ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

オイルはニキビや肌荒れに効く?アルガンオイルやシアバター等の効果とは

美容オイルはニキビに効くの?

その美容オイルの種類によります。『合成界面活性剤』が入っているものであれば、推奨できません。

先生

基本的に、合成界面活性剤が入っている化粧品は推奨できないよ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

合成界面活性剤が入っているものはNG

 

ニキビ

下記の記事同様、オイルもスキンケアの一つですね。基本的な考え方は下記に書いた通りです。

018.スキンケア
019.化粧水
020.保湿 クリーム
024.乳液
037.ニキビ メイク
048.ニキビ フェイスパック
022.洗顔
064.石鹸 効果

 

つまりこういうことですね。

 

step

『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』

ニキビ

肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す

角質層は過剰な水分が与えられることで水浸しの状態になり、結果的にはバリア機能を低下させる

皮膚は水分を失って乾燥肌になる

ニキビ

あるいは、皮脂が過剰分泌されニキビの原因となる。

乾燥肌が原因でニキビになる

ニキビ

 

つまり、化粧水というのは使えば使うだけ『化粧水依存体質』になり、美肌とは逆方向に進んでしまう事実があるのです。これは、見識があり、化粧品会社とズブズブの関係『ではない』公明正大な意見を言う人が、必ず言うことです。

 

化粧品に含まれる合成界面活性剤というスコップで皮膚に穴を掘り、一時的にその穴に水を溜めれば、水分があるように見えます。しかし、膜を失ったその穴にある水分は、すぐに蒸発して消えます。水溜まりがすぐに蒸発するのと同じです。すると、そこにあるのは『乾燥肌』です。バリア機能を失ったその肌は、抵抗力がなくなっていてニキビや肌荒れのリスクが高くなってしまうわけです。

 

ニキビ

128.界面活性剤 美肌 影響 対策

 

オイルにも色々な種類がありますが、もしそれが合成界面活性剤入りのものであればほかのスキンケアグッズ同様、ニキビができやすい肌を作り上げていることを自覚しましょう。合成界面活性剤等の有害物質が入っているかどうかを調べるサイト『美肌マニア』で調べると、合成界面活性剤や防腐剤が入っているかどうかがわかります。

 

https://bihada-mania.jp/

 

先生

ただこの合成界面活性剤がなければ、企業は消費者の肌に成分を入れられないんだ!だから売るためにはそれが必要なんだね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 合成界面活性剤が入っている化粧品は、バリア機能を破壊して乾燥肌を招くためNG。

ココナッツオイルは無添加が多い

 

ニキビ

また、オイルと言えば『ココナッツオイル』も考えられます。『美肌マニア』でココナッツオイルと検索すると商品がほとんど出てきませんが、一つだけ出てきた商品があります。それが以下の『バージンココナッツオイル』です。

 

https://bihada-mania.jp/cosme/9333

 

合成界面活性剤はもちろん、防腐剤等の要注意物質も含まれていません。したがって、肌に与える影響で考えた場合、ココナッツオイルというものはとても優秀だと言えるかもしれません。もちろん商品の中には合成界面活性剤と一緒になっているものもありますから、ココナッツオイルを過信するのはできませんが、例えば下記の商品は『ニキビにも有効なココナッツオイルを含んだ石鹸』です。

 

 

例えばレビューには、

基本的に赤みがある肌で、かゆみも時々感じたり、ニキビもできやすく悩みだったのですが、このせっけんを使いだしてからピタッとおさまりました!匂いは個人的には気になりません。薬用のものを使ってる~って感じで、逆に気持ちいいです(笑)リピート確定です。

鼻の頭の吹き出物には長年悩まされていましたが、この石鹸を使ったとたんきれいに消えました。どんだけニキビダニ?がいたの?とショックでしたが、どんな石鹸(ニキビ対策)を使ってもダメだったのに、これで解決するとは…赤みもなくなり、うれしいです。

 

 

というポジティブな意見が多く、もしかしたらニキビに有効かもしれません。

 

067.ニキビ 予防 対策 ココナッツオイル 効果は

 

先生

ココナッツオイル、ホホバオイル、馬油なんかもオイルの仲間だね!ただ、それを使うならワセリンを使った方がいいよ!
なるへそ!

ハニワくん

063.ニキビ 予防 対策 ワセリン 効果

この章のまとめ
  • ココナッツオイルは無添加が多い。

ベビーオイルは赤ちゃんでも使える

また、下記の動画はyoutuberの『川西みき』さんがジョンソンエンドジョンソンの『ベビーオイル』をタイアップで紹介しています。

 

 

このベビーオイル系の商品は、往々にして合成界面活性剤が入っていないので、商品名にあるように『赤ちゃん』でも安心して使える部類のオイルと言えるかもしれません。説明にもこうありますが、

生まれたその日から使えるやさしさ

 

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。大人の肌と違って、まだまだ未発達な状態です。そんなデリケートな赤ちゃんの肌のバリア機能をサポートし、乾燥や肌の自然なうるおいを保つためには保湿ケアがとても大切。ジョンソン(R)ベビーは、生まれたその日から使えるやさしさで、肌にうるおいを与え、肌荒れ、乾燥からデリケートな赤ちゃんの肌を守ります。

 

ベビーオイルはむしろ赤ちゃんのためにある商品のようなものですね。

 

 

先生

ベビーオイルなら体に優しいね!ワセリン同様、赤ちゃんにも使えるから!ただ専門家が推奨しているのはワセリンだよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ベビーオイルは赤ちゃんでも使える。

使ってもいいオイルとは

合成界面活性剤の有害性を説く本はたくさんありますが、そのうち『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』にはこうあります。

バリア機能の高い健康な肌を保つためのお手入れは化粧水+バームで十分ですが、さらにワンランク上の美肌を目指したいという方には、私がおすすめしているのはオイルと美容液です。オイルで取り入れたいのはずばり、肌の細胞膜を作るのに欠かせない不飽和脂肪酸。オメガ3、オメガ6と言われているものです。体内では作れないので、口から取り入れるか肌に塗るしかありません。その他、植物のオイルには紫外線から肌を守る抗酸化作用もあります。

 

この本では、著者が運営する『MiMC』を含めた、合成界面活性剤が入っていない『石鹸オフ』のスキンケアグッズをたくさん紹介しています。それらについては冒頭の各記事に記載しましたので、併せてご確認ください。本では、『石鹸オフメイク(お湯や石鹸だけですっきり落ちるメイク』のメリットについて、こうまとめています。

 

step

朝:石鹸オフメイクをする

夜:石鹸で落とす

肌の潤いを奪わないからスキンケアがシンプルに

肌の調子がいいからメイクが楽ちん

ニキビ

 

肌が本来持つ『天然の保護クリーム』をいかんなく発揮し、バリア機能を損なわないよう力を維持して、メイクも楽しむ。そのためには、この『石鹸オフメイク』は、有効な手段の一つだと言えるでしょう。本にはオイルについても紹介があって、それが下記のような商品です。

 

 

基本的にオイルや美容液をつけるタイミングは洗顔後と化粧水の後の2回です。

 

step

洗顔

オイル

または美容液。

化粧水

オイル

または美容液。

バーム

 

2回付けますから一回の量は少量でOKです。

 

先生

合成界面活性剤が入っていなければOKだからね!そういう化粧品を見つけて使うようにしよう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 使ってもいいオイルはある。

アルガンオイルやシアバター

オイルにはほかにも、

 

  • アルガンオイル
  • シアバター

 

などが挙げられていて、どれも日差しの強い地域で育つ植物ですから、紫外線から肌を守る効果があります。基本的にオイルはほかのスキンケアグッズと違って、合成界面活性剤が入っていないものが多いですね。

 

 

 

先生

オイルだけは化粧水や美容液なんかと違って、合成界面活性剤が入っていないものが多いね!それだったら安心だからね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • アルガンオイルやシアバター等、オイル系の商品は合成界面活性剤が入っていないものが多い。

化粧品でできるのは『一時的な保湿』だけ

『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはこうあります。

化粧品の効果には限界がある

 

なぜ、肌に化粧水や乳液、美容液といった基礎化粧品をしっかりつけても、キメの整った肌にはならないのでしょうか。その答えはいたってシンプルです。『キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ』だからです。

 

テレビCMや雑誌を見ていると、ときおり『こだわりの美容成分が、肌の奥へぐんぐんと浸透』というようなうたい文句を目にします。ただし、ほとんどの場合に、画面のすみや記事のはじのように、小さな文字で『ただし角質層まで』と書かれてあるのにお気づきになっていたでしょうか。

 

どんなに質のいい美容液であっても、浸透するのはせいぜい角質層までで、そこからさらに深い層にある皮膚の細胞には入っていかず、生きた細胞に対しては美容成分の効果を発揮できないことになります。

 

この角質細胞間脂質と天然保湿因子は、体内に元々存在する保湿物質です。さしずめ、『天然の保護クリーム』ですね。

 

辞書

角質細胞間脂質

セラミドやフィラグリンなどの脂質で構成されている。多くの水分を引き寄せて離さない性質があるため、『保水能力』に非常に優れている。

 

天然保湿因子

角質細胞間脂質と同様に、水と結合する性質があり、保水能力に優れている。水分を角質層に補給し、肌にツヤと潤いを与える

 

つまりこういうことです。

 

step

肌を化粧品でケアしたい

乾燥、肌荒れ、ニキビ等の肌トラブルを避けるため。

化粧品を使う

化粧水、美容液、乳液、クリーム等を使う。

皮内に浸透することはなく、せいぜい角質層まで

シミやシワは改善せず、美白になることもない

ニキビ

できるのは『一時的な保湿』だけ。

 

乳液等の化粧品を使う理由は、『キメの整った肌をつくりたい』からですよね。乾燥や肌荒れ、ニキビから肌を守って、美肌をキープしたいんですよね。しかし、『キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ』という事実があるのです。それが決定的な事実なのです。

 

先生

角質細胞間脂質と天然保湿因子に、『皮脂』を加えた3要素こそ、最高の天然保護クリームだと言えるね!それを駆使することを考えよう!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 化粧品でできるのは『一時的な保湿』だけ。
  • キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ。

専門家が推奨する『ワセリン』

ですから専門家は『ワセリン』を推奨するんですね。

 

step

元々人間には『角質細胞間脂質』と『天然保湿因子』という最強の保水能力がある

この力を最大限に発揮する為に、ワセリンを塗って水分蒸発を防ぐ

 

ワセリンを塗って水分蒸発を防ぐというアプローチは、化粧水を使って一時的な保湿をするアプローチとは、全く別のものなのです。

 

063.ニキビ 予防 対策 ワセリン 効果

 

先生

ワセリンは鉱物油だけど、赤ちゃんにも使えるからね!名前は物騒だけど全然安全な成分だよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワセリンを塗って水分蒸発を防ぐというアプローチは、化粧水を使って一時的な保湿をするアプローチとは、全く別のもの。

メイクしないほうが肌にいい?

しかし、このようにたくさん化粧水やオイル等を使っていいのでしょうか。それは記事をよく読んでいればわかることなのですが、ここで紹介しているのは『合成界面活性剤』が入っていないのです。メイクやスキンケアは女性の楽しみの一つです。男性は筋肉を鍛えるために筋トレをしてプロテインを飲むことがありますが、女性は女性で美を追求したいのです。

 

『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』にはこうあります。

では、メイクしないほうが肌にいい?

 

(中略)…私はそうは思いません。日焼け止めやメイクには”肌を守る”という、大切な役目があります。日中の紫外線は、私たちの肌を衰えさせる再々の要因。皮膚がんなどのリスクもありますから、きちんと防がなくてはなりません。メイクをしていれば、ホコリや大気汚染物質などが素肌に直接付着するのを防ぐこともできます。

 

それに、メイクをして自分がきれいになったと感じると、心もウキウキ楽しく、自信がついて表情も明るくなりますよね。そういったメンタル面での作用も見逃せません。

 

正直、この『皮膚がん』や『防御機能』については反論の意見もあります。『バカがつける化粧品―あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、40・50代でカサカサ・シワシワ (危険警告!Books)』にはこうあります。

黄色人種は皮膚がんになりにくい

 

(省略)たとえば日本人は日差しの強い沖縄で100歳を超える長寿の人が多いので有名ですが、オーストラリアでは若者にまで皮膚がんが多発する有様です。ガンが多発したら長寿は望めません。沖縄県人からもわかるように私たち黄色人種は皮膚がんにはなりにくいのです。

 

更に詳しいことは下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

028.紫外線 ニキビ 関係 予防方法

 

しかし大切なのは『メンタル面』ですね。意外にもこっちの方が重要なのです。見るべきなのは以下の記事です。相当な内容ですが、人間の思考やメンタルがどれだけ人生に影響を与えるかということがよくわかります。

 

 

したがって、『肌に良くない合成界面活性剤』が入っていないスキンケアグッズであれば、使っても問題ないのではないかというのが、様々な専門家の意見をまとめたときに浮かび上がってくる感想です。極端な話、先ほどの『化粧品依存体質』になっても、一生使い続ければそれでいいわけですよね。

 

step

『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』

ニキビ

肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す

角質層は過剰な水分が与えられることで水浸しの状態になり、結果的にはバリア機能を低下させる

皮膚は水分を失って乾燥肌になる

ニキビ

乾燥肌が原因でニキビになる

また『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』

ニキビ

肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す

一生繰り返す

 

 

例えば私の母は60歳を超えていて、化粧品も何十年も使い続けていますが、年相応に老化していて、特にこれといって大きな皮膚病を患っているということはありません。シミ、しわ、たるみはありますが、逆に言うとそれを避けて通れる人はいるのでしょうか。『死』はどうでしょうか。避けられるのでしょうか。それであれば、有限のこの人生の中で、これくらいの楽しみがあってもいいのではないかという意見もあります。

 

真実の知識は確かにとても大事です。しかし、最後に決めるのは自分ですからね。『バカがつける化粧品―あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、40・50代でカサカサ・シワシワ (危険警告!Books)』にはこうあります。

以上が美容の大基本です。特殊な薬効成分を求めて医薬部外品に走り、合成洗剤を薄めた水で皮膚をふくらませたり(アンチ・エイジング化粧品)、皮膚を水浸しにして(保湿化粧品)乾燥肌に陥っているのが現状です。天は自ら助くといいます。皮膚を守るのは化粧品ではない、ご自分なのです。

 

 

先生

女性が美容に時間を割いているとき、忙しそうにしながらも、ウキウキしているように見えるね!男性が体を鍛えるのと同じだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『合成界面活性剤』が入っていない化粧品なら全然使っていくべき。
  • 皮膚を守るのは化粧品ではない、自分だ。