ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

ニキビに効く漢方薬はあるけど種類がたくさんあってカスタマイズに手間取る

ニキビに効く漢方薬はある?

あります。しかし漢方薬は体質や状況によって使うべきものが決まっていて、一概にこれだとは言えません。

先生

漢方薬は複雑だからね!一度覚えたら楽だし便利なんだけどね!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

漢方薬は覚えるのが難しい

 

ニキビ

 

ニキビに効く漢方薬はいろいろあります。漢方薬自体、そう簡単なものではありません。体質によって使うべきものが違いますし、使うタイミングというものもあります。また、漢方や薬と比べて悪影響が少ない方ですが、漢方薬自体が毒ですから、それによって副作用に苦しむ例もなくはありません。

 

『「からだの不思議」雑学事典 (王様文庫)』にはこうあります。

ーーー

漢方薬は『体にやさしい』ってこれホント?

私たちは、『体調を良くしてくれたり体を丈夫にしてくれるものであれば、体にいいものなんだろう』と思いがちだ。漢方薬がいい例だ。『漢方薬は体にやさしい』というフレーズをよく耳にする。

しかし、それが違うのだ。むしろ、漢方薬は『体に良くないものだから、体からの排出が促進されて健康になる』のである。じつは、漢方薬は毒なのだ。

(中略)排泄というのは人間にとって大切な機能。体にため込まれた老廃物や毒素などがしっかり排泄されると、免疫力が高くなり、体調がよくなる。漢方薬は天日で干されているので、黒くカラカラ乾いている。苦くてまずくて、栄養になるようなものはほとんどない。それを飲むと、体が毒だと判断して、一所懸命排出しようとする。その結果、体にため込まれていた悪いものも一緒に出て、免疫力が高まるというシステムなのだ。

ーーー

 

さしずめ、

  • 西洋医学=治療
  • 東洋医学=治癒

ということでしょうか。外部から治す治療と、内部から治す治癒の違いというイメージで、わざと『毒である漢方薬』を飲んで、その排泄を促し、体を健康にするのです。

薄毛

 

ですから、その毒素によって体調不良を起こすことはあります。『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』にはこうあります。

ーーー

漢方薬なら副作用がない?

 

『漢方薬には副作用がない』というイメージをもっている人がいます。しかし、漢方薬も薬ですから、副作用が起こることはあります。一般に、頻度は低く、副作用のために漢方薬を使えなくなる人はめったにいませんが、注意は必要です。当然、アレルギーが起こる可能性もあります。

 

漢方薬を飲んで、発疹、かゆみ、腹痛、下痢、食用k不振、むくみなど、不都合な症状が現れたり、体の調子がふだんと違うと感じたら、副作用を疑うことも必要です。万一副作用が出ても、たいていは、すぐに薬をやめれば大きな問題にはならないので、飲み続けないで医師や薬剤師に相談して下さい。

ーーー

 

漢方薬についての記事はいくつか書きましたが、

 

https://www.ed-inquiry.com/207-2/

円形脱毛症を漢方で治すなら何がいい?精神安定効果を持つ漢方薬いろいろ

 

例えば以下の記事に書いた内容に注目して下さい。

 

抜け毛・薄毛に効く漢方は?体質によって変わる漢方薬の効果

 

少し気を楽にして読んでいる人は、何が何だかわかりませんよね。

漢字がたくさん出てきて、その一つ一つの意味を覚えて、それに見合った漢方薬を服用しなければならないんですからね。例えば『葛根湯が風邪に効く』と言いますが、それは『実証』タイプの人に指定されます。体力があり、病気に対する抵抗力・反応が強い人ですね。そのような体質のタイプを持っている人に葛根湯が推奨されます。つまり、そうじゃないタイプの人には、推奨はされないのです。

 

ニキビ

 

  • 『陰証=寒がり』
  • 『陽証=暑がり』
  • 『虚証=体力がない人』
  • 『実証=体力がある人』

 

面倒ですね。わかりやすく『葛根湯=全員が風邪のひき初めに飲む』という図式であればいいのですが、違うわけですからね。また、漢字もわかりづらいですね。覚えづらい名前の漢方薬ばかりです。例えばEDに効く漢方薬で挙げたものを見てみましょう。

 

漢方薬の種類
  • 六味丸(ろくみがん)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 牛車腎気丸(ごじゃじんぎがん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこりゅうこつぼれいとう)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 補中益気湯(ほっちゅうえっきとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

書いているこっちが、書いたそばから忘れますよ。葛根湯と六味丸くらいでしょう。覚えられるのは。このように、漢方薬というのは何かと面倒です。ですから、もしこれらを覚え、カスタマイズするのが面倒だという人は自分で漢方を選ぶのは難しいでしょう。お医者さんが処方してくれることがありますから、それなら楽なんですけどね。

 

ニキビ

 

 

 

ニワトリ

それに比べて西洋薬的な考え方だったら、鼻詰まりの風はこれとか、簡単だからね!つい楽な方に行ってしまうのが人間だね!

たしかに!

 

 

この章のまとめ
  • ニキビに効く漢方薬はいろいろあるが、体質やタイミングによって使うべきものが違う。
  • 漢方薬は毒。体に良くないものだから、体からの排出が促進されて健康になる。
  • 漢方薬も薬だから、副作用が起こることはある。
  • 体質やタイミングによって飲むべき漢方薬が違う。
  •  

     

    ニキビに効く漢方薬はある

     

    しかも、ニキビに効く漢方薬はいろいろあります。ニキビができる原因を見てみましょう。

     

    ニキビができる原因(内因性)

    ホルモンバランスの変化

    睡眠不足、夜更かし

    運動不足

    偏った食生活

    ストレス

    便秘

     

    ニキビができる原因(外因性)

    肌に合わない化粧品の使用

    皮脂や汗などの皮膚の汚れ

    活性酸素

     

    その他

    乾燥

    薬の常用

     

    ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。例えばニキビはアクネ菌の増殖が原因だと長い間言われてきましたが、最近の研究ではそうではなく、例えば『抗生物質』の服用が関係している可能性もあるという説も上がっています。

     

    046.ニキビ 抗生物質 副作用 対策方法(アクネ菌ではない)

    052.ニキビ 原因 アクネ菌 対策方法

     

    例えば『冷えると血液が汚れる』とありましたが、これも実はニキビの原因となるのです。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

    ーーー

    また、運動不足や喫煙によって血の流れが滞ると『瘀血(オケツ)』が起こります。瘀血はいわば血行不良です。肌にはニキビや湿疹、シミなどができやすくなります。

    ーーー

     

    ニキビ

     

    この『瘀血』というのは東洋医学の考え方で、簡単に言えば『血の流れが滞る』状態です。身体が冷え、血流が滞ると、血が汚れます。すると、それだけの理由でもニキビや肩凝り、クマ、シミなどの様々な問題が起きるのです。こうした症状は、漢方薬によっても治療できるので、下記の記事にまとめた漢方薬についてもチェックしてみましょう。

     

    抜け毛・薄毛に効く漢方は?体質によって変わる漢方薬の効果

     

    例えばED問題であれば、基本的に、

     

    • 血行促進
    • 精神安定

     

    の効果があるものが有効だと考えられますから先ほどの漢方薬が挙げられますが、ニキビの原因はこれだけありますからね。そのうち、何が原因かもわからない状態で下手に適当な漢方薬を飲んでも、あまり効果を得ることはできないでしょう。もともと効果が抜群に得られるような薬ではありませんからね。

     

     

    ニワトリ

    どれだけ効くかっていうのは断言でいないけど、ある医者は家族全員が漢方薬を飲んでいて、季節の変わり目に葛根湯を飲んで薬いらずの生活を送っているよ!

    なるへそ!

     

     

    この章のまとめ
  • ニキビに効く漢方薬はある。
  •  

     

    ニキビに用いられる主な漢方薬

     

    そこで、今回は『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』にある『ニキビに効く漢方薬』を参考にして、有効な漢方薬をまとめてみましょう。更に詳しいことは本を読んでいただくとして、ここでは少し簡潔にまとめます。

     

    ニキビに用いられる主な漢方薬

    特徴的な症状 漢方薬
    白ニキビ、冷え、顔面蒼白、貧血、むくみ 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
    水太り、多汗、むくみ 防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
    赤ニキビ、赤ら顔、のぼせ 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
    赤ニキビ、化膿している、赤ら顔、のぼせ 桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
    化膿している、患部が赤くなっている 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)
    化膿している、繰り返し起こる 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
    化膿している、患部が赤くなっている、便秘傾向 治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)
    皮膚が浅黒い、慢性化した皮疹 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
    化膿しやすい、患部が赤くなっている 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
    赤ら顔、のぼせ、便秘 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

     

    一応本にはこうあります。

    ーーー

    漢方薬では『荊芥連翹湯』や『十味敗毒湯』がよく使われる

     

    漢方では、体力が中くらいの人で、慢性化して皮膚が浅黒くなっているなら『荊芥連翹湯』が、化膿を繰り返すようなら『十味敗毒湯』がよく用いられます。比較的体力がある人の可能したニキビには『清上防風湯』、体力がない冷え性の人の白ニキビには『当帰芍薬散』など、体力・体質や症状に応じた薬を使って体の内側から治していきます。

    ーーー

     

     

    自分のニキビの状態、体質、体力などによって細かく使い分ける必要があるんですね。

     

    030.白ニキビ 原因
    029.黒ニキビ 原因
    015.赤ニキビ 原因

     

    例えば冷え性の人、体格の良い人、虚弱体質の人等で、また使う漢方薬が変わってきます。下記の記事に書いたように、

     

    059.ニキビ 肌 飲み薬 市販 効果

     

    基本的にニキビ用の飲み薬というものはほとんど市販薬ではありません。あったとしてもこのような商品です。

     

     

    商品説明にはこうあります。

    ーーー

    <ペアA錠の特長>
    「ペアA錠」は、5つの有効成分で新陳代謝を促し老廃物を排出して、
    繰り返す大人のニキビ・肌あれをカラダの内側から改善する内服薬です。

    〔繰り返す大人のニキビに効く処方〕
    肌の新陳代謝が低下すると、角質層が厚くなって毛穴を塞ぎ、毛穴の中で
    アクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビとなります。

    肝臓の働きを助ける:グルクロノラクトン
    肌のターンオーバーを整える:ビタミンB2・B6
    肌の新陳代謝を促す:L-システイン
    ニキビ・肌あれを改善する:生薬ヨクイニン
    老廃物の排出を助ける

    ーーー

     

    ここに『生薬ヨクイニン』と出てきましたね。これは漢方薬です。『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』にはこうあります。

    ーーー

    薏苡仁湯(よくいにんとう)

    やや慢性化している痛みの改善を目標に

     

    主薬の『薏苡仁』は、体の余分な水分を追い出して筋肉の緊張を取り、痛みをやわらげる働きがあります。(中略)一般に、患部の痛みや腫れがやや慢性化している場合に用いられます。

    ーーー

     

    ニキビ・肌あれを改善するためにこうしたサプリメントにこのヨクイニンが含有されているわけですね。

     

     

    ニワトリ

    ヨクイニンは炎症したニキビに有効という考え方だね!数ある生薬の中からそれを選んで配合しているわけだから、ニキビに効くことがわかるね!

    たしかに!

     

     

    この章のまとめ
  • ニキビに用いられる主な漢方薬を確認する。
  •  

     

    かなり奥が深いので自分で専門知識を覚えるしかない

     

    このようにして、とにかく漢方薬というのは選択肢や種類が多岐にわたり、とても複雑な構造なので、更に具体的なことを知るためには本を買ってしまった方がいいでしょう。ここで覚えるべきなのは、

     

    『漢方薬は体質や状況によって使うべきものが違うので、カスタマイズするのにコツがいる』

     

    ということです。例えるなら、『オートマ車』と『マニュアル車』でしょうか。西洋医薬がオートマ車で、漢方薬はマニュアル車です。多くの人が面倒だと思って、オートマ車を選びますね。難しいことを考えないで済むからです。しかし、マニュアル車が好きな人もいますよね。また、このように細かくカスタマイズするからこそ、各人に適した最適な治療ができるというのもメリットです。

     

    ニキビ

     

    私などは、健康のことを考えて風邪をひいてもパブロンなどの薬を飲むのをやめたのですが、それでもひきはじめ(特に、鼻の中の物質が液状になったとき)に『葛根湯』を飲むようにしてから、あまり風邪をひかなくなりました。

     

     

    このようにして、一度自分に合う漢方薬を見つけられれば頼もしいのですが、それまでに時間がかかりますね。種類もたくさんありますから。しかも私自身、その他に推奨されいている、例えば『麻黄湯(まおうとう)』などの漢方薬を飲んだわけではないので、葛根湯が本当に最適なのかはわかりません。

     

     

    (何らかのbox)

    追記:麻黄湯を飲みました。葛根湯との違いがよくわかりませんでしたね。水に溶かした時のねとっとした感じや味などを考えると、葛根湯の方が飲みやすく、効果も同じようなものなら葛根湯の方がいいという感想を抱きました。

     

    しかし先ほども言ったように、細かくカスタマイズするからこそ各人に適した最適な治療ができるわけなので、使いこなせる人からすれば、漢方薬は万能薬と言えるでしょう。私は個人的に、薬の色々な薬害を知ってしまったので、今後はもう漢方薬を使っていきたいと考えています。もちろん、自分の子供が生まれても漢方薬を使ってもらいたいですね。

     

     

    ニワトリ

    西洋医薬が使える場面はあるから誤解しないようにね!それ依存するのがよくないっていうことだね!人間の本来の機能を損ねないように!

    うーむ、なるほど!

     

     

    この章のまとめ
  • 例えるなら、西洋医薬がオートマ車で、漢方薬はマニュアル車。
  •  

     

    前の記事

    野菜ジュースはニキビ対策になる?いや、スムージーにした方がいい…

    次の記事

    高麗人参はニキビ対策になる?免疫力を上げる食材はどれだけ効果が…