ココロとカラダのメンテナンスをしよう。

茶色いシミになるニキビ痕の消し方は?どうしても消えない場合の考え方

茶色いシミになるニキビ痕の消し方は?

『茶色いシミ』ができるのは、『シミが残る』ニキビ痕になります。

これであれば、もしかしたら治療によって綺麗になる可能性があります。もし消えない場合でも、(最後にはどうせ死ぬしな)と思って、楽観的に余生を生きていきましょう。

先生

老化を止められる人間はいないよ!達観した考え方を持てばどんな悩みも解決さ!詳しく解説するね!
先生に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

ニキビ痕の種類

 

ニキビ

ニキビ痕にはいくつか種類があります。

 

  • 赤みが残る
  • シミが残る
  • 陥没が残る

 

どのタイプのニキビ痕かによって、ケアの方法も変わります。もし陥没(クレーター)が残ってしまうニキビ痕が出来てしまった場合、いくら専門医による治療をしても、元に戻せない場合があります。やはり、自分の肌に出来た傷痕が一生消えないように、このクレーターの場合も同じ考え方になります。

 

002.ニキビ痕 消えない
047.ニキビ クレーター

 

『茶色いシミ』ができるのは、ここで言う『シミが残る』ニキビ痕になります。これであれば、もしかしたら治療によって綺麗になる可能性があります。しかしそれは『クレーターと比べれば』という解釈ですから、確実に消えるということではありません。

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

シミが残る

 

炎症が起こったあとの赤みが茶色いシミになったもの。時間が経てば消える場合もありますが、そのまま残ってしまうことも。美白化粧品を使ったケアがおすすめです。専門医によるピーリングで非常に早く改善します。

 

  • 時間が経てば消える場合もある
  • 美白化粧品を使ったケアがおすすめ
  • 専門医によるピーリングで非常に早く改善する

 

というキーワードが出てきました。つまり、もしこの状態になり、それを早く本気で治したいと思うなら、優先順位として考えるのは、

 

  1. クリニックで治療する
  2. 美白化粧品でケアをする
  3. 時間が経って消えるのを待つ

 

ということになります。それが『知識のない人』が信用してしまう優先順位です。しかし知識がある人は、ここに出てきた『美白化粧品』の意味を知っています。もしまだ知識がない人は、下記の記事を見てスキンケアの裏に存在する『落とし穴』について理解することを推奨します。

 

018.スキンケア
019.化粧水
020.保湿 クリーム
022.洗顔
024.乳液
037.ニキビ メイク
048.ニキビ フェイスパック
123.オイル美容

064.石鹸 効果

 

先生

『美白化粧品』で美白になるなら楽だね!楽というかなんというか、無理して肌の色を変えて余計変になっちゃった有名人もいるよね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『茶色いシミ』は『シミが残る』ニキビ痕。
  • 『美白化粧品』というのはそうそう存在しない。

『美白化粧品』に含まれる合成界面活性剤

例えば、簡単なまとめを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』
     
  • STEP.2
    肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す
     
  • STEP.3
    角質層は過剰な水分が与えられることで水浸しの状態になり、結果的にはバリア機能を低下させる
     
  • STEP.4
    皮膚は水分を失って乾燥肌になる
     
  • STEP.5
    あるいは、皮脂が過剰分泌されニキビの原因となる。
     
  • STEP.6
    乾燥肌が原因でニキビになる
     

 

つまり、美白化粧品を使ってスキンケアをして、美白をしようと思っても、できるのは『乾燥肌を作り上げること』だけで、美白効果を期待することはできません。『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはこうあります。

化粧品の効果には限界がある

 

なぜ、肌に化粧水や乳液、美容液といった基礎化粧品をしっかりつけても、キメの整った肌にはならないのでしょうか。その答えはいたってシンプルです。『キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ』だからです。

 

テレビCMや雑誌を見ていると、ときおり『こだわりの美容成分が、肌の奥へぐんぐんと浸透』というようなうたい文句を目にします。ただし、ほとんどの場合に、画面のすみや記事のはじのように、小さな文字で『ただし角質層まで』と書かれてあるのにお気づきになっていたでしょうか。

 

どんなに質のいい美容液であっても、浸透するのはせいぜい角質層までで、そこからさらに深い層にある皮膚の細胞には入っていかず、生きた細胞に対しては美容成分の効果を発揮できないことになります。

 

この角質細胞間脂質と天然保湿因子は、体内に元々存在する保湿物質です。さしずめ、『天然の保護クリーム』ですね。

 

角質細胞間脂質
セラミドやフィラグリンなどの脂質で構成されている。多くの水分を引き寄せて離さない性質があるため、『保水能力』に非常に優れている。
天然保湿因子
角質細胞間脂質と同様に、水と結合する性質があり、保水能力に優れている。水分を角質層に補給し、肌にツヤと潤いを与える。

 

つまりこういうことです。

 

  • STEP.1
    肌を化粧品でケアしたい
     乾燥、肌荒れ、ニキビ等の肌トラブルを避けるため。
  • STEP.2
    化粧品を使う
     化粧水、美容液、乳液、クリーム等を使う。
  • STEP.3
    皮内に浸透することはなく、せいぜい角質層まで
     
  • STEP.4
    シミやシワは改善せず、美白になることもない
     できるのは『一時的な保湿』だけ。

 

乳液等の化粧品を使う理由は、『キメの整った肌をつくりたい』からですよね。乾燥や肌荒れ、ニキビから肌を守って、美肌をキープしたいんですよね。しかし、『キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ』という事実があるのです。それが決定的な事実なのです。

 

しかも先ほど言ったように、その化粧水、美容液、乳液、クリームといったあらゆる化粧品は、すべてに等しく『合成界面活性剤』が入って、それが肌のバリア機能を破壊します。

 

合成界面活性剤というスコップで皮膚に穴を掘り、一時的にその穴に水を溜めれば、水分があるように見えます。しかし、膜を失ったその穴にある水分は、すぐに蒸発して消えます。水溜まりがすぐに蒸発するのと同じです。すると、そこにあるのは『乾燥肌』です。バリア機能を失ったその肌は、抵抗力がなくなっていてニキビや肌荒れのリスクが高くなってしまうわけです。

 

ニキビ

ですから『美白化粧品でケアをする』というのは優先順位として上位にくるような選択肢ではありません。しかし、そうなるとこの世にあるあらゆる化粧品を否定することになります。利益も関係してきます。したがって、表立ってこの情報は出てきません。そこをいかに見極めることができるかがポイントです。

 

128.界面活性剤 美肌 影響 対策

 

あなたのスキンケアは本当に正しいと専門家に胸を張って言えるでしょうか?言えるならそのスキンケアを続けましょう。

 

先生

例えば多くのテレビ番組は、スポンサーに美容業界がいるからね!競合会社のドリンクにモザイクがかかるように、色々と『事情』があるんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 美白化粧品を使ってスキンケアをして、美白をしようと思っても、できるのは『乾燥肌を作り上げること』だけで、美白効果を期待することはできない。
  • キメの整った肌をつくることができるのは、角質細胞間脂質と天然保湿因子のみ。
  • 化粧品に合成界面活性剤が入っている限り、その化粧品で最高の肌を作ることはできない。

ピーリング剤はニキビに有効

ただ、ピーリングにおいては、実は肯定される場面があります。『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』にはこうあります。

ただし、ピーリング剤が役に立つ場面が、一つだけあります。それはニキビ治療です。ニキビは、毛穴部分での角質層が角化する(厚くなる)ために、毛穴が詰まることがきっかけで起こります。ピーリング剤は角化した角質層を溶かし、毛穴の詰まりを防ぐことで、ニキビを起こしにくくします。もちろん、ピーリング剤で肌のバリア構造は破壊されますが、ニキビ治療を優先するのです。

 

  • STEP.1
    ピーリング剤を使ってピーリングをする
     
  • STEP.2
    角質層を科学的に溶かし、肌のバリア構造を破壊する
     同時に、毛穴の詰まりを防ぐ。
  • STEP.3
    バリア機能を低下させることで、乾燥や肌荒れのリスク等が増える
     しかし、ニキビの治療にはなる。

 

ですから、ニキビやニキビ痕がある部分にピーリングを行うことで、他の部位に不必要にダメージを与えることなく、治療ができるということになりますね。しかし、ピーリング自体は『不自然行動』であり、他の動物はやっていません。こういう不自然な行動をするときは慎重な対応が必要です。

 

057.ニキビ ピーリング 効果 注意点

 

各『不自然行動』の頻度の目安

脱毛 体調を万全にして、慎重に。
ピーリング 週に2度を目安。
イオン導入器 週に2度を目安。
毛穴パック 2周に1度を目安。
クレイマスク 週に1度を目安。

 

やるとしても週に1、2度。体質によってはピーリング自体をやめることも検討する必要があります。『ニキビちゃんこそ美人になれる』にはこうあります。

ピーリングはお肌を傷つける!?

 

(省略)古い角質がいつまでもお肌に残っているのは決してよいことではありません。けれど、古い角質や毛穴の汚れた除去できずに溜まっているということは、その下にあるお肌の状態が健康ではないということです。健康なお肌であれば、不要になった角質は垢となり剥がれ落ち、放っておいても新しいお肌が表面に現れます。

 

ピーリングを続けると皮膚がどんどん薄くなり、自力で再生できなくなり、極度の敏感肌になる危険があるのです。私のところにいらした方の中にも、以前ピーリングをした箇所だけが火傷の痕のようにケロイド状になってしまい、とても困っている方が何人かいらっしゃいました。

 

アトピー性皮膚炎を持っている方や敏感肌の方など、色々な人がいますからね。すべての人に通用するケアというわけではありません。

 

011.ニキビ 敏感肌 予防 対策

032.アトピー肌 ニキビ 予防 対策方法

 

ただ、この本は2007年のもので、それから3年後の2010年に出た『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

ピーリング

 

ピーリングというと『危ない』というイメージがあるようですが、これは日本でピーリングが普及し始めたころ、エステティックサロンなどでトラブルが多発したためでしょう。しかし現在では、日本皮膚科学会のガイドラインに沿って、ピーリングの治療はクリニックのみでおこなわれるようになり、安全なもとのなっています。また、肌にやさしいピーリング剤も開発されているので、試してみるのもよいでしょう。

 

それぞれの著者は違いますが、専門家でもこうして意見が異なります。安全だと言ったり、肌に悪いと言ったり、様々な意見があります。原則的に考えると、やはり『不自然な行動であるがゆえに、あまり推奨されない』というのが王道の考え方です。

 

先生

ただ、ピーリングでどこまでニキビが治るかは微妙だね!あまり劇的な効果を感じることはできないよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ピーリング剤で肌のバリア構造は破壊されるが、ニキビ治療の場合のみ使用は肯定される。
  • ピーリングは週に2度を目安。

クリニックで行うピーリング

ただ、『エステティックサロンではなくクリニックで行うピーリング』 であれば、素人が自分でやるよりも高い効果を得ることができそうです。例えば重度なニキビを患った方、あるいは確実に治療したいという方は、皮膚科や美容外科を尋ねるといいでしょう。例えば下記の記事に書いたように、

 

 

育毛サロンは『医療機関』ではないので、内服薬・外用薬の処方といった治療行為は行えないのです。しかし、AGAクリニックはそれができます。それが大きな違いですね。とにかく覚えたいのは、

 

  • サロン<クリニック

 

という図式です。医療機関かどうかがポイントになります。この本の著者の場合、『昔はピーリングは危なかったが今は大丈夫』と言っていますが、それは2007年に出した本の著者の時代のことを言っているでしょうか。おそらく違うでしょう。その本の著者も、この本の著者も、書いてあるピーリング技術の内容は、あまり変わりがありません。

 

基本的に情報というのは『歪曲(わいきょく)』しますからね。自分の利益や都合によって事実を少し変化させるものです。

 

それを言ったら都合が悪くなる

 

という私利私欲が介入すると、その情報が歪曲されて、その人の都合がいいように変化させられてしまいます。ですから、例えばどこかのクリニックに誘導しようとしたり、あるいは化粧品を買わせたいと思った場合、まるでその商品やサービスが『何の有害性もなく、今すぐ試すべき』だという風に、歪曲されて、断片的な情報だけが教えられます。

 

ニキビ

この著者たちのことをそう言っているわけではありませんが、基本的には情報というのはそういう風に解釈すべきもの。したがって、このようにピーリングで意見が対立した場合は、原則に従って考えると妥当な答えが見つかります。この場合であれば、

 

  • なるべくやらない
  • やるなら肌荒れをすることを覚悟する
  • やるならクリニックでプロにやってもらう

 

というのが原則的な答えです。これ以外の答えを期待するのは原則とかけ離れた考え方です。例えば、

 

  • ピーリングをすれば確実にニキビ痕が治る
  • ピーリングは素人でも簡単にできる
  • ピーリングはどんなアイテムを使ってもいい

 

等の解釈です。やはり、『ピーリングは最低でも週に1、2回』という事実がまず存在する以上、どんなに安全だという人がいても、つじつまが合いません。やはり、『ピーリングは肌に適度なダメージを与える』というのが正しい解釈ですから、先ほど言った原則的な答えを軸にして考えるのがいいでしょう。

 

先生

素人よりもサロン、サロンよりもクリニックということだね!扱う人の専門レベルが高くなるほど効果も高くなるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『エステティックサロンではなくクリニックで行うピーリング』 であれば、素人が自分でやるよりも高い効果を得ることができる。

家庭で自分でピーリングを行う場合

もし家庭で自分でピーリングを行う場合は十分注意して、慎重に行うようにしましょう。家庭用のピーリング化粧品には、

 

  • 洗い流すタイプ
  • 拭き取りタイプ

 

とありますが、拭き取りタイプは肌をこすって傷めてしまうことがありますので、

 

  • ジェル
  • ミルク
  • クリーム

 

タイプのものを選ぶといいでしょう。

 

 

何人かのyoutuberがピーリングについての動画を上げていますので、それも参考にしてみましょう。

 

 

 

先生

ピーリングはふき取りタイプよりも、ジェルやミルクタイプの方がいいね!ただでさえ不自然行動なわけだから!
ふむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 家庭用のピーリング化粧品は、拭き取りタイプは肌をこすって傷めてしまうことがある。

そもそも予防が大切だった

そもそも、このニキビ痕の段階になってしまう前に、対策をする必要があるのです。専門家によって段階は別れていますが、『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)の著者の場合、1~4までの段階をつけていて、下記のようになっています。

 

  1. ニキビ準備中
  2. ニキビの誕生
  3. 白・黒ニキビ
  4. 赤ニキビ
  5. ニキビ痕

 

030.白ニキビ 原因
029.黒ニキビ 原因
015.赤ニキビ 原因

 

例えば、『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)の『第2期のニキビ(白、黒ニキビ)』の説明にはこうあります。

第3期にニキビを悪化させないためにも正念場といえるでしょう。

 

つまり、第2期の段階が正念場(一番の頑張りどころ)。したがって、もう赤ニキビにまで炎症してしまったら、あまり適切な対処法というものがないのです。ニキビ痕というのは、その赤ニキビの次の段階ですよね。例えば、下記に書いた紫外線に対する対策を見てみましょう。

 

028.紫外線 ニキビ 関係 予防方法

 

5.ニキビ痕

こうなってしまったら、もう逆に特別な配慮はなく、逆に言うと『時すでに遅し』。しかしだからといって開き直って日焼けをすると、また毛穴を詰まらせ、新しいニキビの原因となる。

 

紫外線はニキビの大敵であり、入念なケアが必要です。しかし、もうニキビ痕の段階にまでなってしまったら、『時すでに遅し』。もうこれといったケアをしても、取り返しがつかないんですね。

 

ニキビ

もちろん、だからといって開き直って紫外線を無意味に浴びると、色素沈着が悪化して余計に濃いシミになったり、新しいニキビの原因となります。しかし、やはり一番のポイントは、『もっと初期段階でケアするべきだった』ということです。それについて詳しく書いているのが、先ほどの白ニキビの記事です。

 

なるべくこの段階でケアをしたかったんですね。ニキビができる原因である、下記の要素を全て最適化しておきたかったんです。

 

ニキビができる原因(内因性)

 

ニキビができる原因(外因性)

 

その他

 

先生

後の祭り的な話ではなくて、それを理解することで失敗を受け入れ、次に生かせるからね!そう解釈する考え方が大事なんだ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 何よりも予防が大切だった。

失敗は人生につきもの

私にも傷痕や、ニキビ痕があります。薄いものは時間が経てば消える可能性もありますが、深い傷跡は恐らく一生消えないでしょう。しかし、人はそうやって消えない傷痕や失敗、後悔する経験をして、成長していくものではないでしょうか。

 

ゴッホは言いました。

 

人は失敗をして学んでいく生き物です。ただ、間違えてはならないのは下記の事実を理解することです。

 

 

つまり、高杉晋作がこう言い、

 

共和政ローマの哲学者、キケロがこう言ったように、

 

その傷痕をきちんと人生の糧にして、二度と同じ失敗は繰り返さないと誓うことが大事なのです。その真理から目を逸らさず、失敗を糧にし、これから先の人生で同じことがないように、また、自分の子供や年下の人たちに、その経験を活かして助言ができるように、前向きに考えて生きていきましょう。結果的に消えなくてもいいんです。そういう時は、

 

最後にはどうせ死ぬしな

 

と思って、楽観的に余生を生きていきましょう。

 

ニキビ

 

先生

最後には死ぬことを考えると、お金や美貌も含めたあらゆる問題が些末なことだと理解できるからね!
うーむ、深い!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 人は消えない傷痕や失敗、後悔する経験をして、成長していくもの。