは野菜や果物から摂るのはいいが、サプリでは摂りすぎになる可能性があり、がんリスクが高くなるというデータがある。

サプリメントの専門書でも追えていない事実がある

『サプリメント健康事典』にはこうあります。

肌が荒れやすい

保湿因子のバランスがくずれると肌荒れに

 

肌の潤いは、皮脂、天然保湿因子(アミノ酸など)、角質細胞間脂質(セラミドなど)という3つの保湿因子によって一定に保たれています。このうちどれかが減ってしまうと肌の水分量や皮脂が減少し、肌荒れにつながります。(中略)逆に、皮脂の分泌が多すぎると皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こし、ニキビを引き起こします。

 

この本には『症状別』として状況に応じたサプリメントが紹介されていますが、ニキビということで言うと、この項目になります。そして推奨されているサプリメントは、

 

  • ビタミンACE(エース)
  • ビタミンB群

 

です。まさに今挙げた二つのタイプのサプリメントですね。しかし、この本はサプリメントの専門書なのに、『ベータカロテンとがんの関係』について書いてありません。この点においては、各分野の専門家から総合的な情報を集めている当サイトに分が上がると言っていいでしょう。もちろん、この点だけですが。

 

ニキビ

とにかく覚えておきたいのは、ビタミンACE(エース)を野菜や果物から摂るのはいいのですが、サプリでは摂りすぎになる可能性があり、がんリスクが高くなるというデータがあるということ。つまり、いくら抗酸化作用が体にいいからといって、それを過剰摂取すると今度は違う問題を引き起こすのです。

 

先生

ビタミンCもEも、コエンザイムQ10も、アスタキサンチンもみんな抗酸化物質もだからね!とりあえず筆者はアスタキサンチンを摂るのをやめたけど!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • サプリメントの専門書でもベータカロチン問題は追えていない。

サプリメント依存はNG

ですから、ニキビを食品から治療する際は、決してサプリメントに依存してはいけません。サプリメントに対する意見は真っ二つに分かれていますが、きちんと使えば有効になります。例えば、サプリメントだけを摂取して食材を口にしないという極端なやり方をすれば、もちろんNGです。

 

ニキビ

 

しかし、ベースとなる5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)をまずは食材からしっかりと摂り、そのうえで更に『補助・強化』という位置づけでサプリメントを摂る。これならば、サプリメントは『あってもなくてもいい』状態の上で『補助・強化』として摂取するので問題はありません。もちろん、過剰摂取に注意することが必要です。

 

先生

サプリメントは栄養素を補給できることは事実だけど、それに依存した生活はNGだね!本末転倒だよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • サプリメント依存はNG。

大豆イソフラボンもがんリスクを高める

例えばイソフラボン。大豆からとれるイソフラボンは女性の強い味方です。最強の抗酸化物質と言われるエストロゲンに似た働きを期待できるので、ビタミンACE(エース)よりも強い力を手に入れることができます。

 

しかし、『健康にいいものばかり食べていると早死にします』にはこうあります。

サプリの過剰摂取に注意

 

大豆イソフラボンは『自然』の成分なのでサプリなどでたくさん摂取しても安心、という意見を聞いたことがありますが、これは誤りです。動植物に含まれている物質は濃度が低いので、通常の食事で過剰摂取になるケースを心配する必要はほとんどありませんが、抽出や濃縮をしてあるサプリの場合は濃度を高めて錠剤などに加工してあるので、一日の接触上限などをよく理解して利用する必要があります。

 

(中略)イソフラボンは、妊婦と胎児については実験動物で有害作用が報告されており、発がん性の可能性も指摘されています。妊娠中のサプリ摂取は控え、バランスのよい食事を心がけましょう。

 

ベータカロテンだけじゃなく、大豆イソフラボンでもNGなのです。また、大豆を食べすぎると、それが男性だった場合、摂りすぎると女性乳房化といって胸が女性のように膨らんでしまう危険性もあります。

 

110.ニキビ予防 納豆 効き目(腸内細菌)

 

先生

ベータカロチンだけじゃなく、大豆イソフラボンにもそういうデータがあるんだ!サプリメント依存をするとリスクが高いことがわかるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆イソフラボンもがんリスクを高める。
  • 男性だった場合、摂りすぎると女性乳房化のリスクがある。

どんな栄養も過剰摂取はNG

また、亜鉛も肌荒れに確かに有効な栄養素です。しかし、亜鉛を過剰摂取すると、今度は『銅』が排出されてしまいます。銅が排出されると貧血を起こしますし、銅も活性酸素を撃退する抗酸化物質ですから、抗酸化作用がなくなってしまいます。

 

ニキビ

066.ニキビ 対策 亜鉛 予防効果

 

では、ビタミンB群はどうでしょうか。『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

ビタミンB2

 

(省略)過剰摂取による副作用はないという意見もあれば、1日30㎎の投与により、吐き気、嘔吐があるとの報告もあり、意見が分かれています。

 

意見が分かれていますね。もうこうなったら、どの栄養素をサプリメントで摂っても何かしらの問題があると考えた方が早いかもしれません。

 

先生

サプリメントは簡単に栄養を補えるけど、その栄養だけが過剰にあると、逆に違う栄養を失うなど、様々な問題が起きるんだ!バランスが本当に大事なんだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • どんな栄養も過剰摂取はNG。

フランスパンとサプリメントで生活した摂食障害の女性

サプリメントでは栄養が摂れないという話がありますが、そんなことはありません。以前、テレビで摂食障害の女性の話があったのですが、その女性はフランスパン一つと、後は大量のサプリメントを摂って生活していました。すっかりやせ細り、顔色が悪くなった彼女を心配して、ついに家族が彼女を病院に連れて行くことに成功しましたが、そのとき医者が言ったのはこういう内容でした。

 

『サプリメントのおかげで血中のビタミン濃度はあるみたいだけど、その他の部分が栄養失調気味。フランスパンとサプリメントだけじゃ人生に必要な栄養は補えません。』

 

ニキビ

先ほど、5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)をまずは食材からしっかりと摂ることが必要だといいましたが、フランスパンにはたんぱく質も脂質もほとんど含まれていません。その他、人間に必要な栄養素というのは数多くあります。

 

093.ニキビ 予防 ビタミン 種類

 

その例の場合、あまりにも極端な食生活で栄養素が不足していました。しかし重要なのは、『血中にビタミン濃度がしっかりとあった』という事実です。これはつまり、サプリメントが体に栄養を補給するという間違いない事実なのです。

 

ニキビ

というか、先ほどから『過剰摂取の害』の話をしているわけですから、それらで栄養が補給できることはわかりますよね。ですから、サプリメントにある栄養は、適切な使い方をすれば間違いなく人間の生活の支えになるのです。

 

先生

あくまでも補助食品!それがサプリメントに対する正しい考え方だよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • サプリメントにある栄養は、適切な使い方をすれば間違いなく人間の生活の支えになる。

医者が摂りたいサプリメント

こういうことを常に考えている最前線にいる医者は、以前『日経PRESIDENT』の特集で、『医者が摂りたいサプリメント』として以下の2つを挙げていました。

 

  • マルチビタミン&ミネラル
  • DHA&EPA

 

サプリメントではこの2つさえとっていればよく、後は食材から摂ることを忘れないようにしたいということなのです。

 

 

これらのことをすべて考えたうえであえて挙げるなら、私は冒頭に挙げた『チョコラBB』等のサプリメントを推奨します。私も使っていますが、口周りのニキビならこれが結構効きます。

 

008.ニキビ 口周り 原因 対策
009.ニキビ 顎 原因 対策

 

しかし、重要なのは一にも二にも、食材です。色のついたカラフルな野菜や果物を中心に、しっかりと食事から栄養素を補給するようにしましょう。

 

ニキビ

先生

カラフルな野菜や果物の色素にこそ、高い栄養素が含まれているからね!新鮮な旬の食材から、自然の恵みをいただこう!
いただこう!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 医者が摂りたいサプリメントは、マルチビタミン&ミネラルと、DHA&EPAである。